« Gregg Karukas 「Soul Secrets」(2014) | トップページ | Jazz Funk Soul 「Jazz Funk Soul」(2014) »

2014年10月25日 (土)

Peter While 「Smile」(2014)

Smile

ピーター・ホワイトの14作目の新作は、全曲オリジナルの珠玉の10曲が並んだ素晴らしい作品。「Good Day」(2009)、「Here We Go」(2012)、そしてこの新作と、近年作は上質な作品が続いて、これはもうピーター・ホワイト・サウンドの完成系。テクニックをひけらかさず、キャッチーなメロディーと、シンプルで流れるようなパッセージのギター奏法は、まるで耳に優しいボーカルのよう。サックス奏者ミンディ・エイベアが参加したM1「Smile」とM7「Hold Me Close」の2曲で、ミンディはサックスを吹かず、コーラスで参加しているのが注目。特に「Smile」は必聴で、コーラスがキー・フレーズを歌う、上質なポップ・チューン。これは、ピーター・ホワイトの新機軸かな。M4「Head Over Heels」は、このアルバムのベスト・ソングだろう。アップ・テンポのメロディーにウキウキする、これぞピーター・ホワイトの定番形。ゲストのリック・ブラウンとの掛け合いも聴きもの。M3「Floating In Air」も、透明感のある明るいメロディーを奏でるホワイトのギター、これこそ彼のスタイル。M9「Don Quixote’s Final Quest」は、アタックの強いスパニッシュ奏法を披露した演奏で、ギタリストとして巧者を印象付ける曲。M10「Awakening」は、ユージ・グルーヴがソプラノでゲスト参加した曲で、これも美しいバラード曲。言ってしまえば、いつも通りのピーター・ホワイトだけれど、これがいいんです。新作だけれど、もうこの「続き」が聴きたくなってしまう、というアーティストもなかなかいないですよ。

« Gregg Karukas 「Soul Secrets」(2014) | トップページ | Jazz Funk Soul 「Jazz Funk Soul」(2014) »

ギター」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだ新譜を中心に紹介します。
    番外編は、ミュージック本の紹介など。

    Since 2011 by UGASAI