« Terje Lie 「Bright Moments」(2014) | トップページ | Threestyle 「Get It」(2014) »

2014年11月 2日 (日)

Patrick Bradley 「Can You Hear Me」(2014)

Pb_canyouhearme_cover_500px

ジェフ・ローバー、最近の「お仕事」、その3。ローバーがプロデュースした、キーボード奏者パトリック・ブラッドリーの新作。ブラッドリーのソロ作品としては、「Come Rain or Shine」(2007)、「Under The Sun」(2011)の2作品に続く作品で、前作の「Under the Sun」もジェフ・ローバーのプロデュースだった。今回の作品は、リック・ブラウン、デーヴ・コーズ、エリック・マリエンサル、ジミー・ハスリップなどが参加している。アルバムのタイトル曲でもあり、シングルで先行リリースした、M4「Can You Hear Me」は、特に象徴的なベスト・ソング。ブラッドリーの亡き母に捧げた曲だそうで、ヒーリングムードの牧歌的なバラード。デーヴ・コーズのソプラノサックスと、ブラッドリーのピアノが美しい。映像的なイメージが広がるような、M6「Shoreline」も、リリカルなブラッドリーのピアノが印象的。ちょっとロックっぽい楽曲がこの人の特徴かな。M3「North of Evermore」は、オルガンやモーグ・シンセが使われていて、プログレ・ロックっぽい。M5「Daylight」は、スティーリー・ダンのような曲想で、エレピとアコースティックやシンセの交差する展開がドラマチック。M2「Blue Skies」や、M7「Catalan」、M8「For Her」は、フュージョン・スタイルの曲だけれど、ローバーの得意とするスピード全開のそれではなくて、スムーズにゆったりとスウィングするフュージョンがいい。M10「Voyage」は、リック・ブラウンが参加したラテン・フュージョン。後半に出てくるボイスは、キューバのコンガ奏者故カルロス・ヴイダルという人で、ブラッドリーの義父だそう。ローバーがプロデュースしたとはいえ、ジェフ・ローバー・フュージョンのようなフォーマットでなく、ブラッドリーのキャラクターを引き出すのに成功している好盤。

« Terje Lie 「Bright Moments」(2014) | トップページ | Threestyle 「Get It」(2014) »

キーボード」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」