« Keith Andrew 「Adventurous Soul」(2014) | トップページ | Danny Kusz 「Sexy.Funk :: Velvet.Jazz」(2014) »

2014年11月24日 (月)

The JT Project 「Under the Covers」(2014)

Underthecoversfinal

ザ・JT・プロジェクトは、ジェイコブ・ウェッブ(キーボード、ベース)、トッド・シフリン(サックス)、の2人によるコンテンポラリー・ジャズ・ユニット。2人は、ニュージャージーの大学の同級生で、2009年にグループを組んで活動開始。今まで3枚のアルバムを出していて、これが4枚目の新作。硬派なルックスがクールな2人、それに、なんたって、音楽がカッコイイ。ブラコン(死語かな)と言っていいコンテンポラリーでメローなサウンド。この新作は、ソウル・クラシックな5曲のカバーを演っているので、「Under The Covers」というわけ。その5曲は、チャカ・カーンの(M1)「Through the Fire」、ブレンダ・ラッセルの曲でルーサー・バンドロスのカバーが有名な(M3)「If Only for One Night」、R&Bシンガーのアッシャーの(M5)「Here I Stand」、ご存知のスティーヴィー・ワンダーの(M7)「Overjoyed」、アニタ・ベイカーの(M9)「Caught up in the Rapture」。いずれも、有名曲のオリジナルを尊重した演奏。ベスト・パフォーマンスは「Through the Fire」で、アコースティック・ピアノと、サックスのデュエット演奏が、ハートにグッとくる演奏。カバー曲もいいけれど、それにも増して、5曲のオリジナルも素晴らしい。 M2「Jetsetter」は、一発撮りライブ演奏のようなスムーズジャズ・チューンで、活き活きとしたビートが楽しいハイライト曲。M6「Speed of Sound」は、ユージ・グルーヴのようなファンキーなサックスフレーズが印象的な、リピートしたくなる佳曲。M10「Your Reflection」は、ポップなミディアムテンポのバラードで、明るいソプラノの音色が美しい。アルバムを通して、シンプルなアレンジメントだけれど、クールなヴァイブレーションが伝わって来る。しばらくの間、ヘビロテになりそうな秀作。

« Keith Andrew 「Adventurous Soul」(2014) | トップページ | Danny Kusz 「Sexy.Funk :: Velvet.Jazz」(2014) »

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」