« Eric Darius 「Retro Forward」(2014) | トップページ | Eric Nolan 「Mood Swing」(2014) »

2014年12月 7日 (日)

第57回グラミー賞ノミネート

Wildheart_174503 Slumdunk East 81a1xk1azcl_sl1500_ Thilemeyerbassmandolin

第57回グラミー賞のノミネートが発表された。注目したいのが、「ベスト・コンテンポラリー・インストルメンタル」。このジャンル、近年はスムーズ・ジャズ系の作品が大勢を占めている。昨年のノミネートも、5作品が全てスムーズ・ジャズと呼んでいい作品で、結果、受賞に輝いたのは、ハーブ・アルパートの「Steppin’ Out」。さて、今回は、次の5作品がノミネートに選ばれた。

「Wild Heart」ミンディ・エイベア

「Slam Dunk」ジェラルド・アルブライト

「Nathan East」ネイザン・イースト

「Jazz Funk Soul」ジェフ・ローバー、チャック・ローブ、エヴェレット・ハープ

「Bass & Mandolin」クリス・シール&エドガー・メイヤー

5作品の内、4作品が、このブログをチェックして頂いているファンならご存知のスムーズ・ジャズ作品。どの作品もベスト級だけれど、いずれもメジャー・レーベルからの作品で、顔ぶれも常連のアーティスト、というところがグラミー賞の性格を表している。音楽性はもちろんだけれど、やっぱり、セールス的に売れていないとね。ジェフ・ローバーは、前回の「Hacienda」に続いてのノミネート。ミンディ・エイベアは、デイブ・コーズと作った「Summer Horns」に続いてのノミネート。ジェラルド・アルブライトは、55回のノミネート作品「24/7」に続いて。今回のノミネート作品、いずれも素晴らしい作品であることは太鼓判。でも、受賞を予想するなら、ミンディ・エイベアかな。ロック的な弾け具合が、ユニークな傑作。ちなみに、「Bass & Mandolin」は、マンドリン奏者クリス・シールが、クラッシック界のトップ・コントラバス奏者エドガー・メイヤーと組んだ意欲的なデュオ作品。この2人は、以前にも共演した作品を作っていて、今回はリユニオン。クリス・シールは、ブルーグラスではグラミー受賞者でもあり、そのジャンルではスターといってもいい人。シールの活動は、ブルーグラスやカントリーに留まらず、ジャズやクラッシックに及ぶスーパー・アーティスト。ライブ映像など見ると、彼のマンドリンのテクたるや、ぶっ飛びます。いつか、スムーズ・ジャズな作品を作って欲しいなあ。

« Eric Darius 「Retro Forward」(2014) | トップページ | Eric Nolan 「Mood Swing」(2014) »

コラム」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」