« 第57回グラミー賞ノミネート | トップページ | Mitchell Coleman Jr. 「Soul Searching」(2014) »

2014年12月14日 (日)

Eric Nolan 「Mood Swing」(2014)

Ericnolan

スムーズ・ジャズではないけれど、最近ハマっているのが、このエリック・ノーランの新作。エリック・ノーランは、フルネームをエリック・ノーラン・グラント、1995年からオージェイズのメンバー。そもそもオージェイズは、1958年結成のグループで、オリジナル・メンバーはエディ・レヴァートとウォルター・ウィリアムズ、の二人。長い変遷を経て、メンバーもかなり変わっているけれど、今は、そのオリジナル・メンバーの二人(二人とも70歳!)と、ノーランで現役活動しているらしい。そのノーランの新作ソロ・アルバムがこれ。オージェイズを形容したらいいのか、オールド・スクールなソウル・ボーカルの秀作。サウンドを作っているプレイヤーやバックグラウンドはわからないけれど、ノーランのスウィートなボーカルは若々しいし、なんともスムーズなムード。オールド・スクール的なソウルだけれど、最高に心地いい好盤。ハイライトは、7分に及ぶM1「Do My Thang」。ソウル・パーティーのようなクールなMCの始まり、ファンキーなコーラスやサウンドをバックに歌う、ノーランのボーカルがかっこいい。7分があっと言う間のヴァイブレーション。この曲だけでも、スムーズ・ジャズ・ファンに聞いてほしい。M2「Reminds Me」も、スウィート・ソウルな秀曲。どこか懐かしくて、新しい、美メロのボーカルにうっとりします。M8「Give Her Your Love」は、オージェイズのウオルター・ウィリアムズがゲストでデュエットした曲。少しかすれた声のほうが、ウィリアムズ。古さなんて感じない、なんともスウィートなソウル・コーラス。M9「When You Cry」は、バラード曲。何十年も歌ってきたキャリアで、ナチュラルに歌いこなすファルセット・ボーカルが、いやあ、たまりません。

« 第57回グラミー賞ノミネート | トップページ | Mitchell Coleman Jr. 「Soul Searching」(2014) »

ボーカル」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」