« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の記事

2014年12月25日 (木)

2014年のベスト3+1

Rickbraun Soulappeal_lg Simpletruth Gregmanning

今年聴いたディスクからのベスト3、

① リック・ブラウン「Can You Feel It」:ダンシング・ビートにホーン・セクションとポップなメロディー、三拍子が揃って、八面六臂なリックのトランペットがたまらない、完成度の高い作品。デイブ・コーズとリックがチェイスする「Get up and Dance」はベスト・ソング。こんなにクールな曲をフェイド・アウトするなんて、本当に酷だなあ。
② マイケル・リントン「Soul Appeal」:リントンのサックスが、サイコーにソウルフルな傑作。のっけから最後までパワフルなリズムも息をつかせない。R&Bのフォーマットで展開するリントンの吹くフレージングは、テクもさながら、パッションがびんびん伝わる素晴らしい演奏。サックスとリズム陣のインプロビゼーションの応酬は、コンテンポラリー・ジャズとしても秀作。ケニー・ラティモアがゲストで唄う「Gonna Love You Tonite」は、最高にクールなベスト・ソング。ライブさながらのソリッドな録音も秀逸。
③ エド・バーカー「Simple Truth」:エド・バーカーのデビュー・フル・アルバム、ほぼ1年前のリリースだから、時間が経ってしまって、ちょっと分が悪いけれど、バーカーの健康的でワクワクするサックスとヴァイブレーションに軍配を上げたい秀作。最近、バーカーは活動拠点をアメリカに移したとか。次のアルバムあたりでブレークするかな。デイブ・コーズの強敵になりそう。
次点の作品は、 グレッグ・マニング「Dance With You」:コンテンポラリーな曲想や、ディスコ・ビートにのって、マニングのアコースティックとエレキ・ピアノがいずれもシャープで生き生きとして、スムーズ・ジャズの王道な秀作。「Groove Me」はサイコーにクールなベスト・ソング、このグルーヴ、何度聴いても聞き飽きない。
今年を振り返ってみれば、秀作が目白押し。思いつくだけでも、ベテラン・アーティストが多作だった。ポール・テイラー、ブライアン・カルバートソン、ネーザン・イースト、ミンディ・エイベア、トム・ブラクストン、ジョナサン・バトラー、ユージ・グルーヴ、ポール・ブラウン、ユー・ナム、ピーター・ホワイト、グレッグ・カルーカス、キム・ウオーターズ、ジャズ・ファンク・ソウル(ジェフ・ローバー、エバレット・シャープ、チャック・ローブ)等など。特に、久しぶりのグレッグ・カルーカスや、ユージ・グルーヴの作品は、文句無しのベスト級。ネーザン・イースト、ミンディ・エイベア、ジャズ・ファンク・ソウルももちろんベスト級で、グラミー候補になるのだから貫禄が違う。
若きアーティストの作品も光っていた。レベル10、トリスタン、サム・ルカー、デビッド・P・スティーヴンス、ザ・JTプロジェクト、ダニー・キューズなど、デビュー作にしての傑作もあって、いずれも才能溢れるアーティスト。今後の活躍を注目したい。
さて、当サイトがリンクを貼っている「Sount of The Breeze」は、ポップスからスムーズジャズまで網羅する情報満載の、イチオシのサイトです。
お互いにベストを発表し合うという共同企画。去年もやりました、「恒例」企画です。
それでは、 マスターの「洋楽のソムリエ」さんの選んだベストです。(リンクは、当サイトのレビューです。)
= = = = = = = = = = =
Smile_2 Rickbraun_2 Nathaneast_lg_2 Alno_3

「Sound of the Breeze’s Best Smooth Jazz Album」

1位:ピーター・ホワイト『Smile』 1位の理由は、ずばり「楽曲の良さ」である。 「Floating In Air」、「Head Over Heels」、 「Hold Me Close」、「Awakening」と、 4曲ものうっとりとさせてくれる”美メロ”作品が 収められている作品を1位に推さない理由は見当 らない。まさに、聴き惚れる一枚で、ホワイトの 最高傑作と言っても良いのではなかろうか。
2位:リック・ブラウン『Can You Feel It』 これがグラミーにノミネートされないのは、なぜ?! そんな不満が口をついて出てしまう一枚。楽曲、演奏 参加ミュージシャン、雰囲気、ジャケットのどれもが 最高レベル。「Back To Back」、「Another Kind Of Blue」 が特に良い。1位と2位の評価に差は無し。あるのは、 個人的な好みの差だけ。
3位:ネイザン・イースト『Nathan East』 恐らくスムーズ・ジャズのアルバムとしては、今年 最も売れた一枚。少なくとも、専門局で最もスピン された一枚か。初のソロ・アルバムだけに力の入り 様が違う。また、アイディアが詰まっている。今評 価しなかったら、いつ評価するの? という感じ。良く も悪くも「Daft Funk」は聴き逃せない。
次点:ブライアン・カルパートン『Another Long Night Out』 聴き惚れる一枚だ。20年前のデビュー・アルバム『Long Night Out』 をセルフカバーするという大胆な発想が天才らしい。当時21歳。天 賦の才を垣間見せた男は、今やこのジャンルきってのキーボーディス トに成長した。彼がバンド・リーダーとして来日公演が出来ていない のが、日本のスムーズ・ジャズへの認識の低さを物語っていて悲しい。 収録された作品が新曲であれば、間違いなく1位。
選考に当たっては、「前作より優れている」ことをポイントのひとつにした。 迷ったのはグレッグ・カルーカスの『Soul Secrets』。5年ぶりの新作は待ちに待ったものであった。この間の隙間を埋めるかのように多彩な内容は、ファンなら間違いなく満足したはず。だだ、彼を25年間聴き続けて来た筆者には2005年の『Looking Up』に収められていた「Corner Club」を超える作品が入っていなかったのだけは残念に思えた。 ユージ・グルーヴの『Got 2 Be Groovin』は、彼が”ゆったりしたグルーヴ”を紡ぎ出せる第一人者であることを改めて見せつけた一枚である。ベスト3に載せなかったのは、前作の『House Of Groove』は、超えていないから。 J. Lorber / C. Loeb/ E. Harp による『Jazz Funk Soul』は、三人のケミストリーがプラスαを生み出していて聴きごたえ十分。グラミー候補作の中ではネイザン・イーストに次ぐ評価を下したい。 ケン・ナヴァロは『Ruby Lane』で長い低迷期を脱した。 トリスタンの『Full Power』は、タイトなリズムが御機嫌。ベスト3の一角も考えたほど。二作目が楽しみ。 以下、今年の「間違いないアルバム」をリリースしたアーティスト名を列挙すると、ポール・ブラウン、リチャード・エリオット、ジョナサン・バトラーとなる。
= = = = = = = = = = =
リック・ブラウンが、グラミー賞にノミネートされないのは、なぜ? 同感です。来年も、スムーズ・ジャズが、さらに評価されることを願ってやみません。

2014年12月23日 (火)

Mitchell Coleman Jr. 「Soul Searching」(2014)

Coleman

ベース奏者ミッチェル・コールマン・ジュニア、の今作がデビュー作品というから恐ろしい。これが才能の片鱗だとしたら、なんとも期待が膨らむな強力な新人の登場。彼のチョッパー・ベースが全曲に渡って縦横無人に躍動する、現代的なファンク・ジャズのアルバム。冒頭のMCトラックは別にして、13曲が収めれられているが、いずれのファンクなビート・ヴァイブレーションが魅力。チョッパー・ベースだからといって、単に、ソウル・ビートのそれにあらず。M4「Come up」、M8「Secrets」は、ピアニストのデロン・ジョンソンが加わった、ジャズ寄りの演奏で、ジョンソンの知的なピアノ演奏と、バックでチョッパー奏法でファンク・リズムを刻むコールマンのベースが素晴らしい。デロン・ジョンソンは、マイルス・デイビスのバンドで演奏していた人で、さすがのジャズ・スピリットが光っている。シェリル・リンの名曲で、レイ・パーカー・ジュニアがプロデュースした「Shake It Up Tonight」(1981)という曲があって、その作者は、元モータウンのアーティストのマイクとブレンダのサットン夫婦。その、マイケル・B・サットンという人が、3曲を共同プロデュースして、この作品に関わっている。(ちょっとしたトリビア。)その中の一曲、M2「Flow」は、懐かしくて新しいファンク・リズムが炸裂のハイライト・チューン。ジョンソン・ブラザースを彷彿とするチョッパー・ベースが爽快な演奏。ディープなファンク・ビートの曲群に埋もれて、これはなんとも嬉しい、M9「That’s the Way of the World」は、アース・ウィンド&ファイヤーの名曲カバー。オリジナルよりさらにメロウに仕上げた秀逸なヴァージョンで、この辺りにこの人の音楽嗜好が現れているようで、(カビラ風に)ムムっ!と叫びたいほど。

2014年12月14日 (日)

Eric Nolan 「Mood Swing」(2014)

Ericnolan

スムーズ・ジャズではないけれど、最近ハマっているのが、このエリック・ノーランの新作。エリック・ノーランは、フルネームをエリック・ノーラン・グラント、1995年からオージェイズのメンバー。そもそもオージェイズは、1958年結成のグループで、オリジナル・メンバーはエディ・レヴァートとウォルター・ウィリアムズ、の二人。長い変遷を経て、メンバーもかなり変わっているけれど、今は、そのオリジナル・メンバーの二人(二人とも70歳!)と、ノーランで現役活動しているらしい。そのノーランの新作ソロ・アルバムがこれ。オージェイズを形容したらいいのか、オールド・スクールなソウル・ボーカルの秀作。サウンドを作っているプレイヤーやバックグラウンドはわからないけれど、ノーランのスウィートなボーカルは若々しいし、なんともスムーズなムード。オールド・スクール的なソウルだけれど、最高に心地いい好盤。ハイライトは、7分に及ぶM1「Do My Thang」。ソウル・パーティーのようなクールなMCの始まり、ファンキーなコーラスやサウンドをバックに歌う、ノーランのボーカルがかっこいい。7分があっと言う間のヴァイブレーション。この曲だけでも、スムーズ・ジャズ・ファンに聞いてほしい。M2「Reminds Me」も、スウィート・ソウルな秀曲。どこか懐かしくて、新しい、美メロのボーカルにうっとりします。M8「Give Her Your Love」は、オージェイズのウオルター・ウィリアムズがゲストでデュエットした曲。少しかすれた声のほうが、ウィリアムズ。古さなんて感じない、なんともスウィートなソウル・コーラス。M9「When You Cry」は、バラード曲。何十年も歌ってきたキャリアで、ナチュラルに歌いこなすファルセット・ボーカルが、いやあ、たまりません。

2014年12月 7日 (日)

第57回グラミー賞ノミネート

Wildheart_174503 Slumdunk East 81a1xk1azcl_sl1500_ Thilemeyerbassmandolin

第57回グラミー賞のノミネートが発表された。注目したいのが、「ベスト・コンテンポラリー・インストルメンタル」。このジャンル、近年はスムーズ・ジャズ系の作品が大勢を占めている。昨年のノミネートも、5作品が全てスムーズ・ジャズと呼んでいい作品で、結果、受賞に輝いたのは、ハーブ・アルパートの「Steppin’ Out」。さて、今回は、次の5作品がノミネートに選ばれた。

「Wild Heart」ミンディ・エイベア

「Slam Dunk」ジェラルド・アルブライト

「Nathan East」ネイザン・イースト

「Jazz Funk Soul」ジェフ・ローバー、チャック・ローブ、エヴェレット・ハープ

「Bass & Mandolin」クリス・シール&エドガー・メイヤー

5作品の内、4作品が、このブログをチェックして頂いているファンならご存知のスムーズ・ジャズ作品。どの作品もベスト級だけれど、いずれもメジャー・レーベルからの作品で、顔ぶれも常連のアーティスト、というところがグラミー賞の性格を表している。音楽性はもちろんだけれど、やっぱり、セールス的に売れていないとね。ジェフ・ローバーは、前回の「Hacienda」に続いてのノミネート。ミンディ・エイベアは、デイブ・コーズと作った「Summer Horns」に続いてのノミネート。ジェラルド・アルブライトは、55回のノミネート作品「24/7」に続いて。今回のノミネート作品、いずれも素晴らしい作品であることは太鼓判。でも、受賞を予想するなら、ミンディ・エイベアかな。ロック的な弾け具合が、ユニークな傑作。ちなみに、「Bass & Mandolin」は、マンドリン奏者クリス・シールが、クラッシック界のトップ・コントラバス奏者エドガー・メイヤーと組んだ意欲的なデュオ作品。この2人は、以前にも共演した作品を作っていて、今回はリユニオン。クリス・シールは、ブルーグラスではグラミー受賞者でもあり、そのジャンルではスターといってもいい人。シールの活動は、ブルーグラスやカントリーに留まらず、ジャズやクラッシックに及ぶスーパー・アーティスト。ライブ映像など見ると、彼のマンドリンのテクたるや、ぶっ飛びます。いつか、スムーズ・ジャズな作品を作って欲しいなあ。

Eric Darius 「Retro Forward」(2014)

Ericdarius

サックス奏者エリック・ダリウスは、スムーズ・ジャズ界の若きスター。両親もミュージシャンという一家で育ち、17歳でデビュー・アルバムを出して、その後4枚のアルバムをリリース。サックスに加えて、作編曲、ボーカルをこなし、プリンス、ジョージ・ベンソン、ウィントン・マルサリス、などビッグ・アーティストと共演している。ルックスもイケメンだから、俳優として幾つかのTVドラマにも出たことがあるらしい。6作目となる新作が、この「Retro Forward」。ユージ・グルーヴも属するシャナキー・レーベルからのリリースで、メジャー級プロダクションだから、サウンドはリッチでトップ級のクオリティ。プロデューサーとしてサポートしたのが、ベビー・フェイスやビヨンセ、ジャネット・ジャクソンを手掛けたアントニオ・ディクソンと、ボーイズ・トゥ・メンを手掛けているブルートゥース、の2人で、ゴージャスなコンテンポラリー・ポップの作品に作り上げた。インスト中心だけれど、ダリウスのサックスは、一級のボーカリストに匹敵する強力な表現力が魅力。M1「All Around The World」は、ポップス・ヒット・チャートを上がりそうな佳曲で、クリアーで開放感のあるサックスと、ディープなビートが交差するオーケストレーションにゾクゾクする。アルバム・タイトルのM2「Retro Forward」から、M4「Back To You」、M5「Broke Down」へと、ダンシング・ビートの連続で、ヒップにスウィングするダリウスのサックスが圧巻。M10「Forever Yours」は、バラード曲で、ソプラノで超美フレージングを聴かせてくれる。2004年のアルバム「Night on the Town」以来だという、ダリウスのボーカルにも注目。M3「Can’t Get Enought of Your Love」は、バリー・ホワイトのバラード曲で、女性シンガーのテリー・デクスターとデュエットしたカバー演奏。ダリウスのちょっと中性的な唄い方が、なかなかで、唄の才能も非凡ときてる。唄以上に、ダリウスのサックスは雄弁に聴こえるのだけれど、そこが魅力かな。

2014年12月 6日 (土)

スムーズなシングル盤 ㉓

Dr_dave_two_christmas Phillipdocmartin Unam119

クリスマスなシングルを3枚。ドクター・デイブは、キャリアの長いコンテンポラリー・ジャズ・ギタリスト。EP「Two Christmas Songs」は、「Have Youself a Merry Little Xmas」と、「We Wish You a Merry Xmas」のクリスマス・ソング2曲入りEP。イージーリスニング・ポップスという感じの、マッタリとしたギターがリラックス気分にさせてくれる。サックス奏者フィリップ・ドック・マーティンは、「This Christmas」。マーティンは、歯科医(ドック)でもあるというユニークな経歴のミュージシャン。既に4枚のソロ・アルバムも出している。いかにもの、スムーズジャズ・スタイルで料理した、季節の定番曲が楽しい。ユー・ナムのホリディ・シングルも、「This Christmas」。こちらは、ユー・ナム十八番のファンキーな演奏。後半の、ユー・ナムのギターが炸裂して、パーティーのアゲアゲ・ムードにぴったり。この季節、クリスマス・ソングの演奏や、フル・アルバムは、アーティストからの名刺代わり(ホリデイ・カード、日本なら年賀状かな)という感じで、「季節物」ですね。音楽性より、ムードを楽しみたい。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」