« Bickley Rivera 「Breaking the Mold」(2015) | トップページ | James Lloyd 「Here We Go」(2015) »

2015年3月29日 (日)

Kirk Whalum 「The Gospel According to Jazz, Chapter IV」(2015)

Gospel

カーク・ウェイラムの、ゴスペル・プロジェクトは「The Gospel According To Jazz」(1998)を始まりに、同じタイトルを名付けた「Chapter 2」(2002)、「Chapter 3」(2010)と継続的に作品をリリースしていて、これが新作でCD2枚分のライブ盤。「Chapter 3」収録の「It’s What I Do」(カーク・ウェイラム共作)は、2011年のグラミー賞ベスト・ゴスペル・ソングに選ばれている。かくも評価が高く、彼のライフワークのようなこのゴスペル・プロジェクトは、そもそもウェイラムの父親は牧師だったという家庭に育ったことに関係しているのだろう。ウェイラムは今やスムーズジャズ界でもビッグネーム。でも、本人は、「インストゥルメンタル・ポップスやR&Bでやっていることは楽しいけれど、それはやりたいことの60%。この(ゴスペル・プロジェクト)演奏ではやりたいことを大胆にやっている。」というようなコメントをしている。ゴスペルと名付けられているけれど、壇上のコーラスで高揚させるようなステレオタイプのそれとは違う。ストレートなジャズもあり、コンテンポラリー・ジャズ、R&B、ポップスと、広範囲なスタイルを、グルーヴのあるバンドを従えたウェイラムの音楽性が感動的なパフォーマンス。ウェイラム自ら語る、コルトレーンや、ジョージ・デューク、ネルソン・マンデラ、それぞれについてのMCも、宗教的なものではなくて、彼の想いが伝わり微笑ましい。ラテン・リズムのM13「Un Amor Supremo」や、4ビート・モード・スタイルのM15「Triage」は、ウェイラムとバンドの奔放なインプロビゼーションが聴き物のストレートなジャズで、彼の最もジャズ的な音楽性が聴ける。スムーズ・ジャズ・ファンとして注目なのは、M18「Sunday’s Best」で、BWB名義での、ノーマン・ブラウンとリック・ブラウンをフューチャーしての演奏。曲は、名ベーシストの故ウェイマン・ティスデイルの作品のカバー(オリジナルは、ティスデイルの「Way Up!」収録曲で、ウェイラム自身も客演していた)。ポップス的な側面も堪能できるのは、名曲のカバー演奏。M2「Let’Em In」は、ご存知、ポール・マッカートニー&ウィングスの「幸せのノック」。ボーカルは弟のケビン・ウェイラムで、彼のスキャットが素晴らしい。M3「Keep On Pushing」はカーティス・メイフィールド。M28「Love Is the Answer」は、トッド・ラングレンの名曲(イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーのバージョンも有名)。ハートに来る演奏は、M8「There」で、ウェイラムが故ジョージ・デュークに捧げた美しいコーラス曲。デュークは、ウェイラムのゴスペル・プロジェクトに始まりから参加していたそうで、思い出を語るMCと、ウェイラムのサックスが切ない。映像作品(DVD)もあるようで、ぜひ観てみたい。

« Bickley Rivera 「Breaking the Mold」(2015) | トップページ | James Lloyd 「Here We Go」(2015) »

サックス」カテゴリの記事