« Blake Aaron 「Soul Stories」(2015) | トップページ | Vincent Ingala 「Coast to Coast」(2015) »

2015年4月29日 (水)

The Sax Pack 「Power of 3」(2015)

Saxpack

ザ・サックス・パックは、ジェフ・カシワスティーブ・コールキム・ウオーターズの3人のサックス奏者によるプロジェクト・ユニット。この新作は、「The Sax Pack」(2008)、「The Pack is Back」(2009)の2枚のアルバムに続く、なんと6年ぶりのアルバム。サックス3管によるアンサンブルは、過去アルバム以上に、パワーアップしてダイナミック。サックスの編成で、ダンシング・チューンを奏でるビート感は、このユニットならではのもの。このユニットの復活は、昨年辺りから話題になっていた。キム・ウオーターズの代わりに、マーカス・アンダーソンが参加して、ツアーを行っていたので、その新生トリオで新作が出るかなと期待していた。理由は分からないけれど、やっぱりオリジナル・メンバー3人が復活してリリースしたのがこの新作。ジャケットにも3人が楽しそうに映っているから、ファンとしては安心。ところが、キム・ウオーターズに代わってマーカス・アンダーソンが参加した「新生トリオ」での録音が2曲入っている。M7「Power Of 3」と、M4「Shine On」の2曲で、おそらくアンダーソンのカラーが出て、ヒップでキャッチーなダンシング・チューン。皮肉にも、この2曲が注目に値するベスト・トラック。アルバム・タイトル曲「Power of 3」が、実はアンダーソン参加の「新生トリオ」だとは、ちょっと複雑な感じ。とは言え、「オリジナル・トリオ」の演奏も、期待以上の秀作が並んでいる。M1「Sooner Or Later」は、サックス・パックらしい、スカッとするスムーズ・ジャズ・チューン。M3「Disco Here」は、サックス・アンサンブルによるディスコ・チューン。M9「What’s the Time」は、ガツンと来ること間違いなしのファンク・チューンで、3管による複雑系アンサンブルのパワー・ブローが圧巻。おそらく、左に定位して聴こえるのがジェフ・カシワで、右がスティーブ・コールで、センターがアルトのキム・ウオーターズではなかろうか。最後の曲は、リック・アストリーの大ヒット曲「Never Gonna Give You Up」のカバー。この演奏は、ジェフ・カシワとスティーブ・コール、2人のサックス・パックによる演奏。ボーナス・トラック的ではあるけれど、ポップなボルテージ全開のなかなかに秀逸なカバー。今年ベスト級の作品。この際、マーカス・アンダーソンも正式に加わって4人のザ・サックス・パックで新作を作ってほしいなあ。

« Blake Aaron 「Soul Stories」(2015) | トップページ | Vincent Ingala 「Coast to Coast」(2015) »

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」