« Peet Project「Love」(2015) | トップページ | Jessy J 「My One And Only One」(2015) »

2015年5月30日 (土)

Nate Harasim 「#Shadesofnate」(2015)

Nate

キーボード奏者ネイト・ハラシムの新作。ソロ作品は、「Next In Line」(2007)、「Love’s Taken Over」(2008)、「Rush」(2011)に次ぐ4枚目。ソロの作品としては、4年振りだけれど、近年はプロデューサーとしての「仕事」が際立っている。エリザベス・ミス「Breakaway」、ヴァンデル・アンドリューの「Turn It Up」や、グレッグ・チェンバース「Can’t Help Myself」、リン・ラウントリー「Serendipitous」など、いずれも若いアーティストの才能を引き出した手腕は、今やスムーズ・ジャズ界の最も才能溢れるプロデューサーのひとり。このハラシムこそ、オリ・シルクニコラス・コールジョナサン・フィッツエンといった若きアーティストと並んで、今の、これからのスムーズ・ジャズ・ミュージックの牽引者だ。 さて、この新作、15曲の作品を並べた、スムーズ・ジャズの枠にはまらないハラシム・サウンドの、パワー全開の力作。ひたすらラップ(KSqueez)をフューチャーした曲(M4「#Workit」)や、フィル・コリンズの「In the Air Tonight」をカバーした曲、まるでエミネムのようなヒップ・ホップ曲もあって。極め付けは、ソロ・ピアノで演奏するベートーベン「月光」(M7「#Moonlightsonata」)で、ほぼ9分も続く演奏に、ただ驚嘆。いずれも、スムーズ・ジャズのスタイルからは、かなりかけ離れたサウンドに、正直、面食らってしまう。そんな先進的なサウンドの中だから、かえってオーソドックスに聴こえてしまうスムーズもしくはコンテンポラリー・ジャズ路線の曲が7曲あって、やっぱりこれがいい。M1「#Harmonypark」は、デーブ・コーズとニルスが客演した、キャッチーなスムーズ・ジャズ・チューン。M3「#SummertimeFun」は、ダーレン・ラーンのサックス。M10「#LovIt」は、リン・ラウントリーとエラン・トロットマンが加わった、8ビートの爽快なスピード・チューン。M9「#CoolBeans」は、ポール・ブラウンのギターがシブい、スロー・ファンクなナンバー。客演の入ったいずれの演奏も、ハラシムのアコースティック・ピアノのアドリブが光っている。早いパッセージのフレージングでスウィングするピアノ演奏も必聴で、やっぱり、演奏家としても只者ではない。次作は、おとなしめでいいから、スムーズ・ジャズのスタイルだけで作って欲しい。

« Peet Project「Love」(2015) | トップページ | Jessy J 「My One And Only One」(2015) »

キーボード」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nate Harasim 「#Shadesofnate」(2015):

« Peet Project「Love」(2015) | トップページ | Jessy J 「My One And Only One」(2015) »