« Vahagn Stepanyan 「Moonlight」(2015) | トップページ | Nate Harasim 「#Shadesofnate」(2015) »

2015年5月25日 (月)

Peet Project「Love」(2015)

Peet

スムーズ・ジャズ界のワン・ディレクション?いや、マルーン5かな? ピート・プロジェクトは、ハンガリーの5人組インスト(歌も歌う)バンド。バイオリン奏者兼ボーカリストのピーター(Peter Ferencz)がリーダーであり、作詞作曲もして、プロデュースもする中心人物。その他、ピアノ、サックス、にベースとドラムは双子の兄弟という5人組。過去に、「Pink Spirit」(2010)、「Turn You On」(2011)、「Overseas」(2013)の3枚をリリースして、この新作が4枚目。ヨーロッパのスムーズ・ジャズは、ダンサブルなインスト・ポップスがトレンド。この人たちは、そんなトレンドを走るユニークなバンド。この新作は、ウキウキするポップ・チューン満載の作品で、このバンドの現時点での傑作だ。M2「Jazz & Wine」は、ベスト・トラックで、キャッチーなメロディーを、コーラスだけでなく、インスト演奏でブレンドする手法のなんとポップなこと。M3「Talking About Love」も、同様にポップなコーラス・チューンだけれど、後半のバイオリン演奏が主体のインスト・アンサンブルが素晴らしい。カントリーのフィドルのような速弾きフレージングが必聴。このあたりに、インスト・バンドらしい本来のグルーヴが現れていて、表面的なポッポス路線だけでない実力が見える。アルバム全10曲、ほとんどの曲に、コーラスもしくはボーカルが入るのだけれど、M1「Drive Time」と、M8「Night Is Fallin’」は、コーラスの入らない、”純”なインスト・チューン。ポップだったりメローな曲想を、バイオリンと、サックス、バンドが固めるスムーズ・ジャズ・スタイルの演奏。もっとこの手のインスト曲を演って欲しい。バンド・メンバーはイケメンだし、ヴィジュアル的にもスター路線を狙っているのかな。

« Vahagn Stepanyan 「Moonlight」(2015) | トップページ | Nate Harasim 「#Shadesofnate」(2015) »

グループ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578364/61638556

この記事へのトラックバック一覧です: Peet Project「Love」(2015):

« Vahagn Stepanyan 「Moonlight」(2015) | トップページ | Nate Harasim 「#Shadesofnate」(2015) »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」