« Shaun Escoffery 「In the Red Room」(2014) | トップページ | Randy Scott 「Serenity」(2015) »

2015年6月21日 (日)

Cecil Ramirez 「Party In The Back」(2015)

Party

セシル・ラミレスは、西海岸で活躍するキーボード奏者。過去のソロ・アルバムは「Talk To The Hand」(2008)、一作だけの寡作の人で、これが7年振りの新作。ラミレス自身が、80年代に繰り返したカジノ・ギグに回帰したという、懐かしいバイブレーションの作品。R&Bのリズムに乗って、ラミレスのアタックのあるアコースティック・ピアノがファンキーに躍動する素晴らしい演奏。ブライアン・カルバートソンフィル・デニーマイケル・リントンダーレン・ラーン、新人ギタリストのアダム・ハウリー(ブライン・カルバートソんの「Live」ツアーに参加していた)、と豪華ゲストにも注目。3曲のカバー曲と、オリジナル7曲の構成で、特にカバー演奏がいい。M4「Remember The Time」は、ご存知マイケル・ジャクソン。ブライアン・カルバートソンが参加した、ファンキーな演奏がなんともかっこいい。ダーレン・ラーンが参加したM9「Georgy Porgy」は、TOTOの名曲。M3「Stronger Than Before」は、チャカ・カーンのバラード。オリジナルも佳作揃いで、いずれの演奏もファンキーでパワフル。M2「Talk to the Hand」は、1作目のアルバムと同じタイトルだけれど、そのアルバムには入っていない曲。フィル・デニーのパワフルなサックスが聴きもの。M7「J Street」も、マイケル・リントンのサックスと、ラミレスのピアノ・リフが絡む、スピード感が爽快なフュージョン・チューン。M1「On the One」と、M10「Party in the Back」は、まさに80年代のファンク・ミュージック。ギターとピアノ・リフのなんとファンキーなこと。「Party in the Back」のファンクなノリは、まるでギャップ・バンド、ですね。

« Shaun Escoffery 「In the Red Room」(2014) | トップページ | Randy Scott 「Serenity」(2015) »

キーボード」カテゴリの記事