« Jim Adkins 「The Journey」(2015) | トップページ | Bob Baldwin 「MelloWonder: Songs in the Key of Stevie」(2015) »

2015年7月19日 (日)

Phil Denny 「Upswing」(2015)

Upswing

「Crossover」(2012)は、アーバンなムードに、洗練されたサックスが印象的で、デビュー作品とはいえ、注目の作品だった、サックス奏者フィル・デニー。その後の「The Messenger」(2013)は、クリスマス企画のアルバムだったけれど、お祭り的なホリデイ・ソングだけでなく、ポップな雰囲気のオリジナルも入って、なかなかにクールな佳作だった。そしてこの新作は、派手なところは無いけれど、サックスとサウンドがさらにソフィスティケートされて、クールなムードがさらに磨きがかかった作品。M1「Diggin’On」で始まる、チル・アウト的で、ヒーリング・ムードのバラードが、このアルバムのカラーを代表している。マイナーなメロディーをタイトなリズムで奏でる、M3「Flutter」は、ゆったりとしたミディアム・バラード。ベース奏者ジュリアン・バーンが参加した、M4「Stand Together」も、低音が印象的なバラード。M7「Upswing」も、タイトルとは裏腹に、淡々としたミディアム・テンポから、セルフ・ダビングされたサックスが複雑に重なるところは、ちょっと未来的であっても、メランコリーなところがクールな演奏。ちょっとマイナーなメロディーを、ゆったりとしたミディアム・リズムで、クールに吹くのがこの人の特徴。M2「Soak It Up」は、比較的にビートを強調したスムーズ・ジャズ・チューンで、デニーのサックスもスィングしていてかっこいい。ピアニスト、オリ・シルクが参加した、M5「Shaken Not Stirred」は、ミディアム・テンポだけれど明るい曲調で、シルクのアコースティック・ピアノと、デニーの軽快なサックスとの、インタープレイが印象的なベスト・チューンで、聴きもの。サウンドのスタイルとサックス演奏も進化して、もう、枯れた感じさえ伝わってくる秀作。

« Jim Adkins 「The Journey」(2015) | トップページ | Bob Baldwin 「MelloWonder: Songs in the Key of Stevie」(2015) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」