« Theresa Grayson 「World Blue」(2015) | トップページ | Walter Beasley 「I'm Back」(2015) »

2015年8月23日 (日)

Chris Godber 「Starting Over」(2015)

Godber

チルアウトなサウンドは、熱い夏にもぴったりかもしれない。サックス奏者クリス・ゴッドバーの新作は、この人の持ち味といっていいチルアウト・ムードのサウンドに、終始クールなサックスの音色が、ヒートアップ気味な外気もハートも、少しは冷やしてくれる。デビュー作「One Breath at a Time」(2009)から数えて4作品目の新作。ジャケットの見るからに若々しい外見同様、サウンドもフレッシュだし、スムーズジャズ界の若手サックス奏者が多いといえども、注目株だ。チルアウトなムードだから派手さはないけれど、ファンキーなリズムやR&Bのテイストが抑え気味に見えるところが、都会的で洗練された音作りで、好感度の高い佳作。M10「Starting Over」はハイライト・チューン。ホップするリズムはファンキーで、サックスのR&Bなメロディーが印象的で、ローテーション必須曲。M5「Nu Jack Swing」も、このアルバムの中では比較的ファンキーなリズムとキャッチーなメロディーがグッとくる曲。M7「Lifetime」は、ソプラノで奏でるクールなチルアウト・チューン。ケニーGの大ファンとかで、この曲で奏でるソプラノにそんな影響もあるのかな。全12曲のうち、彼自身のオリジナル11曲に混ざっている1曲のカバーが、M8「At Last」で、ブルース・シンガー、エタ・ジェイムスの代表曲。短い演奏だけれど、ゴッドバーのブルース・ノートを使ったシブい演奏は必聴。次作は、ファンキー・サウンドをバックに、パワフルな演奏を聴いてみたい。

« Theresa Grayson 「World Blue」(2015) | トップページ | Walter Beasley 「I'm Back」(2015) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだ新譜を中心に紹介します。
    番外編は、ミュージック本の紹介など。

    Since 2011 by UGASAI