« Nils 「Alley Cat」(2015) | トップページ | Tim Watson 「Up & At'em」(2015) »

2015年9月27日 (日)

Groove Ltd. 「First Class」 (2015)

ユー・ナムの新作は、女性サックス奏者シャノン・ケネディと組んだユニット、その名も「グルーブ・リミテッド」のファースト・フルアルバム。

以前にも、シャノンをフューチャーしたプロジェクト、「Nino Deux」名義で、シングル「Love’s No Distance」(2013)、シングル「C’est Le Funk」(2013)、ミニEP「Open Beta」(2013)を出していた。今回の「Groove Ltd.」は、その「Nino Deux」の発展形だろう。グループ名であっても、ユー・ナムはプロデューサーとして、シャノン・ケネディをフロントに打ち出して作り上げた作品。ユー・ナムならではの、ゴージャスなサウンドはもちろん、シャノンをビジュアル的なアイコンに仕立てた演出に、ユー・ナムのサウンド・クリエイターに留まらないコマーシャルな手腕が見える。やり手のビジネス・マンなのかな。

M1「First Class」から始まる全12曲(ミックス違いが2曲)、怒涛のビート・チューンの連続は爽快。シャノン・ケネディのサックスは、どの曲でも、ルックスに反してパワフルでファンキーだし、ユー・ナムのギターのグルーヴは、「ベンソン節」にさらに磨きがかかって、本家(ジョージ・ベンソン)よりかっこいい、かもしれない。ドイツ出身のユニット、スリー・スタイルと、カブるスタイルだけれど、サウンドのパワーは断然にこちらですね。

|

« Nils 「Alley Cat」(2015) | トップページ | Tim Watson 「Up & At'em」(2015) »