« 2015年のベスト3+1 | トップページ | Carl Stanley 「Dreamers」(2015) »

2015年12月26日 (土)

2015年ベストなスムーズ・ジャズ・ソング15(+1)曲

Nate

今年の、ベストなスムーズ・ジャズ・ソング、15曲。ヘビロテ間違い無し、極上の一級品ソング。(リンクは、収録アルバムのレヴュー)

① 「#Luvit」 ネイト・ハラシム(kyd) 疾走するビートがたまらない。ハラシムの速弾きピアノは必聴。このスリル感はハンパじゃない。アレンジにも、ハラシムの才能が発揮された曲。アルバムの方は、力作でも、ちょっとヘビーな感じだったけれど。この1曲は「すごい」。

② 「One of a King」 ブライアン・シンプソン(kyd) シンプソンならではの、とびきり爽快な曲。グレース・ケリーのサックス、ニルスのギターのサポートも素晴らしい。視界が広がる曲。

③ 「In Deep」 ヴィンセント・インガラ(sax) やっぱり今年はこの人。インガラの、ディープなビートがガツンと来る。解説不要、ノレるダンシング・チューン。

④ 「Remember the Time」 セシル・ラミレス(kyd) セシル・ラミネスのピアノと、ブライアン・カルバートソンのシンセが絡む、ファンクのムードが、ちょっと懐かしい。

⑤ 「Jazz & Wine」 ピート・プロジェクト ピート・プロジェクトのユーロ・ポップな曲。ノリだけでなく、後半の、インスト演奏を聴いてほしい。このヴィアブレーション、この人たちただ者ではないぞ。

⑥ 「Play It Forward」 ジェイムス・ロイド(kyd) ピーセス・オヴ・ア・ドリームのジェイムス・ロイドのソロ曲。アタックなピアノとキャッチーなフレージングに酔わされる。

⑦ 「When Marie Smiles」 ティム・ワトソン(kyd) ティム・ワトソンのメローなピアノが魅力な秀作。絡むジャネット・ハリスのファンキーでパワフルなサックスにも、耳を奪われる。サウンド・プロデュースは、オリ・シルク。

⑧ 「Cabo」 ランディ・スコット(sax) スコットのファンキーなブロウがたまらない。ラテン・ビートのキャッチー・チューン。

⑨ 「Sailing Away」 ジョナサン・フリッツエン(kyd) フリッツエンのピアノ演奏、「セクシー」と表現したいムーディーな曲。

⑩ 「Skip to My Lew」 ウォルター・ビーズリー(sax) ビーズリーの特色、ジェントルなサックス音色に浸れるヒーリングな曲。

⑪ 「Red Hook」 レブロン(sax) 期待の新人、レブロンのシルクのようなサックス。軽やかなミディアム・テンポで、弾むようなブラス・セクション。このヴァイブレーションは聴き捨てられない。

⑫ 「All In」 ピーセス・オヴ・ア・ドリーム ピーセス・オヴ・ア・ドリームのファンキー・チューン曲。客演しているトニー・ワトソン・ジュニアのサックスに注目。

⑬ 「Drumline」 ボニー・ジェイムス(sax) 音色を聴いたらこの人。ボニー・ジェイムの、洗練されたソウル・ムードがたまらない。

⑭ 「Shine On」 ザ・サックス・パック 久しぶりのザ・サックス・パック。この曲は、キム・ウオーターズの代わりにマーカス・アンダーソンが入った、新生トリオの曲。アンダーソンはジャケットに写っていないけれど。皮肉にも、アンダーソン参加の演奏が新鮮。

⑮ 「Blu Sky」 ダーク・K(g) 出たばかりのダークKのニュー・シングル。これが、なかなかの曲。洒落ではないけれど、ダーク・ホースかもしれない。

⑯ 「Juliet」 ケン・ナヴァロ(g) この曲もやっぱり入れておきたい。ケン・ナヴァロのロマンチックなメロディーと、ヒューマンで紡ぐようなギターに、うっとり。

« 2015年のベスト3+1 | トップページ | Carl Stanley 「Dreamers」(2015) »

コラム」カテゴリの記事