« Phillip Doc Martin 「Pocket Love」(2016) | トップページ | BWB 「Braun Whalum Brown」(2016) »

2016年4月30日 (土)

Yellowjackets 「Cohearence」(2016)

イエロージャケッツの新作は、お馴染みのボブ・ミンツァー(kb)、ラッセル・フェランテ(sax)、ウィリアム・ケネディ(dr)に、新メンバーのベーシスト、デーン・アルダーソンが加わった新体制での初作品。イエロージャケッツは、1981年結成で、オリジナルメンバー、ラッセル・フェランテを筆頭に、他メンバーもおそらく全員60代だろう。新加入のアルダーソンは、30代前半の若さというから、新しい化学反応が起きるのだろうか。

ジミー・ハスリップが、「Timeline」(2010)を最後に脱退。その後、「A Rise in The Road」(2013)で、フェリックス・パストリアスが加入。フェリックスは、ジャコ・パストリアスの息子だから、当然話題になったのだけれど、1作を残してわずか1年で脱退してしまった。「A Rise in The Road」は、正直、ハスリップの抜けた穴は大きい印象の作品だった。話題のフェリックスも、父親譲りの才能の片鱗を見せられたのかどうか。遠慮がちのプレイにも聴こえたし、バンドに溶け込めていない感じがしたのだが。

という訳で、当然のごとく、デーン・アルダーソンのベース演奏に耳が行ってしまう。M2「Guarded Optimism」では、オーソドックスなフォービートのランニング・ベース。M3「Anticipation」では、ミッドテンポの流れるようなフレーズが魅力的だ。M5「Trane Changing」は、フェリックス・パストリアスがラッセルと共に作曲も共作者としてクレジットされている作品。フェリックスが在籍中の、置き土産だろうか。曲想はオーソドックスなジャズだけれど、皮肉にも、アルダーソンのアドリブは、一番生き生きとしていて、トラックの出来もアルバム中秀逸。ジャコばり、とは言いすぎだけれど、必聴のプレイを聴かせてくれる。

作品のムードは、曲想も演奏も、伝統的でモードなジャズ路線。ミンツァーやフェランテのインプロビゼーションは枯れた味わいがあるし、4人のアンサンブルも隙が無くて完璧で、これはこれでいいのだけれど。ジミー・ハスリップがいた頃の、複雑系リズムやダイナミックな曲展開は聴けないのは残念。ロベン・フォードがいたデビュー作「Yellowjackets」(1981)のスピード感全開のフュージョンも懐かしい。

|

« Phillip Doc Martin 「Pocket Love」(2016) | トップページ | BWB 「Braun Whalum Brown」(2016) »