« The Rippingtons 「True Stories」(2016) | トップページ | Rock Hendricks 「Can't Let Go」(2016) »

2016年7月18日 (月)

Elan Trotman's Tropicality 「Double Take」(2016)

Doubletake

エラン・トロットマンの前作「#liveanduncut」は、「エラン・トロットマン・グループ」と名付けたバンド・メンバーとの作品だった。自身の出身地バルバドスのルーツに回帰するような、トロピカルなリズムとアンサンブルが溌剌とした佳作。この新作は、その時以来のメンバーと作ったスタジオ録音。バンド名も、「エラン・トロットマンズ・トロピカリティ」と改名して、パーマネントとして活動するのかな。曲は、トロットマンの過去作品からのナンバーの再演奏。新曲は無いものの、トロピカルでクールな演奏で、どの曲も新しく生まれ変わった。メンバーは、エラン・トロットマンに、スティールパン奏者カリム・トンプソン、キーボード奏者マーク・コープランド、ドラム奏者アンソニー・スティール、ベース奏者ザック・ロチェスター、の5人。トロットマンの過去アルバム「This Time Around」(2009)から3曲、「Love and Sax」(2011)から3曲、「Tropicality」(2013)から2曲、シングル発表だった2曲の10曲が、アルバム発表順に並んだベストな選曲。「This Time Around」と「Love and Sax」は、当時の路線で、都会的なムードのアルバム。そのアルバムからのM3「Lil’ too Late」や、M5「Rain」、M6「Last Dance」などの、ミディアム・スローなR&B曲が、トロピカルなテイストを加わえて、グッとクールでアダルトなムードの曲にアップデイト。そして、どの演奏もオリジナルに比べてロングな演奏が嬉しい。M1「Lovely Day」は、ビル・ウィザースのカヴァー。「This Time Around」の時はインストだったが、今回の演奏では、トロットマンのボーカル入りが新鮮。圧巻は、M9「Smooth N’Saxy」で、10分を超えるバージョン。過去にシングルと「#liveanduncut」でも聴けた演奏より、洗練されたアンサンブルと、中盤からのピアノとスティールパンのアドリブが耳をひきつけるベスト・トラック。先行シングルで発表されていたM10「Thoughts of Summer」は、ウィル・ダウニングがボーカルを務めた曲。こちらもシングルより、ボーカルが入る前に、トロットマンのサックス演奏が入る長いバージョン。ところで、ビデオに映るメンバーは、出身国の国旗を付けていて、すべてカリブ海の国々。トロットマンが、バルバドス。他メンバーは、キューバ(キーボード)、ジャマイカ(ドラムス)、ガイアナ(ベース)、トリニダード・トバゴ(スティールパン)。ルックスはちょっとC調(死語かな)だけれど、もう直ぐオリンピックだから、応援なのかな。

« The Rippingtons 「True Stories」(2016) | トップページ | Rock Hendricks 「Can't Let Go」(2016) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」