« Rock Hendricks 「Can't Let Go」(2016) | トップページ | Oli Silk 「Where I Left Off」(2016) »

2016年8月 7日 (日)

Bobby Wells 「Back in the Day」(2016)

Bobbywells

キーボード奏者ボビー・ウェルスの新作は、ソフトなサウンドだけれど聴き逃せない好盤。スムーズ・ジャズ・ファンとしては、サックス奏者であるジェラルド・アルブライトが、このアルバムではベース奏者として客演しているのに注目。アルブライトは、キーボードやベースをこなすマルチ・プレイヤー。「Slam Dunk」(2014)でも、ファンキーなチョッパー・ベースを披露していたっけ。そのアルブライトのベースが聴けるのは、M4「Tee It Up」、M7「Bella’s Pier」の2曲。「Bella’s Pier」は、リラックス・ムードに溢れている夏のビーチといった趣の曲で、アルブライトのベースがリード・メロディーを奏でるトラック。ベースのアドリブも必聴。M5「Count It All Joy」、M8「Oooh Baby」、はソフトなダンシング・チューンで、いずれもキャッチーなメロディーと、しつこくないビートがいい感じ。バック・コーラスは、ウェルス自身と、娘や妹が参加しているらしく、そのコーラスもソフト・ソウルなムード。M1「She’s Playful」は、ソフトなビートに乗るアコースティックなピアノが主役の、スムース・ジャズ・チューン。M2「End Of Summer」は、このアルバムのテーマ曲と思わせる、ハイライト・トラック。ピアノとギターの奏でるメロディーが除湿系で心地よく、視界が広がるグッド・ミュージック。客演しているサックスはダーレン・ラーン。酷暑でも、ビーチでも、夏にぴったり、涼しい気分になれます。

« Rock Hendricks 「Can't Let Go」(2016) | トップページ | Oli Silk 「Where I Left Off」(2016) »

キーボード」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」