« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の記事

2016年8月27日 (土)

Stephen Bishop 「blueprint」(2016)

Blueprint

スティーヴン・ビショップの前作「Be Here Then」(2014)は、企画盤などを除けばおよそ20年ぶりのスタジオ作品で、長いこと待たされたファンとしては狂喜のカムバックだった。その後も、新録ライブ作品「Stephen Bishop Live」や、1989年の作品「Bowling in Paris」の再編リマスター盤の再発、アンドリュー・ゴールドの作品カバー「Thank You for Being a Friend」など、あの長い沈黙を忘れるような、積極的なリリースが続いて嬉しい限り。そしてこの新作フルアルバム「blueprint」も、スティーヴン・ビショップらしいナイーヴな歌声と楽曲の並んだ珠玉の作品集。収められたほとんどの楽曲は、以前にデモ集などで発表していたもので、今回すべて新たなアレンジで新録音されている。アルバムタイトルは、かつての「青写真=Blueprint」の作品集というわけ。旧作品といっても、初期の作品だろう、かつての名曲を思い起こして、聴き込むごとに愛着の深まる佳作が並んでいる。M3「Ultralove」は、ナイーヴなメロディーがヒット性を感じるバラード。少し不安定にも聞こえるファルセットの歌声も、これもビショップらしい曲。M10「Someone Like You」も、かつての名曲「Looking for the Right One」を思わせる、切なく美しいバラード。同様に、M7「Before Nightfall」や、M12「Blue Window」など、傾向としては、「おはこ」のラブ・バラードだけれど、聴くたびに心をつかまれる珠玉の楽曲。注目は、M9「Holy Mother」で、エリック・クラプトンとの共作品。オリジナルはクラプトンの「August」(1986)に収録されている。この曲は、オペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティが、クラプトンを迎えて1996年のコンサート「War Child」で歌ったことでも有名。ビショップ自演の録音はこのトラックが初出のはず。クラプトンや、パヴァロッティのバージョンはゴスペルのクラッシックのようだけれど、ビショップが歌うと彼らしいメロディーラインが際立って、この曲はやっぱりスティーヴン・ビショップの作品だと再認識。同様に、珍しいトラックは、60年代オールディーズをカバーしたM1「everyone’s gone to the moon」。オリジナルは、ジョナサン・キングの1965年のヒット曲。ビショップのオリジナル曲のようにも聴こえて、彼の原点なのかな。最後に、アップテンポに編曲された、おなじみの「It Might Be You」も入っているけれど、このヒット曲さえ、少し違和感を感じるぐらい、他の12曲で充実している作品。

2016年8月20日 (土)

Dave Muse 「FIREFALL Revisited」(2016)

Firefall

フルート奏者デイヴ(デイヴィッド)・ミューズは、かつて70年代後半に活動していた西海外のロックバンド「ファイアーフォール」のメンバー。ファイアーフォールのデビュー作「Firefall」(1975)のクレジットにはミューズの名前は無いものの、この時から実質的なメンバーの一員。セカンド作「Luna Sea」(1977)では、6人のメンバーの一人としてクレジットされている。ファイアーフォールのヒット曲には、「You Are the Woman」(1976)、「Just Remember I Love You」(1977)、「Strange Way」(1978)などが、ビルボードの10位あたりまでチャートインした。初期のアルバム作品は1980年まで5作品を残して一度解散。その後、再結成を経て、メンバーは変わったとはいえ今も、ミューズ自身もメンバーとして演奏活動しているらしい。70年代後半は、イーグルス、ドゥービーブラザース、など、ウェストコースト・ロックが人気を博した時代。同時代のファイアーフォールも、メジャーではないけれど、 初期作品は「隠れた名盤」。さて、そのデイヴ・ミューズが、自身のフルート演奏を主役にして、かつてのファイアーフォールの作品を再演したのが、この新作。10曲中9曲が、かつてのファイアーフォールの曲だから、ギターやコーラスを多用したサウンドがウエストコースト・ロック的、爽快で、どこかロマンティックなところが魅力。でもなんといっても、ミューズのフルート演奏がダイナミックで、そこがこの作品の聴きどころ。親しんだ楽曲の演奏ということもあるだろう、奔放なフレージングが随所に聴ける。ファイヤーフォールのオリジナルメンバーのリック・ロバーツ(ボーカル)や、ジョック・バートレー(ギター)、マーク・アンデス(ベース)も参加していて、M6「Goodby I Love You」は、その3人が一同に会した演奏で、ファイアーフォールのファンは必聴だろう。M1「Dreamers」は、かつてのファイアーフォールのナンバーで、ミューズが作曲した曲。アルバム「Clouds Across The Sun」(1981)収録曲。西海外ロック的なコーラスを配して、ダイナミックなフルートのフレージングが印象的なハイライト演奏。M8「Mexico」や、唯一のオリジナル曲でラテン・リズムのM10「Nestor」での、パワフルなフルートのフレージングは、ミューズのプレイヤーとしての力量を認識できる演奏。ファイアーフォールの懐かしさは別にして、フルートのインストルメンタル作品として、素晴らしい作品。40年前のファイヤーフォール、なんとなく記憶にかすかに残っているけれど、この機会にオリジナル曲を聴き返したくなる。

2016年8月14日 (日)

Oli Silk 「Where I Left Off」(2016)

Silk

オリ・シルクの「Razor Sharp Brit」に続く新作は、曲ごとに異なるゲスト・プレイヤーを迎えた、「アンド・フレンズ」企画のような内容。ゲスト陣はスムーズ・ジャズのトップ・プレイヤーで、曲も良し、演奏良しのベスト級の秀作。M1「Ohh Baby!」は、トランペット奏者のリック・ブラウンが参加した、クールでファンキーな曲。M2「Take Me Away」は、爽やか系メロディーに、ピーター・ホワイトが参加してさらに爽快な演奏。インコグニートダウン・トゥ・ザ・ボーンでもボーカルを務めた女性ボーカリストのキャティ・レオーネが参加したのは、M4「Burning up the Carnival」と、M10「Music Without the Sound」の2曲。「Burning up the Carnival」は、ご存知ジョー・サンプルの名曲のカバー。オリジナルではフローラ・プリムが歌った曲。レオーネの歌もいいけれど、シルクのピアノがフレッシュなフレージングで、あのジョー・サンプルにアプローチしているのが聴きもの。M5「Seasons Change」は、明るい曲想のバラードで、サックスはスティーブ・コール。M7「Catch My Breath」の疾走感を盛り上げるサックスはフィル・デニー。M9「Rest Assured」の、しっとりしたフルートはアルシア・ルネ。かつてシンプリー・レッドのギター奏者だったマーク・ハイメスが参加したのはM11「Take Some Time Out」。どの曲もオリ・シルクの、小気味のいいピアノが堪能できるけれど、M2「Where I Left Off」、この曲だけはゲスト無しで、シルクのピアノが「主役」のベスト・トラック。オリ・シルクは、ソロ作品がこの新作で5作目。2006年にメジャーデビューする前は、「Sugar and Silk」という二人組みのユニットで、2枚の作品を残している。そのユニットで、ベースを担当していたダニー・シュガーは、今はグラフィック・デザイナーになっていて、このシルクの作品のアート・ワークを手がけている。トリビア情報でした。

2016年8月 7日 (日)

Bobby Wells 「Back in the Day」(2016)

Bobbywells

キーボード奏者ボビー・ウェルスの新作は、ソフトなサウンドだけれど聴き逃せない好盤。スムーズ・ジャズ・ファンとしては、サックス奏者であるジェラルド・アルブライトが、このアルバムではベース奏者として客演しているのに注目。アルブライトは、キーボードやベースをこなすマルチ・プレイヤー。「Slam Dunk」(2014)でも、ファンキーなチョッパー・ベースを披露していたっけ。そのアルブライトのベースが聴けるのは、M4「Tee It Up」、M7「Bella’s Pier」の2曲。「Bella’s Pier」は、リラックス・ムードに溢れている夏のビーチといった趣の曲で、アルブライトのベースがリード・メロディーを奏でるトラック。ベースのアドリブも必聴。M5「Count It All Joy」、M8「Oooh Baby」、はソフトなダンシング・チューンで、いずれもキャッチーなメロディーと、しつこくないビートがいい感じ。バック・コーラスは、ウェルス自身と、娘や妹が参加しているらしく、そのコーラスもソフト・ソウルなムード。M1「She’s Playful」は、ソフトなビートに乗るアコースティックなピアノが主役の、スムース・ジャズ・チューン。M2「End Of Summer」は、このアルバムのテーマ曲と思わせる、ハイライト・トラック。ピアノとギターの奏でるメロディーが除湿系で心地よく、視界が広がるグッド・ミュージック。客演しているサックスはダーレン・ラーン。酷暑でも、ビーチでも、夏にぴったり、涼しい気分になれます。

2016年8月 3日 (水)

Rock Hendricks 「Can't Let Go」(2016)

Rockh

ポール・ハードキャッスルの最近作品、「Hardcastle 6」(2011)、「同7」(2013)、「Jazzmasters 7」(2014)で、ほぼ30曲に及ぶトラックでフューチャーされているサックス奏者は、ロック・ヘンドリックス。ハードキャッスルお気に入りのサックス奏者というわけで、そのサックスは、ハードキャッスル特有のエレクトロな音世界にあって、時にまったりとして、時にファンキーであったり、エコーの効いた浮遊するフレージングがなんとも特徴的な音色だ。そのロック・ヘンドリックスの初のソロ作品。全12曲、たっぷりとヘンドリックスのサックス・フレージングが堪能できる傑作。M1「Can’t Let Go」は、上質なポップ・チューン。この曲で、この人の魅力が伝わるヘビロテ必須のリード・トラック。M3「Mr.Marcus」や、これもキャッチーなM7「Bumpin」では、ハードキャッスルを思わせるエレクトロ・ファンクというような曲調でも、熱っぽく奏でるサックスに魅了される。ソプラノを吹いているM6「God’s Nature」や、M8「In the Morning」、鳥のSEも入るM10「The Island」などは、自然讃歌のようなヒーリング・ムードの曲。ヘンドリックスは、長年ハワイに住んでいるというから、こんな曲想も生まれるのだろう。バラード曲M2「Smooth Ride」は、ピアノとのユニゾンで始まる「ハスキー」な音色のサックスに、耳を奪われる。アコースティックなサウンドも、アルバムの他曲とは違って新鮮な演奏。今年のベスト級作品の一枚。ちなみに、ポール・ハードキャッスルの息子である、サックス奏者ポール・ハードキャッスル・ジュニアも、ソロ作品を製作中とか。こちらも、期待したい。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」