« Paul Jackson, Jr. 「Stories from Stompin' Willie」(2016) | トップページ | U-Nam 「Surface Level」(2016) »

2016年9月11日 (日)

Tortured Soul 「Hot for Your Love Tonight」(2015)

Torturedsoul

トーチャード・ソウルは、ジョン・クリスチャン・ユーリック(ボーカル、ドラマー)、イーサン・ホワイト(キーボード)、ジョーダン・スカネラ(ベース)の3人によるバンドで、これは久しぶりの新作。2001年に、ユーリックが中心に活動を開始したバンドで、オリジナルメンバーのベース奏者は、Jason JKriv Kriveloffだったが、2010年に脱退して、スカネラに代わった。その音楽スタイルは、80年代のディスコを下敷きに、打ち込みやオーケストレーション無しに、3人の演奏のみでグルーヴするところが魅力。特に、ユーリックのドラムを叩きながらの、ブルーアイド・ソウルな歌声が魅力だし、ブラック・スーツで統一したトリオのルックスもクール。ダンス・ミュージックとはいえ、ファンク・ジャズやハウス系アシッド・ジャズのテイストもあって、ダンス・ビートだけの軟派な印象に惑わされなきよう。この小編成トリオが繰り出す演奏のキレの良さこそ、硬派なファンク・スピリットが魅力なバンド。コアなスムーズ・ジャズ・ファンにこそ聴き逃して欲しくない。リミックスなどを除くフル・アルバムとしては、6年ぶりで3作目となる待望の新作だが、直前にメンバーのイーサン・ホワイトが2015年3月に急死した直後のリリースとなった。クレジットにはイーサン・ホワイトの名前があるので、完成を終えての他界だったよう。初期の代表曲「Home to You」や、「Did You Miss Me」が今でも愛聴曲なファンとしては既視感を覚える曲が並ぶ。M1「I’ll Be There for You」のメランコリーなディスコ・チューンや、典型的なハンド・クラッピングが印象的なM4「Hot for Your Love Tonight」、キャッチーなM3「Don’t Lead Me On」など、踊らなくとも、トリオのグルーヴに感激するトラックが満載。スローなバラードなど無しの、12曲全曲ディスコ・ビートに終始する、これでもかという怒涛のダンス・ミュージック。これぞ、このトリオの主張を感じて爽快な佳作。

« Paul Jackson, Jr. 「Stories from Stompin' Willie」(2016) | トップページ | U-Nam 「Surface Level」(2016) »

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」