« Tortured Soul 「Hot for Your Love Tonight」(2015) | トップページ | Kim Scott 「Southern Heat」(2016) »

2016年9月19日 (月)

U-Nam 「Surface Level」(2016)

Surfacelevel

ユー・ナムの「C'est Le Funk」(2014)に続く新作は、いつものベンソン節ギターに磨きがかかった、エンジン全開の秀作。お決まりの路線、80年代のポスト・ディスコ時代をオマージュしたサウンドはさらにパワー・アップ。ユー・ナムの作品ではおなじみの、シャノン・ケネディ(サックス、フルート)や、ティム・オーエンス(ボーカル)等が参加しているが、客演のパフォーマンスは控え気味だし、ボーカルがメインの曲も無いのは、むしろ意外な仕上がり。全曲でギターが主役で、カラフルな音色のギター・リフが縦横無尽に疾走して、今まで以上に意欲的なプレイに感激。M1「Going for Miles」や、M5「Plus de Funk!」、M7「Surface Level」はハイライト・チューン。トレード・マークのベンソン風フレージングがたっぷり聴ける。いずれも、さりげないストリングスや、ホーン・セクションやベースにドラムスの、パワフルなビートは強力。M6「Spice of Life」は、マンハッタン・トランスファーの名盤「Bodies and Souls」(1983)に入っていた名曲のカバー。ブラス・セクションと、ギターの絡みが洗練されたポップ・チューン。M9「The Sound of Music」もカバー演奏で、オリジナルはファンク・バンドのデイトンの1983年のヒット曲。コーラスが絡む、ファンクのビートがたまらない。カバー曲に80年代の選曲をするあたりに、リスナーとしては通好みの志向をくすぐられる。ユー・ナムのギターは、いつもジョージ・ベンソンが代名詞で形容されるけれど、M10「Cool Blue」では、ロニー・ジョーダンを彷彿とする、アシッドなジャズ寄りの演奏が聴ける。このトラックは新鮮で、ファンは必聴。ユー・ナムのギター奏者としての力量が発揮された秀作だし、今年のベスト級のスムーズジャズ・ギター作品。

« Tortured Soul 「Hot for Your Love Tonight」(2015) | トップページ | Kim Scott 「Southern Heat」(2016) »

ギター」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだ新譜を中心に紹介します。
    番外編は、ミュージック本の紹介など。

    Since 2011 by UGASAI