« Kim Scott 「Southern Heat」(2016) | トップページ | Euge Groove 「Still Euge」(2016) »

2016年10月30日 (日)

Gerald Albright 「G」(2016)

G

ジェラルド・アルブライトの新作は、超ゴキゲンなビートとメロディーの「Taking Control」から始まる、傑作。「Taking Control」の、ファンキーなブラス・セクションとベースは、いずれも、アルブライトによる多重録音だけれど、この生き生きとしたグルーヴは、リアルなライブ感が満ちている。フェイドアウトしてしまうのが、残念なハイライト・チューン。前作「Slam Dunk」も、マルチプレイを駆使した傑作だったけれど、今作はそのスタイルにさらに磨きがかかったよう。ほとんどの曲で、メインのサックスと、バックの多重ブラスと、ベース演奏が、アルブライトの演奏。M9「We Came to Play」では、サックスより、重厚でさりげないチョッパーのベース・ランニングに耳を奪われてしまう。曲は、いくつか共作もあるが、アルブライト自身のペンによる曲は、コンテンポラリーで、ポップなメロディーが特徴の洗練された曲ばかり。M5「Frankie B.」はスロウで哀愁を感じさせる秀作だし、M7「I Miss You」はポップなバラード曲で、歌ものにしたらヒットしそう。M6「Funkism」は、題名どおりファンキーなビート・チューン。M4「Lovely Day」は、ビル・ウィザースの名曲のカバーで、ボーカルはマイケル・マクドナルド。マクドナルドのソウルフルな歌声もいいけれど、アルブライトのアルト・サックスの軽快な演奏だけでも、完成度が高いのに。ラストのM10「Closure」は、共同プロデュースのクリス・デイビスのキーボードをバックに、アルブライトのアルト・サックスだけで奏でるヒューマンなムードのバラード。ゴスペルを思わせて、アルブライトのフレージングが沁みるような演奏。

« Kim Scott 「Southern Heat」(2016) | トップページ | Euge Groove 「Still Euge」(2016) »

サックス」カテゴリの記事