« Brian Culbertson 「Funk !」(2017) | トップページ | Johnny Britt 「Marvin Meets Miles」(2016) »

2017年2月12日 (日)

Paolo Rustichelli 「Soul Italiano」(2016)

パオロ・ルスティケッリは、イタリアの鍵盤奏者。ルスティケッリの父親は、カルロ・ルスティケッリというイタリア映画音楽の作曲家。「鉄道員」「刑事」など、有名作品を含めて多数の映画音楽を作曲した巨匠。息子のパオロも、10代から映画音楽や鍵盤演奏を始めたそう。

1991年にソロデビュー作品「Mystic Jazz」をリリース。その作品は、マイルス・デイビス、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、カルロス・サンタナなどのジャイアンツを客演に迎えた隠れた名盤。マイルスのトランペットが美しい「Capri」や、サンタナが自身の演奏ナンバーにもしている「Full Moon」など、必聴の名演が入っている。次作の「Mystic Man」(1996)も、マイルスとサンタナが参加した作品。両作品は、チルアウト・スムーズジャズに繋がる秀作。

パオロのフルアルバム・ソロ作品としては、「Nopagan」(2006)に続くのがこの新作。ルスティケッリは、シンセ系鍵盤を中心にほとんどワンマンバンドで作品を作るのがスタイル。この作品も、アコースティック・ピアノの硬質なフレーズを中心に、シンセ系の音の多彩なオーケストレーションが魅力の秀作。

M2「Med Groove」の、ヨーロッパを感じるダンス・ビートに乗って浮遊するピアノ・フレージングに引き込まれる。M5「Soul Italiano」は、タンゴ・リズムが印象的なハイライト・チューン。M11「Playa Blanca」は、パワー・ブロウするサックスと、ピアノの掛け合いがクールなファンキー・チューン。M12「Evy & Carlo」は、映画のエンディングを思わせるバラードで、交錯する多彩なシンセの音色が美しい。

 

|

« Brian Culbertson 「Funk !」(2017) | トップページ | Johnny Britt 「Marvin Meets Miles」(2016) »