« Rick Braun 「Around The Horn」(2017) | トップページ | Cindy Bradley 「Natural」(2017) »

2017年4月16日 (日)

Geoff Alpert 「Open Your Heart」(2017)

Openyourheart_2

トロンボーン奏者ジェフ・アルパートのデビュー・フル・アルバム。女性アーティストのバンド、ジャズ・イン・ピンクのキーボード奏者ゲイル・ジョンソンのプロデュースをはじめとして、ベース奏者ダリル・ウィリアムス、ギター奏者アダム・ホーリー、キーボード奏者グレッグ・マニング、フルート奏者アルティーア・レナ、などスムーズジャズ系のアーティストが多数ゲスト参加している。ハワイの「カラパナ」にも参加していたサックス奏者マイケル・パウロもゲスト参加していて懐かしい。デビュー・アルバムといえ、豪華なゲストは、アルパートのサポート・ミュージシャンの30年のキャリアの交友関係を物語っている。1曲目は、「Heartbreak Hotel」で、懐かしいザ・ジャクソンズのヒット曲のカバーで、ハイライト・チューン。アダム・ホーリーのオン・ビートなギターや、アルパートのファンキーなトロンボーンが、オリジナルのマイケルの歌声を思い出す、秀作のカバー演奏。M3「Don’t Ask My Neighbors」は、ザ・エモーションズのヒット曲のカバーで、スウィート・ソウルなスロー・バラード。歌うようなトロンボーンのフレージングが印象的。これは、かつてジョージ・デュークのプロデュースで、トロンボーン奏者のラウル・ジ・スーザがカバーした名演(1978年同名アルバム)へのオマージュに違いない。タイトル曲M6「Open Your Heart」は、サンバ・リズムの佳曲。アルティーア・レナのフルートが客演している。M7「Aloha Nights」は、マイケル・パウロのサックスが客演した曲。スロウなメロディからオン・ビートに変わるあたりのサックスとトロンボーンが交差するフレージングが、なんだか80年代のクロスオーバーを思い出して懐かしい。M8「Thinking About You」は、ゲイル・ジョンソンのピアノと、アルパートのトロンボーンのデュエット演奏。トロンボーンのどこかヒューマンな音色が際立って染みるような演奏。スムーズジャズ界はサックスが花形で、あまりトロンボーン奏者のリーダー作品に出会えないけれど、このアルパートのトロンボーンはベスト級の秀作。ぜひ聴き逃さないように。

« Rick Braun 「Around The Horn」(2017) | トップページ | Cindy Bradley 「Natural」(2017) »

トロンボーン」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」