« George Anderson 「Body and Soul」(2017) | トップページ | Julian Vaughn 「Bona Fide」(2017) »

2017年7月17日 (月)

Jackiem Joyner 「Main Street Beat」(2017)

Joyner

ジャッキーム・ジョイナーは、レコードキャリア10年のサックス奏者。スムーズジャズファンなら、追いかけておきたい旬なアーティストの1人。デビュー作品「BabySoul」(2007)から、数えて6作目の新作は、自己ベストで、完成度の高い作品。ファンキーで、かつ唄うようなフレージングの音色が、この人の持ち味。洗練されたサウンドや、キャッチーな自作曲も秀逸で、全曲が非の打ち所がない都会的なビートに溢れた秀作。普段のバンド・メンバーという、ダリル・ウィリアムズ(ベース)、カイル・ボールデン(ギター)、カーネル・ハーレル(キーボード)、レイモンド・ジョンソン(ドラムス)ら、フレッシュなアーティストのアンサンブルも聴きもの。M1「Main Street」は、オーバーダビングのサックスがパワー・サウンドを作り上げて、リピート間違いなしのハイライト曲。M6「Southside Boulevard」や、M11「Get Down Street」は、いずれも疾走するファンク・ビートのサックスとリズム隊がガツンと来る演奏。M10「Don’t Make Her Wait」、M7「That Good Thing」は、打ち込みサウンドをバックに、ソプラノを吹く美メロの2曲。カバーも2曲、M8「Treasure」はブルーノ・マース、M3「Can’t Stop The Feeling」はジャスティン・ティンバーレイク。いずれも記憶に新しいヒット・チューンだけれど、オリジナルに負けないスケールが伝わるインスト演奏。今年のベスト級、イチオシの作品。ところで、ジョイナーは、去年小説家としてもデビュー。作品名は「Zarya: Cydnus Final Hope」という、SF作品。Zaryaという主人公の少女が、住む惑星の危機を救う、という内容のようだ。興味ある方はぜひ読んでみたら如何かな。

« George Anderson 「Body and Soul」(2017) | トップページ | Julian Vaughn 「Bona Fide」(2017) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだ新譜を中心に紹介します。
    番外編は、ミュージック本の紹介など。

    Since 2011 by UGASAI