« Chuck Loeb (1955〜2017) | トップページ

2017年8月13日 (日)

Special EFX 「Deep as the Night」(2017)

Deep_2

現在のスペシャルEFXは、ギター奏者キエリ・ミヌッチのソロ・プロジェクトである。かつてのオリジナル・メンバー、ジョージ・ジンダが他界(2001年)した後、ミヌッチがバンド名を引き継いだ。前作「Genesis」(2013)に継ぐ新作で、アーティスト名義は「スペシャルEFX」と表示されていて、キエリ・ミヌッチの名前が無いが、実質的にはミヌッチの作品。1983年のデビュー作から数えて、バンド名義の作品としては21作品目。 M1「Deep as the Night」は、キャッチーな都会的なメロディーが、まさにジャケットの景色のよう。サックスはデヴィッド・マンで、ミヌッチとのアンサンブルが聴きもの。 M2「Another Day, Another Smile」は、アコースティック・ギターとバイオリン奏者アントワーヌ・シルバーマンの掛け合いが温かいムードを作り出す、フォーキーな曲。 M3「Lavish」はスペイン風のメランコリー・メロディーがポップで、リピートしたくなるハイライト曲。客演は、キーボード奏者ニコラス・コール、サックスはエラン・トロットマン。客演が入る冒頭の3曲以外の曲は、ほとんどがミヌッチのギター中心のワンマン演奏のおもむき。M5「Across the Seven Seas」は、ギター演奏はパット・メセニーを思わせる牧歌的な佳曲。M6「Night Shift」、M7「Garden of Eden」の2曲はミヌッチらしい、マイナーなムードのファンキーな音色で、いずれも打ち込み系のサウンドだけれど、ギターのフレージングがアーシーな感じで印象的。ミヌッチの技量的でドリーミーな音色で魅了するギター演奏、ドラマチックなアレンジメント、いつもの路線だけれど、これがファンとしては安心して浸れる、ミヌッチの音楽世界。

« Chuck Loeb (1955〜2017) | トップページ

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」