« Jonathan Fritzén 「Ballads」(2017) | トップページ | Tim Bowman 「Into the Blue」(2017) »

2017年9月17日 (日)

Michael J Thomas 「Driven」(2017)

Driven

サックス奏者マイケル J トーマスは、「City Beat」(2010)でデビュー。スマッシュ・ヒットしたシングル「I Think About Amy」(2011)以降は録音作品は出ていなかったので、この新作は久しぶり。新作は、彼自身のボーカルを披露する M1「My Love」で始まる。AOR的と言っていいメロディーはどこか懐かしいし、彼の中性的な歌声は、かのマイケル・ジャクソンを彷彿として、とても新鮮。11曲のアルバム中、ボーカル曲は4曲入っていて、彼のボーカル曲がこのアルバムのハイライト。残りのボーカル曲3曲、M5「Girls Got Moves」はファンキーなノリがかっこいいし、M8「Say Goodbye」は包容力が伝わるバラードで、M10「Driven」はワイルドなポップ・チューン、といずれもマイケル・ジャクソンを繊細にした歌声が印象的でキャッチーな佳曲揃い。でも、やはりサックス奏者としてのトーマスの魅力が伝わるインスト曲にも注目。M2「Baby Coffee」はブラス・セクションをバックに、ポップなメロディーを奏でるシルキーな音色のサックスに魅了される曲。M4「You Know You Got This」は、AOR的なメロディーが懐かく、でも都会的なビートがアガる曲。M9「Never Gonna Leave You」は、セクシーな音色のサックスが主役のスロウ・テンポのジャージーなトラック。どちらも魅力的な、自身のボーカルとサックスを駆使した、上質なポップ・アルバムと言ってもいい、ユニークでベスト級の秀作。

« Jonathan Fritzén 「Ballads」(2017) | トップページ | Tim Bowman 「Into the Blue」(2017) »

サックス」カテゴリの記事