« Tim Bowman 「Into the Blue」(2017) | トップページ | Patrick Yandall 「A Journey Home」(2017) »

2017年10月21日 (土)

The JT Project 「Another Chance」(2017)

Anotherchance

ザ・JT・プロジェクトは、トッド・シフリン(サックス)とジェイコブ・ウェッブ(キーボード)の2人によるユニット。トリッピン・リズム・レコードからの1作目「Moments of Change」(2016)は、新しいスムーズ・ジャズのスターを予感させる充実した傑作だった。この新作も、全15曲のボリュームで、前作以上に2人の力量に圧倒される力作だ。冒頭を飾る、M1「Another Chance」や、M2「Give Me the Heat」は、前作の方向性を踏まえた、キャッチーなビートのポップな、とびきりのスムーズジャズ曲。この辺りが、このユニットの代名詞で、M6「Open Your Eyes」、M10「Breath」、M11「Louisa」、M14「Pure Intentions」の各曲も、疾走するグルーヴがたまらない、JTプロジェクトらしい、ぐっとくるスムーズジャズ曲。一方で、技巧的なジャズ・パフォーマンスもこのユニットの特色。コンテンポラリー・ジャズのM4「Segue」は白眉な演奏で、この曲と、M9「Sunlight」の、シフリンの熱のこもったサックスのインプロビゼーションは必聴。ちなみに、この作品の演奏メンバーに、ランダル・ヘイウッド(トランペット)、エイプリル・メイ・ウェッブ(ボーカル)という人が参加しているのだが、この2人は、「Sounds Of A&R(略してS.O.A.R.)」というジャズ・ユニットを組んでいる2人。このS.O.A.R.も、JTプロジェクトと同じトリッピン・リズム・レコードから「Let’s Stay Forever」というアルバムが出ていて、そちらにはJTプロジェクトが客演している、という関係。女性ボーカルの、エイプリル・メイ・ウェッブという人、JTプロジェクトのジェイコブ・ウェッブと、ファミリー・ネームが同じだから、兄妹?姉弟?なのかな。

« Tim Bowman 「Into the Blue」(2017) | トップページ | Patrick Yandall 「A Journey Home」(2017) »

グループ」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」