« Michael J Thomas 「Driven」(2017) | トップページ | The JT Project 「Another Chance」(2017) »

2017年10月 7日 (土)

Tim Bowman 「Into the Blue」(2017)

Tb_intotheblue_c

ティム・ボウマンはデトロイト出身のギタリスト。20年以上のキャリアを有する、スムーズジャズ界の重鎮ギタリストの一人。彼の実姉ヴィッキーは、ゴルペル界の名門ワイナンス・ファミリーのマービン・ワイナンスに嫁いだスター歌手。ボウマンも一時期ワイナンズにギター奏者として参加していた。ワイナンズを離れた後、「Love, Joy, Peace」(1996)でソロ・デビュー、その後4作品のアルバムをリリース。この新作「Into the Blue」は9年ぶり、久々の6作目のフル・アルバム。先行してシングル発表していた、M1「City Lights」、M14「Seaside Drive」の2曲や、ギターソロの小品3曲を含む、全15曲。先行シングルの2曲は、ボウマンらしい、キャッチーな都会的なサウンドに、ロマンティックなギターの音色が印象的なハイライト曲。ガットギターを奏でる3曲が光っている。M3「Into the Blue」、M5「Tan Hermosa(So Beautiful)」、M10「Love Forever More」、はいずれもメランコリーな美メロディーを、暖かみのあるガットギターで奏でて美しい。一方ソウルフルな曲もこの人らしい。M13「You Are」は、エラン・トロットマンが客演したスウィート・ソウル。M2「All I Need Is Love」は、メロウ・ソウルな歌もので、ボーカルは、R&Bグループのミント・コンディションのリード・シンガー、ストークリー・ウィリアムズ。ストークリーのボーカルも、ボウマンのギターも、泣きのメロウ節の佳曲。小品3曲も、それぞれわずか1分足らずだけれど、染みるギターにグッと来ます。今度は、ソロでフルアルバムが聴きたいなあ。

« Michael J Thomas 「Driven」(2017) | トップページ | The JT Project 「Another Chance」(2017) »

ギター」カテゴリの記事