« The JT Project 「Another Chance」(2017) | トップページ | Boney James 「Honestly」(2017) »

2017年11月19日 (日)

Patrick Yandall 「A Journey Home」(2017)

Journeyhome2

パトリック・ヤンダールは、キャリア25年のギタリスト。初期から、ほとんどの作品の発表は自己のプライベート・レーベル「Zangi」からのリリースだけなので、メジャーなシーンから距離を置いて、自身の音楽スタイルを徹底しているようだ。真摯なギター・プレイに徹した作品は、R&Bやソウル、ブルース、ファンクといった要素を、キャッチーなメロディーで消化する佳作ばかり。主にテレキャスターの、繊細かつ伸びのあるギター・トーンは、縦横無尽で、時にメローな柔らかさもあって、ひとつひとつの音に、感情移入せざるを得ない魅力がある。音作りは、ワン・マン・バンドの演奏のようで、ギター以外のオーケストレーションも素晴らしい。というわけで、この新作も、ファンキーでメロディアスな作品が並んだ秀作。M1「A Journey Home」は、ブラスやオルガンを効果的にバックに使って、スライドを多用するギターが印象的な、華やかな曲。M3「Cruising Kuhio Hwy」は、そのキャッチーなソフト・メロディーは爽やかな疾走感で、視界が広がるようなポップ・チューン。中盤の、伸びのいいフレージングに魅了される、ベスト・トラック。M6「Spirit Moves」は、「オー・ヤー」というだけの荒削りなコーラスが、なんともファンキーな曲。ギターに絡むピアノも素晴らしく、これもヤンダールの演奏なのかな。M9「Sunday Offering」は、ミッド・テンポのバラード。中音を駆使したフレージングが美しい。「私小説」的な風合いのある作品群で、演奏も味わい深いところが、この人の良さかな。

« The JT Project 「Another Chance」(2017) | トップページ | Boney James 「Honestly」(2017) »

ギター」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」