« Pieces of a Dream 「Just Funkin' Around」(2017) | トップページ | 2017年のベスト3+1 »

2017年12月10日 (日)

第60回グラミー賞ノミネート作品

Whatif Spirit Mountroyal Prototype Badhombre

第60回グラミー賞のノミネート作品が発表された。「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」の候補作品は、この5作品。近年、この部門は、コンテンポラリー・ミュージックの多様な演奏作品から選ばれているが、異なるジャンルのハイライト的なセレクションで、それを同じ土俵で評価するのもどうなのかなあ。そして、とても残念なことに、スムーズジャズは「無視」されているがごとく、良作が選ばれることも無くて、ファンとしては腹が立つところ。だが、まあ、認めないなら、勝手にしろや、という感じですなあ。

① 「What If」 The Jerry Douglas Band

ジェリー・ダグラスは、ブルーグラスやカントリーで用いられる通称ドブロと呼ばれるスライド・ギターの名手。14度のグラミー受賞歴を誇り、カントリーに限らずジャンルを越えてアメリカン・ミュージックに影響を与える大物アーティスト。自己名義のバンドのこの作品は、ブルーグラスを下敷きに、ジャズやロックをブレンドして、独自の音楽世界を発揮した意欲作。「Cavebop」は、典型的なブルーグラスと、ジャズが融合したような、クロスオーバーな演奏だし、タイトル曲「What If」の、繊細なフレージングのスライド・ギターの演奏は、ドラマチックで素晴らしい。

② 「Spirit」 Alex Han

アレックス・ハンは、マーカス・ミラーのバンドで活躍する、新鋭のサックス奏者。第58回のグラミー賞ノミネート作品、マーカス・ミラーの「Afrodeezia」(2015)にも参加している。この「Spirit」は、マーカス・ミラーがプロデュースした彼のデビュー作品。タイトル曲の、ハンの静謐なサックスが美しい。未来志向のコンテンポラリー・ジャズの秀作。

③ 「Mount Royal」 Julian Lage & Chris Eldridge

ジュリアン・レイジは、ジャズ・ギター奏者で、わずか15歳で、ゲイリー・バートンのバンド参加でデビューした、ジャズ界の新鋭。片や、クリス・エルドリッジは、ブルーグラスのバンド、パンチブラザーズのギタリスト。パンチ・ブラザーズと言えば、マンドリン奏者クリス・シーリが率いるスーパー・バンドで、ブルーグラスに留まらない多様な音楽世界が魅力のバンド。その二人が共演というだけでも、話題の作品。2人のアコギによるデュオ演奏は、数曲で歌も入るが、ブルーグラスやトラッド・フォークなどをベースにした、大らかなアメリカン・ルーツ・ミュージック。

④ 「Prototype」 Jeff Lorber Fusion

われらが、ジェフ・ローバー・フュージョンの新作。かつて「Hacienda」(2013)が、2014年の56回グラミー賞にノミネートされたこともある。この作品は、ジェフ・ローバーとジミー・ハスリップに、新サックス奏者としてアンディ・スニッツアーを迎えた、「新生」ジェフ・ローバー・フュージョンとしての新作。アンディ・スニッツアーも、違和感なく溶け込んでいるけれど、個人的には、かつてのサックス奏者エリック・マリエンサルがいた「Galaxy」(2012)や、「Hacienda」の、スリル全開なバイヴレーションには及ばないような気がするけれど。

⑤ 「Bad Hombre」 Antonio Sanchez

アントニオ・サンチェスは、ゲイリー・バートン、パット・メセニーや、チック・コリアなどと共演してきた、メキシコ出身のドラマー。アカデミー賞作品の映画「バードマン」のオリジナルスコアを作曲した人。この作品は、彼のソロ・ドラミングによるインプロビゼーションが圧巻な作品。前衛的であり、内省的でもあるが、映像作品のような感動の伝わる鬼才に溢れる作品。

①はブルーグラス、②はコンテンポラリー・ジャズ、③はフォークのフォーマット、④はフュージョン、⑤は前衛的作品、とは言え、いずれもジャンルではくくれない意欲作。かように異なる音楽性の秀作から、ベストを選ぶ基準が分からないが、独断的には、「本命」は①かな。ブルーグラスにジャズやロックを融合させて、伝統的なフォーマットを超えようとする、パッションの伝わる演奏に心を動かされる傑作。グラミー賞の発表は、2018年1月28日です。

第59回グラミー賞ノミネート作品

第58回グラミー賞ノミネート作品

第57回グラミー賞ノミネート作品

第56回グラミー賞ノミネート作品

第55回グラミー賞ノミネート作品

第54回グラミー賞ノミネート作品

« Pieces of a Dream 「Just Funkin' Around」(2017) | トップページ | 2017年のベスト3+1 »

コラム」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」