« Gary Palmer 「Coast 2 Coast」(2018) | トップページ | Lin Rountree 「Stronger Still」(2018) »

2018年2月23日 (金)

Chris Godber 「Momentum」(2018)

Momentum

サックス奏者クリス・ゴッドバーの前作「Starting Over」(2015)は、サックスの音色もサウンドもフレッシュな佳作で、個人的には高感度の高い作品だった。この新作は、洗練されたサウンドに磨きがかかり、成長著しいところを感じさせてくれる秀作だ。前作と同様に、同じバンドで演奏するキャレブ・ミドルトン(key)や、ロウェル・ハーパー(g)らとの演奏も、生き生きとしたアンサンブルで、グッド・バイブレーションを聴かせてくれる。今作のプロデュースは、レイモンド・ダリウス・ジャクソンという人で、ゴッドバーの演奏バンドでもキーボード奏者を務めているようだ。ダリウス・ジャクソンや、キャレブ・ミドルトンらとの共作を含めた全11曲は、なかなかいい曲ばかり。ボーカル曲など無いけれど、いずれもオーソドックスなスタイルのインスト演奏は安心できる内容だ。M1「Momentum」は、冒頭のテナーの音色が艶っぽいところが印象的なキャッチーなスムーズジャズ・ナンバー。ゴッドバーは、テナー、アルト、ソプラノいずれも吹いているけれど、今作ではテナーの音色がなかなかいい感じだ。M6「Sizzle」は、ギター奏者アダム・ホーリーが客演(曲も共作)したハイライト・ナンバー。先行してシングルでも出ていた曲で、自信作だろう。M3「Living Water」は、ボブ・ボールドウィンが参加した曲。ボールドウィンのピアノとユニゾンで奏でるテーマから、彼のピアノのおかげでやっぱり一味違う演奏。M11「Chips'n'Salsa」は、ボッサ・リズムのコンテンポラリー・ジャズ曲。ピアノやリズム・セクションのライブ感のあるスウィングした演奏が光っていて素晴らしい。ゴッドバーのジャージーなフレージングも、巧者なところを聴かせてくれる。ゴッドバーは、「喘息」の持病を持っていながらの、演奏家である。同時に、呼吸ケアのスペシャリストである呼吸治療のセラピストとしても活動しているそうである。喘息に悩んでいる人たちに、勇気を与えたいと言う。この人も尊敬に値するアーティストなのである。

« Gary Palmer 「Coast 2 Coast」(2018) | トップページ | Lin Rountree 「Stronger Still」(2018) »

サックス」カテゴリの記事