« Marion Meadows 「Soul City」(2018) | トップページ | Dan Siegel 「Origins」(2018) »

2018年3月24日 (土)

Paula Atherton 「Shake It」(2018)

Shakeit

女性サックス奏者、ポーラ・アサートンの新作は、この人らしいパワフルなサックスが堪能できる秀作。冒頭の曲、M1「Low Rider」は、意表を突かれるカバー曲で、70年代のファンク・バンド、ウォーの代表曲。オリジナルは、1975年のアルバム「Why Can't We Be Friends?」の収録曲。重量級のボーカルが、オリジナルに忠実な構成だが、アサートンのパワフルなフルートが印象的。フルートで、ヘビー・ファンクと来たか。必聴に値します。M5「You Got It」は、ハイライト級のスムーズ・ジャズ・ナンバー。弾けたアサートンのサックスが爽快な演奏。キャッチーなピアノ演奏は、ザ・リッピングトンズのビル・ヘラー。アルバムでは毎回、彼女自身のボーカルも披露するのが定番になっている。M4「Good Love Gone Bad」がそのボーカル・ナンバーで、サックス同様にヘビー・シャウトするブルージーな曲。かと言えば、M7「Say Goodbye」は、ポップなジャンプ・ナンバーで、こちらも彼女のボーカルとサックスが、ノリの良いワンマン・アンサンブル。M8「Shake It」は、ホーン・セクションを従えてリードするサックスと、トランペット奏者シンディ・ブラッドリーの掛け合いが聴きもののファンク・チューン。二人の掛け合いは、同様に、骨太なファンク・ビートのM6「All About the One」でも聴ける。アサートンとブラッドリーは、「ジャズ・イン・ピンク」で共演したり、それぞれのアルバムに毎回ゲスト参加したりと、息のあったところを聴かせてくれる。M9「My Song for You」は、ギター奏者ニック・コリオーネの曲で、彼のギターとアサートンのサックスによるコラボ曲。メランコリーで都会的なメロディーと二人のフレージングが、ハートに沁みるいい曲です。「カリンバ・ミュージック」からのリリースだった前作「Ear Candy」(2015)は洗練された作品だった。今作は「カリンバ」からのリリースではないようだけれど、アサートンの活き活きとしたところが聴けるベスト級作品になった。

« Marion Meadows 「Soul City」(2018) | トップページ | Dan Siegel 「Origins」(2018) »

サックス」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだ新譜を中心に紹介します。
    番外編は、ミュージック本の紹介など。

    Since 2011 by UGASAI