« Dan Siegel 「Origins」(2018) | トップページ | Chris Standring 「Sunlight」(2018) »

2018年4月18日 (水)

Tony Guerrero 「Abrazo」(2018)

Abrazo_cover

トランペット奏者トニー・ゲレロは、1988年にソロデビュー作品(「Tiara」)をリリースして以来、9枚のソロ作品や、多数のプロジェクトで、演奏のみならず作編曲、プロデューサー、としても活躍するアーティストである。サイドマンとしては、グレッグ・カルーカスや、ブライアン・ブロムバーグ、ブライアン・ウィルソン、ダン・シーゲル、俳優のディック・ヴァン・ダイクなど、多数のアーティストの作品にも参加している。この新作は、ソフトなボサノバやラテンのムードで貫かれた作品。ゲレロは、全10曲でフリューゲルホーンを吹いていて、ほとんどの曲は、ピアノ、ギター、キーボードなど全ての楽器を、彼自身がワンマン演奏しているユニークな作品。ソフトでロマンティックな作風は、イージーリスニングのただずまいで、ヨーロッパの映画音楽のようでもある。ゲレロのフリューゲルホーンの演奏は、ジャズの名手、アート・ファーマーや、チャック・マンジョーネを思い起こして、単なるムード・ミュージックに留まらない聴きどころになっている。4曲のカバー演奏も聴きどころで、アート・ファーマーの「Petite Belle」や、アストラッド・ジルベルトの名曲「Love Is Stronger Far Than Me」、イヴァン・リンスの「Septembro」(クインシー・ジョーンズのバージョンが有名、1989年のアルバム「Back on the Block」)、イタリアのシンガー、ルーチョ・ダッラの名曲「Caruso」(オペラのテノール歌手エンリコ・カルーソーに捧げた曲)を取り上げている。「Petite Belle」は、アート・ファーマーの名演(1965年のアルバム「Sing Me Softly of the Blues」)が有名な曲だし、「Love Is Stronger Far Than Me」は、チャック・マンジョーネがプロデュースした女性歌手エスター・サターフィールドのカバー(1974年のアルバム「Once I Loved」)が有名。いずれも、フリューゲルホーンの「鉄板」のような名曲で、ゲレロの思入れの選曲なのだろう。そんな名曲らに引けを取らない、ゲレロのオリジナル曲もそれぞれ素晴らしい。M1「Abrazo」は、哀愁に満ちたラテン系メロディーが、まるで名画のテーマ曲のようだし。M2「Beso」も、スペイン風のマイナーな旋律が美しい曲で、ピアノとギターの染みる演奏が印象的な曲。M6「She Speaks to Me」は、スロウ・ボッサの曲で、ストリングスを思わせるシンセがドラマチックな演奏。M5「First Date」は、ミディアム・スロウのバラードで、明るくキャッチーなフレージンングはハーブ・アルパートを思わせるし、中盤に出てくる鍵盤ハーモニカ、メロディカの音色が爽快感を醸し出す。全ての楽器をワンマンで演奏したのは、もともとは、ミュージシャンを集める前提のデモ制作だったらしい。最終的には、それを完成させたという経緯だそうだ。フリューゲルホーンの、ソフトでヒューマンな音色と、哀愁を感じるメロディーやフレージングが、心地いい魅力的な作品だ。

« Dan Siegel 「Origins」(2018) | トップページ | Chris Standring 「Sunlight」(2018) »

トランペット」カテゴリの記事

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」