« Michael Paulo 「Beautiful Day」(2018) | トップページ | Dee Brown 「Remembering You」(2018) »

2018年6月24日 (日)

Michael Lington 「Silver Lining」(2018)

Silverlining

マイケル・リントンの新作は、「Soul Appeal」(2014)から、「Second Nature」(2016)と続いた、メンフィス・ソウルへのオマージュを込めた、連作の3作品目。過去2作品と同様に、プロデューサー/キーボード奏者バリー・イーストモンドが、リントンとタッグを組んだ作品。参加ミュージシャンは、レイ・パーカー・ジュニア、ポール・ジャクソン・ジュニア、レスター・スネル率いるメンフィス・ホーン、など、過去2作と同様のセッション・メンバーが固めるが、3作目ということもあり、ソウルフルな熱量が、今まで以上に沸騰して、ガツンとやられる作品だ。アイザック・ヘイズのバンド・メンバーでもあった、オルガン奏者レスター・スネルが率いる4管ホーン・セクションが、今作でも「本物の音」聴かせてくれる。まずは、M1「City Life」は、キャッチーなファンク・チューンで、リントンのシルキーなフレージングに、重厚なリズムとホーン・セクション、加えてユーズリミックスのギター奏者デイヴ・ステュワートが客演するハードなギター・プレイが交錯する必聴のハイライト曲だ。M2「Break the Ice」も、メンフィス・ホーンズがサポートする演奏。ソウルフルなホーンと、オルガンと、熱いフレーズを吹きまくるマイケル、ゴージャスな演奏。M6「Can't Say Goodbye」は、スウィート・ソウルなバラード。泣きメロを吹くリントン節が、ハートにグッと来てたまらない。この曲の、ハモンドオルガン演奏はレスター・スネルで、これこそメンフィス・ソウルのムードたっぷり。M4「People Get Ready」は、おそらく78歳になろうかという、メンフィス・ソウルのレジェンド・シンガー、ウィリアム・ベルがゲストで歌う曲。オリジナルは、カーティス・メイフィールドが在籍したインプレッションズの1965年の名曲。アーバン・ムードなマイケル・リントンが聴けるのが、M5「Silver Lining」や、M11「Straight to the Top」。都会的なメロディーとサウンドに、洗練されたこのフレージング。アルトなのにテナーのようにパワフルに吹くところも、彼の魅力です。ところで、マイケルは音楽以外のビジネスにも手腕を発揮していて、自分の名前をブランドにした「葉巻」と「ワイン」の販売も手がけている。煙をくゆらせて、ワインを飲めば、彼の音楽がさらに味わい深いということかな。

« Michael Paulo 「Beautiful Day」(2018) | トップページ | Dee Brown 「Remembering You」(2018) »

サックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Michael Paulo 「Beautiful Day」(2018) | トップページ | Dee Brown 「Remembering You」(2018) »