« Phil Denny 「Align」(2018) | トップページ | ポール・サイモンの音楽人生を振り返る必読の評伝、『Paul Simon : The Life』by Robert Hilburn(2018) »

2018年7月22日 (日)

Rob Zinn 「Walk The Walk」(2018)

Bzinn walkthewalkトランペット奏者ロブ・ジンの新作は、前作のデビュー作「Yesterday Again」(2016)に続く2枚目。今作は、ポール・ブラウンが全面的にプロデュースに関わった秀作。ポール・ブラウンのスタジオ「Funky Joint」で収録されたという全10曲。ほとんどがジン自身とブラウンの共作の曲で、都会的で洗練されたメロディーラインの連続の充実した内容。ポール・ブラウンらしい、アクのないR&Bサウンドのデザインがかっこいいし、落ち着いたバンド・サウンドが、ロブ・ジンのフレージングを際立ている。

タイトル曲のM1「Walk The Walk」と、M2「Wherever You Are」は、いずれもサックス奏者アンドリュー・ニューがゲスト参加した演奏曲。ファンキーな「Walk The Walk」も、AORのスロウ・バラードような「Wherever You Are」も、二人のスリリングなインタープレイが必聴のハイライト曲。ジンがフリューゲル・ホーンを吹く、M3「Journey of the Heart」は、ソフトな音色のフレージングが包容力を感じさせる。M6「Never Gonna Give up on You」は、ポール・ブラウン「おはこ」のファンキー・フレージングのギターと、ジンのトランペットとの掛け合いが活き活きとしていて、上質なポップスと言っていいグッと来る曲。M8「Summer Nights」は、サックス奏者マイケル・パウロが客演した演奏。こちらの二人のアンサンブルも聞き逃せない、キャッチーな曲。M10「Could It Be You」は、ブラウンのメロウでファンキーなフレージングと、まるで歌手が唄うかのようなジンのトランペットが、インタープレイする、AOR的な雰囲気が魅力的な曲。

ポール・ブラウンのプロデューサーとしての手腕が発揮された作品、とは言え、この洗練されたクールなトランペットの主役は、ロブ・ジンだ。今後注目に値するアーティストに違いない。

« Phil Denny 「Align」(2018) | トップページ | ポール・サイモンの音楽人生を振り返る必読の評伝、『Paul Simon : The Life』by Robert Hilburn(2018) »

トランペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Phil Denny 「Align」(2018) | トップページ | ポール・サイモンの音楽人生を振り返る必読の評伝、『Paul Simon : The Life』by Robert Hilburn(2018) »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」