« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の4件の記事

2018年8月27日 (月)

Nils 「Play」(2018)

Nils Playギター奏者ニルスの新作は、前作「Alley Cat」(2015)に続いて、クオリティを高めた秀作。ニルスのスリリングなギターが快走して、タイトなリズムやホーン・セクションと作るグルーヴは爽快だ。共作を含むオリジナル10曲はいずれも佳曲ばかりで、ニルスの作曲センスが光る。コンテンポラリーなR&Bスタイルの曲が際立っていて、今回多くの曲に参加しているジョニー・ブリット(ボーカル、キーボード、トランペット)の登用がハマっている。
「Coast to Coast」は、ハイライトなキャッチー・ナンバー。キレが良くて、セクシーなところも聴かせるニルスの魅力が発揮された曲。「Sway」は、ジョニー・ブリットのクールなトランペットが印象的な、スロウ・バラード。ニルスの、ブルージーなプレイも光っている。「Straight Down the Line」は、ホーン・セクションが盛り上がるファンキーなナンバー。キーボード奏者フィリップ・セスが客演。「Play It」は、ニルスとキーボード奏者ネイト・ハラシムが共作した、アタックのあるメロディが魅力の曲。ネイト・ハラシムも客演しているタイトなアンサンブルが聴きどころ。「California」は、サックス奏者スティーヴ・コールが客演した曲。コールのサックスが爽快だ。アルバム最後の曲「Fire of My Heart」は、新しい作風を感じさせる美しい曲。賛歌のように歌い上げるコーラスが印象的。ドラムスは、セッションドラマーとして有名な、サイモン・フィリップス。ドラマチックな、ドラミングに注目。
カバー曲は、「We Got Love」(ベイビーフェイス)と「Careless Whisper」(ワム!)の2曲。「Careless Whisper」といえば、例のサックス・ソロだが、ここではブランドン・ウィリスが聴かせてくれる。いずれも有名曲のカバーで存在感があるが、オリジナル曲だけでトップ級の作品。

| | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

Steve Oliver 「Illuminate」(2018)

Soliver illuminateスティーヴ・オリバーの新作は、久しぶりのインストゥルメンタル作品。「World Citizen」(2012)の後、「Best of...so far」(2014)はベスト・アルバム(2曲の新曲入り)だったし、その後の「Pictures & Frames」(2016)は全曲が自身の歌声による、歌詞付きソング、いわゆる歌もののボーカル・アルバムだったので、新曲のインストゥルメンタル・アルバムとしては6年ぶりの新作だ。オリバーは、過去作品でも、必ず数曲はボーカル・ソングを入れていて、シンガーとしても「二刀流」の才能の持ち主。だが、今作はその歌ものを「封印」して、全11曲演奏オンリーの意欲作となった。内容も、文句なしのベスト級だ。
オリバーのトレード・マークである、色彩感豊かなギター・シンセや、ポップな歌詞無しヴォーカリーズ、などを多用したサウンドはいっそう磨きが掛かり、スピード感溢れるギター・フレージングも冴え渡る曲ばかり。サポート・ミュージシャンも巧者揃いで、隙のないグルーヴが堪能できる。特に、半数を占める曲で脇を固めている、ジミー・ハスリップ(ベース)、ジョエル・テイラー(ドラムス)、による鉄板のリズム隊は重量級。フィリピン出身のジャズ・ピアノ奏者タテン・カティンディグの流麗なフレージングも必聴。ゲストのサックス奏者も多彩で、ウェール・ラーソン、ネルソン・ランジェル、チェース・ウナ、ビリーレイ・シェパード、がそれぞれ曲により登場する。18才でデビューしたチェース・ウナはデビュー作「On The Chase」(2017)を、ビリーレイ・シェパードのデビュー作「Silk」(2017)を、それぞれオリバーがプロデュースを手掛けている。
1曲目「Full Tilt」は、スピード感のあるキャッチーな曲。サックスは、ウェール・ラーソン。オリバーの、ギターとヴォーカリーズの爽快感、これこそオリバーの「十八番」のような曲。アルバム・タイトル曲「Illuminate」も、爽快な曲想を奏でる流麗なギターと、リリカルなピアノが活躍する演奏。シングルになっている「Vamonosu」は、キャッチーなラテン調のハイライト曲。サックスは、チェース・ハナ。「Circles」は、コンテンポラリー・ジャズのアンサンブルが秀逸なベスト・トラック。ハスリップ、テイラーのリズム隊に、サックスはネルソン・ランジェル、ピアノはカティンディグ。オリバーのギターは、正統派のジャズ・アプローチを披露する。「Hidden Sun」も、オリバーに、ハスリップ、テイラー、カティンディグによる鉄板のアンサンブル。コンテンポラリー・ジャズの、リリカルでクールなグルーヴが聴くほどに味わいを感じる演奏。「City of Lightning」は、メランコリーなメロディの曲。ビリーレイ・シェパードのサックス、オリバーのアコギとヴォーカリーズ、がブレンドするサウンドが美しい。
前作「Pictures & Frames」は、全曲がボーカル曲だったので、まさかシンガーに「転身」かなと心配したけれど。今作品は、オリバーのギター奏者およびマルチなサウンド・クリエーターとしての実力を遺憾なく発揮した内容に、大安心。

| | コメント (0)

2018年8月13日 (月)

Brian Simpson 「Something About You」(2018)

Bsimpson somethingaboutyouブライアン・シンプソンの新作。シャナキー・レコードと契約した最初のアルバム「South Beach」(2010)から数えて、同レーベルから早くも5作目の作品。通算では、8枚目のソロ作品。「South Beach」以前というと、デビュー・アルバム「Closer Still」(1995)の後、「It's All Good」(2005)、「Above the Clouds」(2007)と、12年の間にわずか3作品のリリースだったから、近年の意欲的なリリースは、嬉しい限りだ。この新作も、シンプソンのピアノ・スタイルを高めた素晴らしい内容。今や、彼がスムーズジャズの領域で、間違いなくトップ・アーティストであることを証明する作品だ。
前作「Persuasion」(2016)は、スティーヴ・オリバーとの共作が「新機軸」だったけれど、今作もそのオリバーとのコラボを進化させた作品。全10曲中、オリバーとの共作は7曲。オリバーは、ギターの演奏はしていないが、楽曲の共作と、プログラミング演奏、共同プロデュースで関与している。残り3曲は、これも常連のオリバー・ウェンデル(キーボード)をサポートに迎えての作品となっている。
タイトル曲「Something About You」は、キャッチーなメロディーの佳曲。コーラスを配した色彩感豊かなサウンドは、スティーヴ・オリバーの手腕。「タメた」ステップを踏むかのような、ピアノ・フレージングは、シンプソンならではの美しい演奏。「Morning Samba」は、サンバのリズムに乗って、踊るようなシンプソンのフレージングが心地良い。「Mojave」は、ゲストのギター奏者ヤーロン・レヴィーのアコースティック・ギターと、シンプソンのピアノとのインタープレイが聴きもので、フェード・アウトするのが残念。「Irresistible」はチルアウトなムードの曲で、こちらでもレヴィーがゲストで演奏している。フラメンコ・スタイルのギターと、シンプソンのメランコリーなフレージングに引き込まれる演奏。「Chemistry」は、ゲストのトランペット奏者ロン・キングとの「会話」がブルージーな演奏。ロン・キングは、最後の曲「The Rainbow」でも演奏していて、こちらはミュート奏法で、ジャージーなムードのバラード曲。
今作品は、シンプソンのピアノを際立たせて、統一したムードに彩られている。ほとんど全曲のサポート・ミュージシャンが共通しているのが要因だろう。ギター(Darrell Crooks)、ベース(Alex Al)、パーカッション(Ramon Yslas)による、サポート隊の「いい仕事」は必聴だ。ドラムスがいないというのも興味深いところ。プログラム系の音色が主体になっている曲でも、ベースのオーガニックなグルーヴ感が、「隠し味」のように印象的だ。

| | コメント (0)

2018年8月 6日 (月)

Dave Muse 「Forgotten Journey」(2018)

Dmuse forgottenjourneyフルート奏者デイヴ・ミューズの「Firefall Revisited」は、彼が在籍していた「ファイアーフォール」時代の曲を再演して、ダイナミックなフルート演奏を披露した秀作だった。スタジオ録音のソロ作品としては、30年超ぶりという長いブランクを経ての3作目だったが、早くも、この新作がリリース。今回は、1曲のカバー演奏(レイ・チャールズの「Unchain My Heart」)を除いて、他全9曲はオリジナル曲で占められた意欲作。フルート演奏も、さらにパワーアップしたところを聴かせてくれる力作だ。プロデュースは、前作にも参加していた、キーボード奏者ロン・ラインハートとの共同制作。ほとんどの曲も、ミューズと共作している。ラインハートは、スムーズジャズ系のサポート・ミュージシャンで、リック・ブラウン、リチャード・エリオット、ピーター・ホワイトらと共演している。最近では、リック・ブラウンの「Around the Horn」のタイトル曲の共作者として、キーボード演奏でも参加していた。
タイトル曲の「Forgotten Journey」で始まる、パワフルなフルート演奏にガツンとやられるはずだ。ピアノのジャージーなフレージングや、タイトなリズム・セクション、アルバムを通して聴けるソリッドなアンサンブルが集約されたハイライト曲だ。「Over the Horizon」も、ラテン・ビートがヒート・アップするグルーヴがたまらない。「Love Will Find a Way」は、アコースティック・ピアノから始まるメランコリーなポップ・チューン。アンニュイな女性コーラスが美しい。「Que Sabor」は、ソロを取るギター奏者ジョージ・ガルシアという人の作曲。ホーン・セクションやピアノがファンキーな、ラテン・リズムの曲。エネルギッシュなフルートも印象的。「Twilight Delight」は、ファンクなダンシング・チューンで、ビートに乗るミューズのフルートが冴え渡る。
熱いラテン・ビートに、ポップなフレージングとグルーヴィーなアンサンブル。かつてのソフト・ロックのテイストも味わえる、素晴らしい作品だ。
ところで、ファイヤーフォールは、現在、全米で再結成ツアーを行っている。オリジナル・メンバーのマーク・アンデス(ベース)、ジョック・バートリー(ギター)と、もちろんデイヴ・ミューズも参加している。ファイヤーフォール名義としては久しぶりとなる、スタジオ録音のシングル「Nature's Way」もリリースしたばかり。その曲は、マーク・アンデスが、ファイヤーフォールの前に在籍したバンド「スピリット」時代の曲(オリジナルは1970年)の再演。ティモシー・B・シュミット(イーグルス)、ジョン・マクフィー(ドゥービーブラザーズ)も、レコーディングに客演している。ツアーでは、ファイアーフォール時代の曲に加えて、スピリット、マーシャル・タッカー・バンド(かつてミューズが在籍していた)のレパートリーも演奏しているという。もしかすると、アルバムをリリースするのかもしれない。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »