« Steve Oliver 「Illuminate」(2018) | トップページ | ポール・サイモンの評伝 ②:邦訳されている評伝 »

2018年8月27日 (月)

Nils 「Play」(2018)

Nils Playギター奏者ニルスの新作は、前作「Alley Cat」(2015)に続いて、クオリティを高めた秀作。ニルスのスリリングなギターが快走して、タイトなリズムやホーン・セクションと作るグルーヴは爽快だ。共作を含むオリジナル10曲はいずれも佳曲ばかりで、ニルスの作曲センスが光る。コンテンポラリーなR&Bスタイルの曲が際立っていて、今回多くの曲に参加しているジョニー・ブリット(ボーカル、キーボード、トランペット)の登用がハマっている。
「Coast to Coast」は、ハイライトなキャッチー・ナンバー。キレが良くて、セクシーなところも聴かせるニルスの魅力が発揮された曲。「Sway」は、ジョニー・ブリットのクールなトランペットが印象的な、スロウ・バラード。ニルスの、ブルージーなプレイも光っている。「Straight Down the Line」は、ホーン・セクションが盛り上がるファンキーなナンバー。キーボード奏者フィリップ・セスが客演。「Play It」は、ニルスとキーボード奏者ネイト・ハラシムが共作した、アタックのあるメロディが魅力の曲。ネイト・ハラシムも客演しているタイトなアンサンブルが聴きどころ。「California」は、サックス奏者スティーヴ・コールが客演した曲。コールのサックスが爽快だ。アルバム最後の曲「Fire of My Heart」は、新しい作風を感じさせる美しい曲。賛歌のように歌い上げるコーラスが印象的。ドラムスは、セッションドラマーとして有名な、サイモン・フィリップス。ドラマチックな、ドラミングに注目。
カバー曲は、「We Got Love」(ベイビーフェイス)と「Careless Whisper」(ワム!)の2曲。「Careless Whisper」といえば、例のサックス・ソロだが、ここではブランドン・ウィリスが聴かせてくれる。いずれも有名曲のカバーで存在感があるが、オリジナル曲だけでトップ級の作品。

« Steve Oliver 「Illuminate」(2018) | トップページ | ポール・サイモンの評伝 ②:邦訳されている評伝 »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Steve Oliver 「Illuminate」(2018) | トップページ | ポール・サイモンの評伝 ②:邦訳されている評伝 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」