« Gerald Albright 「30」(2018) | トップページ | Althea Rene 「Unstoppable」(2017) »

2018年9月29日 (土)

Freddy Cole 「My Mood is You」(2018)

Fcole mymoodジャズ・シンガー、フレディ・コールの新作。フレディ・コールは、ナット・キング・コールの実弟。ナットには、アイクとフレディの2人の弟がいる。ナット・キング・コールは、1965年に45才の若さで早逝。8才下の弟アイクも、ピアニストだったが、2001年に73才で鬼籍に入る。ナットの実娘、ナタリー・コールも、2015年に65歳で他界した。偉大な才能の早世はいつの時代も繰り返されるのだろうか。ナットを筆頭に、多くの音楽家を輩出しているコール家の、直系のフレディ・コールは、今も現役のシンガーだ。フレディは、ナットとは12才離れていて、もうすぐ、86才を迎えるはず。キャリアは、優に60年を超える、大ベテランだ。彼の歌声に、ナットの面影を探す向きもいるのかもしれないが、小気味のいいスウィングに乗って、語りかけるような、包容力に満ちた渋い歌声は、フレディーならではの味わいだ。伴奏陣は、いずれもジャズ正統派のミュージシャンで、エレガントでリリカルな演奏が聴きものだ。ジョン・ディ・マルティーノ(p)、ランディ・ナポレオン(g)、エリアス・ベイリー(b)、クワンタン・バクスター(dr)のカルテットは、フレディーの近年作品の常連で、気心が知れた関係に違いない、リラックスした演奏を聴かせてくれる。客演のサックス奏者ジョエル・フラームは、時に「動」的なフレージングを聴かせて、ムーディーなアンサンブルの中で、印象深いアクセントになっている。
アルバムの10曲は、著名曲とは限らず幅広い佳曲が並んでいて、興味を引く選曲だ。「They Didn't Believe Me」はフランク・シナトラ、「Temptation」はビング・クロスビー、の名唱が代表的なスタンダード曲。「My Heart Tells Me」、「The Lonely One」、の2曲は、ナット・キング・コールがレパートリーとしていた曲。特に、「The Lone One」は、ナットのジャズ超名盤「After Midnight」(1957)の中の1曲。ジャズ歌手レナ・ホーンがレパートリーとしていた曲からは3曲、「My Mood Is You」、「I'll Always Leave the Door a Little Open」、「Love Like This Can't Last」。特に、「My Mood Is You」の、自然に語るような歌い方はシビれるし、美的といっていい演奏が極上で、ハイライトな曲だ。「Almost in Love」はエルビス・プレスリーが歌った曲(1968)。注目は、「First Began」だろう。超ヒット・メーカーのバンド、マルーン5のメンバーでもある、PJモートンのソロ作品「Gumbo」(2017)からの曲。若い世代のソウル・アーティストの曲も、フレディー・コールは、スタンダード・ジャズのように歌い上げて、違和感など無く、新鮮で素晴らしい。アルバム最後の「Marie」も、非ジャズの曲で、シンガー・ソング・ライターのランディ・ニューマンのアルバム「Good Old Boys」(1974)の1曲。ランディ・ニューマンを取り上げて、ジャズの解釈で歌うのだから、なんとも粋ではありませんか。
芳醇で味わい深いフレディー・コールのボーカルと、心地いいムード・ジャズ系の演奏。これぞ極上のスムーズ・ミュージックですな、大推薦の作品。

|

« Gerald Albright 「30」(2018) | トップページ | Althea Rene 「Unstoppable」(2017) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Gerald Albright 「30」(2018) | トップページ | Althea Rene 「Unstoppable」(2017) »