« Kayla Waters 「Coevolve」(2018) | トップページ | Jeff Lorber Fusion 「Impact」(2018) »

2018年11月25日 (日)

Bob Baldwin 「Bob Baldwin Presents Abbey Road and the Beatles」(2018)

Bbaldwin abeyroadボブ・ボールドウィンは、キーボード奏者である一方、10年前からラジオ番組を制作して、自らホストDJを務めている。「New Urban Jazz Lounge」というその番組は、今では全米40を超えるステーションで放送されている人気番組だ。彼の提唱する「ニュー・アーバン・ジャズ」とは、”伝統的なジャズの様式に敬意を払い、ブラジル音楽とアーバンなフレーバーをブレンドした、コンテンポラリー・ジャズの形である。”と定義付けている。その番組は、ボールドウェインのホーム・ページで、ストリーミング配信されているので、ぜひ一聴されたし。
さて、ボールドウィンの新作は、デビュー作「A Long Way to Go」(1988)から数えてキャリア30年目を記念する、ビートルズ・ソング集である。ビートルズの名曲10曲が、「ニュー・アーバン・ジャズ」な演奏曲に生まれ変わり、目(耳だね)を見張る作品集になった。


ファンキーなベースのリズム・リフで始まるイントロが意表を突く「Yesterday」は、対照的にほぼ原曲に忠実なボールドウィンのピアノと相まって、魅力的な演奏。ちなみに、「Yeasterday」は、ボールドウィンのお気に入りのビートルズ・ナンバーのようで、つい前作「The Brazilian-American Soundtrack」(2016)でも、同曲を演っているし、20年以上前の「For You」(1994)というアルバムにも、同曲が収録されている。「Imagine」も、編曲が白眉な1曲。都会的なR&Bグルーヴに飾られた演奏は、オリジナルとはまるで別もの。ユージ・グルーヴのソプラノ・サックスと、ボールドウィンのピアノのインタープレイが美しい、ベスト・トラック。「And I Love Her」は、忠実にオリジナル・メロディーを奏でるボールドウィンのピアノが聴きもの。ほぼリズム・セクションだけの、シンプルなアレンジで、終始リリカルなピアノに心惹かれる。「Michelle」も、オリジナル・メロディーは忠実に、主旋律以外のフレージングが独自なメロディに飾られたアレンジが素晴らしい。「Don't Wanna Be (The Fool on the Hill)」ではシー・シー・ペニンストン、「My Love」ではロリ・ウィリアムズ、のいずれも女性ボーカリストを迎えて、アダルト・オリエンテッドなムードの曲に変身。
10曲のビートルズ・ナンバー(「Something」はインストとボーカルの2バージョンが入っている)に加えて、ボールドウィンのオリジナルの「Abbey Road」という曲が入っている。ゲスト・ボーカルは、ロリ・ウィリアムズ。”アビー・ロード、その音楽は決して古びない。美しきアビー・ロードは、永遠のサウンド。”と歌われる。歌詞には、レノン、ポール、リンゴ、ジョージ、なんとヨーコまで登場。Come Together、Let It Be、Here Come the Sun、などの曲名も歌われる。メロウで、アーバンなR&Bメロディーに乗っての、「ビートルズ大賛歌」なのである。

« Kayla Waters 「Coevolve」(2018) | トップページ | Jeff Lorber Fusion 「Impact」(2018) »

キーボード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Kayla Waters 「Coevolve」(2018) | トップページ | Jeff Lorber Fusion 「Impact」(2018) »