« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の記事

2019年2月24日 (日)

Philippe Saisse Trio 「On The Level !」(2017)

Onthelevelフィリップ・セスは、80年代後半から活躍する、フランス出身のキーボード奏者。奏者に限らず、作曲家、アレンジャー、プロデューサーとして、ジャズだけでなく、ポップスや映像作品など、活動は広範囲に及ぶ。多くのアーティストと共演も多いが、ソロ名義の作品も、デビュー作「Valerian」(1988)から7作品を数える。近年のソロ作品、「At World's Edge」(2009年)は、2011年グラミー賞コンテンポラリー・ジャズ・アルバム部門のノミネートに選ばれている。その後、ピアノ・ソロによるクリスマス企画作品「Dorian's First Christmas」(2012)を挟んで、およそ7年ぶりとなるオリジナル新作がこの作品。トリオ名義とはいえ、セスが、カバー1曲を除く全9曲の作曲(共作も)、編曲、プロデュースを手がけた、彼のオリジナリティが発揮された作品。

セス率いる、スクータ・ワーマー(ドラムス)、デヴィッド・フィンク(ベース)から成るトリオは、かつて、2006年に「The Body and Soul Sessions」という作品があり、今回の作品は、同メンバーで10年ぶりの新作ということになる。ちなみに、同3人によるトリオは、「アコースティック・トリオ」の名義で、「My Favorite Songs: Contemporary Mood」(2000)、「My Favorite Songs: Classic Mood」(2001)と、女性ボーカリストのケリー・サエが加わった「Ready To Go」(2003)という、日本でリリースされた作品もある。

続きを読む "Philippe Saisse Trio 「On The Level !」(2017)" »

2019年2月16日 (土)

Jim Kimo West 「Moku Maluhia: Peaceful Island」(2018)

Peaceful island第61回グラミー賞が発表された。先日、ノミネート作品を紹介した「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」部門は、スティーブ・ガッドの「Steve Gadd Band」が受賞。およそ80に迫る、膨大なカテゴリーを網羅するグラミー賞だが、純粋たるスムーズ・ジャズ系の作品もアーティストも、今回(も、)ほとんど見当たらない。ジャズやポップスの亜流とでも、思われてるのだろうか。売上が物差しのビルボードの方では、昨年度の「ジャズ・アルバム」のベスト・リストには、ボニー・ジェイムスブライアン・カルバートソンデイブ・コーズ、といったスムーズ・ジャズの作品とアーティストが、上位に入っているのに。アカデミー委員は、どのカテゴリーでも、多様性や社会的な影響力を含めた、芸術性を視点に選んでいるのだろう。スムーズ・ジャズのように、分かりやすくて、BGMとしても日常的な音楽は、陽が当たらないということなのか。

とは言え、グラミー賞の各部門のノミネートや受賞リストから、スムーズ・ジャズでなくとも、興味深い作品を見つけるのは楽しくもある。これは、そんな、印象的な作品。

続きを読む "Jim Kimo West 「Moku Maluhia: Peaceful Island」(2018)" »

2019年2月12日 (火)

Jazz Funk Soul 「Life And Times」(2019)

Lifeandtimesジャズ・ファンク・ソウル(以下JFS)の新作は、急逝したギター奏者チャック・ローブの替わりとして、ポール・ジャクソン・ジュニアを迎えて再出発となる注目作。ジェフ・ローバー、エヴァレット・ハープに、ローブが組んだスーパー・トリオは、「Jazz Funk Soul」(2014)、「More Serious Business」(2016)の2作品を残して、ローブが逝ってしまい、バンドの継続を心配していたファンにとって、これはまさに朗報。

ジャクソンJRは、ジェフ・ローバー・フュージョン(JLF)では、近年作品のほとんどでサイド・マンとして参加しているほどに、ローバーとは交流の深いギタリストなので、このユニットでの親和性は疑いようが無い。JLFが、かなり尖ったインタープレイを特色とするユニットなら、このJFSは、ポップなグルーヴが特色と言える。こちらは、エヴァレット・ハープがキー・マンで、彼の書くポップな楽曲と、サックスのメロディアスなフレーズが、このユニットの特色を際立たせている。ジャクソンJRは、スウィンギーなギターを弾く人だから、相性は文句なし。

続きを読む "Jazz Funk Soul 「Life And Times」(2019)" »

2019年2月 9日 (土)

「母と子の絆」(ポール・サイモン)は、「ヴェトナム」(ジミー・クリフ)のアンサー・ソングでは?

Paulsimonポール・サイモンの「母と子の絆(Mother and Child Reunion)」と、ジミー・クリフの「ヴェトナム(Vietnam)」の、関連について、個人的な考察です。

2012年7月15日、ポール・サイモンはイギリスのハイド・パークで野外コンサートを行いました。サイモンが、「僕の個人的なヒーローを紹介します」と言って、ジミー・クリフがゲストで登場。2人で、「ヴェトナム」と「母と子の絆」を、まるでメドレーのように歌いました。(そのライブ盤「The Concert in Hyde Park」は、コンサートから5年後にリリースされました。)2人の共演は感動的なサプライズでしたが、歌われた2曲のストーリーが、密接にリンクしていることに多くの観客が注目したはずです。この2曲の繋がりで、「母と子」の解釈がやっと分かったように思えます。サイモンの「母と子」は、クリフの「ヴェトナム」に触発されて作った可能性が高く、そのサイモンの曲は、クリフの曲への「アンサー・ソング」であるとさえ思うのです。

続きを読む "「母と子の絆」(ポール・サイモン)は、「ヴェトナム」(ジミー・クリフ)のアンサー・ソングでは?" »

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだ新譜を中心に紹介します。
    番外編は、ミュージック本の紹介など。

    Since 2011 by UGASAI