« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の3件の記事

2020年4月25日 (土)

The Smooth Jazz Alley 「Let's Ride」(2020)

ザ・スムーズ・ジャズ・アレイは、サンフランシスコを拠点に活動する2人組のユニットです。

キーボード奏者マルコ・モントーヤ(Marco Montoya)とギター奏者スタン・エヴァンス(Stan Evans)が、2016年に第1作『Been A Long Time Comin』をリリース。その後エヴァンスと入れ替わりに、ドラム奏者ケヴィン・ルイス(Kevin Lewis)が参加しました。第2作となる本作は、モントーヤとルイスによる新生ユニットの新作です。

ゲストは、キエリ・ミヌッチ(ギター)、ジョエル・デル・ロザリオ(ギター)、アンディ・スニッツアー(サックス)、レブロン(サックス)、エリック・マリエンサル(サックス)、トニー・ゲレロ(トランペット)、ロバート・バレー(ベース)、マット・ゴーディナ(プロデュース/ギター)など、スムーズジャズ・ファンには馴染みの深い代表的なアーティストが多数参加しています。
第1作のメンバーであったスタン・エヴァンス(ギター)も半数の曲で、共作と演奏に参加しています。

続きを読む "The Smooth Jazz Alley 「Let's Ride」(2020)"

| | コメント (3)

2020年4月12日 (日)

Roman Street 「Balcony of the World」(2020)

ローマン・ストリートは、トンプソン兄弟(ジョシュとノア)によるギター・デュオです。フラメンコをベースに、ラテン系の音楽、ジャズやポップスを取り込んで、ギター2本で表現する気鋭の二人組。

現代的なフラメンコ、いわゆる「ニュー・フラメンコ」の世界には、ギター2本による達人デュオが何組もいます。例えば、ララ&レイズ(Lara & Reyes)、ヤング&ロリンズ(Young & Rollins)は、両組とも2000年初頭に活躍したユニット。ストランズ&ファラ(Strunz & Farah)は、現役で活動中の二人組。いずれもアメリカ出身ユニットで、2本ギター、フラメンコのクロスオーバーという音楽スタイルは共通で、ローマン・ストリートの二人にとっての”ロール・モデル”でしょう。

先人の3組は、ギターの至芸をアピールする、まさにヴァチュオーゾの演奏が魅力ですが、ローマン・ストリートの二人はポップス寄りのソフィスティケートな音楽性が魅力です。わたしも、彼らの音楽には強く惹かれています。ポップなセンスもあり、ソフトな音像でもグルーヴを感じます。

続きを読む "Roman Street 「Balcony of the World」(2020)"

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

Four80East 「Straight Round」(2020)

カナダのトロントを拠点に活動する二人組(ロブ・デボール、トニー・グレイス)、「Four80East(フォー・エイティ・イースト)」の新作です。1997年の『The Album』を皮切りに、エレクトロ系のコンテンポラリー・ジャズ・ユニットとしてユニークな作品を発表しています。

エレクトロ系と形容してもその音楽性は、一筋縄ではいかないところが、このユニットのユニークなところです。とりわけ前作『Four on the Floor』(5曲入りEP)では、全編ダンス・グルーヴが扇動する圧巻の“フロア・ミュージック”でした。

この新作は、前作のダンス・グルーヴは引きずらないで、本来のアバンギャルドな音楽性が発揮された作品です。一見(聴)、エレクトロ系のミニマリズムに覆われていますが、ソリッドなグルーヴが充実した秀作です。

続きを読む "Four80East 「Straight Round」(2020)"

| | コメント (2)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »