« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の3件の記事

2020年5月23日 (土)

Skinny Hightower「Blue Moon」(2020)

スキニー・ハイタワーの前作『Retrospect』(2018)は、みなぎる創造力が溢れた力作で、強く印象に残ったアーティストでした。この新作は、CDで二枚組、全24曲のボリュームで、さらなる音楽性の才気煥発に圧倒されます。
全曲が新作オリジナルで、編曲からキーボードを中心にほとんどの演奏を、ハイタワーがこなしています。

本人のホーム・ページには、興味深い制作経緯が書き綴られています。それによると、前作の後、うつ状態に悩んだことを明らかにしています。愛妻が所有していたレコード・コレクションを聴き込んで救われたといいます。ウォー、アイザック・ヘイズ、アース・ウィンド&ファイアー、カーティス・メイフィールド、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、といった70年代の名作の数々でした。全てを深く聴き、感動とともに自分を取り戻したと。それらの楽曲を分析することに至り、その後最終的に100曲をレコーディングしたそうです。その中から、本作の24曲が選ばれました。

全曲が、一気呵成で創られたエネルギーにあふれています。サウンドは粗削りなテクスチャーを感じますが、湧き出す発想を記録したリアリティが迫ります。聴き込んだという名作のエッセンスに気が付きますが、オマージュではなく、消化して生み出されたオリジナリティに他なりません。

続きを読む "Skinny Hightower「Blue Moon」(2020)"

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

Nils 「Caught In The Groove」(2020)

ニルスの新作は、非の打ちどころがない傑作です。10作目となるソロ・アルバムは、全12曲、カヴァー曲なし、自作オリジナルで固めた会心の作品。

演奏陣は、ミッチ・フォアマン(キーボード)、ジョニー・ブリット(キーボード、コーラス、ホーン・セクション)、ダリル・ウィリアムス(ベース)、クリデン・ジャクソン(コーラス、キーボード)、オリバー・C・ブラウン(パーカッション)など、前作『Play』(2018)でも参加していた布陣が中心です。

演奏陣の創るサウンドは隙がなく緻密ですが、今回はゲストの独奏はほとんどなく、終始にわたりニルスのギター演奏が主役として躍動します。オーガニックなリズム・セクションに、ホーン・セクションやシンセを配したアレンジは絢爛で、ヒット・ポップスのように均整のとれたサウンド。ニルスのギターは、派手にテクニックをひけらかすのではなく音色の変化を繰り出して魅力的です。シャープな音粒や、スイングするコード・ストローク、エコーによるトリップ感など、惹き込まれるディテールが途切れません。

続きを読む "Nils 「Caught In The Groove」(2020)"

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

Keith McKelley 「Liquid Smoke」(2020)

キース・マッケリーは、ロサンゼルスを拠点に活動するサックス奏者です。サイド・マンとして、ボブ・ジェームス、マーカス・ジョンソン、アダム・ホーリーなど多くのミュージシャンと共演をこなしています。

自身の作品は、『Keith McKelley』(2010)、『Eclectic Christmas』(2011)の2枚のアルバムを発表。シングルのみの「Serpentine Fire」(アース・ウインド&ファイアー)は、なかなか豪快なカヴァー演奏で強烈に記憶に残りました。この新作は、久しぶりのフル・アルバムです。

詳細なクレジットは不明ですが、ゲストには、ボブ・ジェームス、ハービー・メイソン、カル・ハリス・ジュニアアダム・ホーリー、ダン・ウィルソン(ギター)などを迎えています。パワフルなブロウ・スタイルのサックスを主役に、シンセや多様な音色による重層な音像で固めた意欲作です。

続きを読む "Keith McKelley 「Liquid Smoke」(2020)"

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »