« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月の3件の記事

2020年7月26日 (日)

Boney James 「Solid」(2020)

サックス奏者ボニー・ジェイムスのアルバム・タイトルは、ワン・ワードが多いのです。

デビュー作「Trust」(1992)から始まり、「Backbone」(1994)「Seduction」(1995)と続いて。8作目の「Ride」(2001)「Pure」(2004)「Shine」(2006)。13作目が「Contact」(2011)、定冠詞が付きますが「The Beat」(2013)に、「Futuresoul」(2015)「Honestly」(2017)。

そして、ソロ17作目の今回の新作は、「Solid」です。17作中11作がワン・ワードのタイトルは、ジェイムスなりのこだわりでしょうか。

今回の新作は、共作を含めたオリジナル11曲。「Futuresoul」から、ジェイムスのサウンドは、バラードを中心に、サックスのソウルフルな感情表現を突き詰めているようです。クールな味わいは、「Honestly」と今作も連続性を感じます。

「Futuresoul」から参加している、ジャイラス・モジー(Jairus Mozee)の影響が大きいのでしょう。モジーは、ネオ・ソウル系の気鋭のギタリスト/プロデューサー。ネオ・ソウル・シーンの注目アーティスト、BJザ・シカゴ・キッド、ジル・スコット、アンダーソン・パック、エリック・ベネイらと共演/プロデュースに深く関わっている気鋭のアーティストです。

続きを読む "Boney James 「Solid」(2020)"

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

Charlton Singleton 「Date Night」(2020)

ランキー・タンキー(Ranky Tanky)は、アメリカ、サウスカロライナ州チャールストンを拠点に活動する5人組のバンド。「ガラ」(Gullah)と呼ばれるアメリカ南部の伝統的音楽をジャズのアンサンブルで演奏しています。

『Ranky Tanky』(2017)でアルバム・デビュー。2作目の『Good Time』が、第62回(2019)グラミー賞「ベスト・リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム」を受賞しました。ジャズ・シーンで 注目のバンドです。

ランキー・タンキーのメンバーのひとり、チャールトン・シングルトンは1971年生まれのトランペット奏者。バークレー音楽大学を卒業した、アカデミックな音楽経歴を持つジャズ・ミュージシャンです。チャールストン拠点のスウィング・ジャズ・バンド「チャールストン・ジャズ・オーケストラ(CJO)」の音楽監督と指揮者を、バンド創設(2008)からおよそ10年間にわたり務めていました。

トランペット奏者としてのソロ・アルバムは、「Delicate」(2015)「Soul Cavern」(2013)「The New Deal」(2011)を発表しています。この新作が4作目です。

続きを読む "Charlton Singleton 「Date Night」(2020)"

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

Oli Silk 「6」(2020)

オリ・シルクの新作です。『Where I Left Off』(2016)に続くソロ”6”作目。

ゲストは、ヴィンセント・インガラ(サックス)、ジェラルド・アルブライト(ベース)、キエリ・ミヌッチ(ギター)、ジェフ・カシワ(フルート)、ダーレン・ラーン(サックス)、エル・カトー(女性ボーカリスト。ロレイン・カトーの名前で、ジャミロクワイやリサ・スタンスフィールドインコグニートなどのバック・ボーカルを務めていた人)を迎えています。常連の、マーク・ハイメス(ギター。かつてシンプリー・レッドにも参加していた人)、ゲイリー・オナー(サックス)らも脇を固めています。

曲ごとに多彩なゲストを迎えての音作りは、シルクの近年作品の手法です。『Razor Sharp Brit』(2013)からは、多くのメジャー級アーティストをフィーチャーしてきました。ゲストを固めて厚いサウンドを作るというより、ゲストとのレスポンスを重視したインタープレイが特徴といえます。

続きを読む "Oli Silk 「6」(2020)"

| | コメント (2)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »