カテゴリー「グループ」の68件の記事

2019年8月25日 (日)

ピーセス・オブ・ア・ドリームの復習

ピーセス・オブ・ア・ドリームは、故郷フィラデルフィアの学生、ジェームス・ロイド(キーボード)、カーティス・ハーモン(ドラムス)、セドリック・ナポレオン(ベース)の3人が組んだアマチュア・バンドだった。10代のバンド結成(75年)から活動は通算40年を超えて、アルバムは20作品を数える。メンバー編成や音楽性は変容を経てきたが、今でもオリジナル・メンバーのロイドとハーモンの2人で活動するスムーズジャズ界屈指のレジェンド・バンドである。

Adream
Pieces Of A Dream (1981)

アマチュア時代にバンド名はいくつかの改名を経て、最終的にそのユニークな名前に決定。ロイドが語っているところによると、その名前はサックス奏者スタンリー・タレンタインの曲「Pieces of Dreams」のスピンオフ(ひねり)で、夢(ドリーム)を実現した3人(ピーセス)という意味を込めたそうだ。

ちなみに、タレンタインは同曲をタイトルにしたアルバム(74年)をリリースしているが、同曲はカバー演奏である。オリジナルは、ミッシェル・ルグランが作曲したアメリカ映画(邦名「美しき愛のかけら」70年)の主題歌。作詞はアランとマリリン・バーグマン夫妻、歌ったのはペギー・リーで、受賞は逃したがアカデミー賞主題曲賞にノミネートされた名曲。その曲は彼らのレパートリーだったのかもしれない。

ミドル・スクールの学生だった3人は地元フィラデルフィアのテレビ・ショウのバック・バンドに抜擢される。ゲスト出演したデイヴ・ヴァンレンタインや、ジェリー・バトラー、クラーク・テリー、グローバー・ワシントン・ジュニアといったスター・ミュージシャンの伴奏を務めた。その後3人は、ある日老舗ジャズ・クラブ「ビジュー」で前座演奏をする。その時、観客で来ていたグローバー・ワシントン・ジュニアが彼らの演奏に飛び入り、「Mr.Magic」(ワシントン・ジュニアの代表曲)を共演する。ロイドが15か16歳、他2人が17か18歳だったという。ワシントン・ジュニアの『Live At The Bijou』(77年)というアルバムは、その場所「ビジュー」でのライブ盤である。

その後、彼らを気に入ったワシントン・ジュニアが、自身のプロダクションに3人をスカウトしてプロ・デビューに至る。ワシントン・ジュニア自らプロデュースしてエレクトラ・レーベルからデビュー・アルバム(81年)をリリース。この時3人はまだハイスクールの学生だった。その後もワシントン・ジュニアがプロデュースして合計3枚のアルバムをリリースした。

まさにバンド名に込めたように、弱冠10代ではなばなしくプロ・デビューに至った幸運は3人にとってまさに夢がかなったのだった。

続きを読む "ピーセス・オブ・ア・ドリームの復習"

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

The Braxton Brothers 「Higher」(2018)

Higher

サンフランシスコ出身のザ・ブラクストン・ブラザースは、双子の兄弟、ネルソン(ベース)とウェイン(サックス)のデュオ・ユニットだ。デュオとして、『Steppin Out』(1996)、『Now & Forever』(1999)、『Both Sides』(2002)、『Rollin’』(2004)、『True Love』(2013)の5枚のアルバムをリリースしている。6枚目となるこの新作は5年ぶりの作品ということになる。

久しぶりの新作は、2人の原点回帰を思わせる作品。デビュー当初から、メロウなRB/スムーズジャズ・ユニットというスタイルだったが、前作ではボーカル(Chandlar)やラップ(Clister)をフューチャーして、ピップホップな方向転換の作品だった。この新作は、メロウなグルーヴに溢れた演奏作品で、その点で『Rollin’』以来14年ぶりのスタイルに回帰したといえる。

 

続きを読む "The Braxton Brothers 「Higher」(2018)"

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

Pieces Of A Dream 「On Another Note」(2019)

Anothernoteジェームス・ロイド(キーボード)とカーティス・ハーモン(ドラムス、キーボード)の2人によるピーセス・オブ・ア・ドリームの新作。

全10曲は、ロイド作の楽曲、プロデュースによる4曲。ハーモン作(共作含む)の楽曲、プロデュースが4曲。ロイドとハーモン2人による共作とプロデュースが2曲、という構成。1曲目「On Another Note」とラストの10曲目「Last Call」は、2人の共作楽曲で、やっぱりこの2曲がハイライト。

ロイドの楽曲は、彼らしいロマンティックなムードの曲が聴きどころ。「Take Me There」は、メロウ・メロディを奏でるロイドのピアノ・ソロのバラード。「Floating」はサックスとアコースティック・ギターがムードを盛り上げるミディアム・テンポのマイナー曲。他の2曲、「Images of Peace」も「Rolling Along」もキャッチーなフレーズが印象的な曲。こういうポップな曲がロイドの持ち味だ。

続きを読む "Pieces Of A Dream 「On Another Note」(2019)"

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

Philippe Saisse Trio 「On The Level !」(2017)

Onthelevelフィリップ・セスは、80年代後半から活躍する、フランス出身のキーボード奏者。奏者に限らず、作曲家、アレンジャー、プロデューサーとして、ジャズだけでなく、ポップスや映像作品など、活動は広範囲に及ぶ。多くのアーティストと共演も多いが、ソロ名義の作品も、デビュー作「Valerian」(1988)から7作品を数える。近年のソロ作品、「At World's Edge」(2009年)は、2011年グラミー賞コンテンポラリー・ジャズ・アルバム部門のノミネートに選ばれている。その後、ピアノ・ソロによるクリスマス企画作品「Dorian's First Christmas」(2012)を挟んで、およそ7年ぶりとなるオリジナル新作がこの作品。トリオ名義とはいえ、セスが、カバー1曲を除く全9曲の作曲(共作も)、編曲、プロデュースを手がけた、彼のオリジナリティが発揮された作品。

セス率いる、スクータ・ワーマー(ドラムス)、デヴィッド・フィンク(ベース)から成るトリオは、かつて、2006年に「The Body and Soul Sessions」という作品があり、今回の作品は、同メンバーで10年ぶりの新作ということになる。ちなみに、同3人によるトリオは、「アコースティック・トリオ」の名義で、「My Favorite Songs: Contemporary Mood」(2000)、「My Favorite Songs: Classic Mood」(2001)と、女性ボーカリストのケリー・サエが加わった「Ready To Go」(2003)という、日本でリリースされた作品もある。

続きを読む "Philippe Saisse Trio 「On The Level !」(2017)"

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

Jazz Funk Soul 「Life And Times」(2019)

Lifeandtimesジャズ・ファンク・ソウル(以下JFS)の新作は、急逝したギター奏者チャック・ローブの替わりとして、ポール・ジャクソン・ジュニアを迎えて再出発となる注目作。ジェフ・ローバー、エヴァレット・ハープに、ローブが組んだスーパー・トリオは、「Jazz Funk Soul」(2014)、「More Serious Business」(2016)の2作品を残して、ローブが逝ってしまい、バンドの継続を心配していたファンにとって、これはまさに朗報。

ジャクソンJRは、ジェフ・ローバー・フュージョン(JLF)では、近年作品のほとんどでサイド・マンとして参加しているほどに、ローバーとは交流の深いギタリストなので、このユニットでの親和性は疑いようが無い。JLFが、かなり尖ったインタープレイを特色とするユニットなら、このJFSは、ポップなグルーヴが特色と言える。こちらは、エヴァレット・ハープがキー・マンで、彼の書くポップな楽曲と、サックスのメロディアスなフレーズが、このユニットの特色を際立たせている。ジャクソンJRは、スウィンギーなギターを弾く人だから、相性は文句なし。

続きを読む "Jazz Funk Soul 「Life And Times」(2019)"

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

Acoustic Alchemy 「33 ⅓」(2018)

Aalchemy 33 1 3アコースティック・アルケミーの新作。「Roseland」(2011)から、7年ぶりのスタジオ録音作品。アコースティック・アルケミーは、デビュー以来のオリジナル・メンバーであるグレッグ・カーマイケル(ナイロン・ギター)と、マイルズ・ギルダーデイル(スチール・アコースティック・ギターとエレキ・ギター)、2人のギタリストによるユニット。近年は、固定メンバーとして、フレッド・ホワイト(キーボード)、ゲイリー・グレインジャー(ベース)、グレッグ・グレインジャー(ドラムス)を従えたバンドで活動しているようだ。このメンバーが、前作に引き続き、この新作でも録音に参加している。2014年に出した「Live in London」も、この5人のバンドによるライブ盤だ。

続きを読む "Acoustic Alchemy 「33 ⅓」(2018)"

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

Jeff Lorber Fusion 「Impact」(2018)

IMPACTジェフ・ローバーと、ジミー・ハスリップに、サックス奏者アンディ・スニッツアーが加わった新生ジェフ・ローバー・フュージョンの新作は、同メンバーとしては、「Prototype」(2017)に次ぐ2作目。「Prototype」は、第60回グラミー賞の「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」を受賞した作品。
グラミー賞受賞というムードも反映して、前作以上にメンバーの意思疎通とリラックス感が、奔放に発揮された作品となった。3人に加えて、ドラムスはゲイリー・ノバック、ギターはポール・ジャクソン・ジュニア、といった前作に引き続いてのサポート陣と、安定感のあるアンサンブルを聴かせてくれる。

続きを読む "Jeff Lorber Fusion 「Impact」(2018)"

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

Yellowjackets 「Raising Our Voice」(2018)

Yjackets raisingourvoiceラッセル・フェランテ(p)、ボブ・ミンツアー(sax)、ウィリアム・ケネディ(dr)、デーン・アンダーソン(b)、の4人による、イエロージャケッツの新作は、ブラジル出身のボーカリスト、ルシアーナ・ソウザをゲストに迎えた意欲作だ。ジャケットの写真は、ソウザがイエロージャケッツの新メンバーになったかのような扱いなので、ちょっとびっくり。実際は、ソウザが参加したのは13曲中7曲で、残りの6曲は、バンドのインスト演奏曲なのだが、彼女の参加でアルバム全体に新鮮なムードが満ちた内容だ。
イエロージャケッツは、過去作品でも、マイケル・フランクスボビー・コードウェル、テイク・シックス、ボビー・マクファーリンといったボーカリストをゲストに迎えたことがあるし、1998年のアルバム「Club Nocturne」は、カート・エリング、ブレンダ・ラッセル、ジョナサン・バトラー、ジノ・ヴェネリ、といった複数のボーカリストをフューチャーした作品だった。今作のソウザのように、アルバムの大半を1人のボーカリストが務めるというのは画期的。ソウザとは、過去に共演していたのかと思いきや、今回が初めてのようだ。接点は、ラッセル・フェラントと、ソウザの旦那さんでプロデューサーのラリー・クラインらしい。ラリー・クラインは、以前はジョニ・ミッチェルのプロデューサーであり、パートナーであった人。フェラントも、ジョニ・ミッチェルと共演していたということもあり、2人の旧知の縁から、ソウザの参加に至ったようだ。
ソウザが参加した7曲の内、3曲はジャケッツの過去曲の再演。「Man Facing North」と「Solitude」は、1992年のアルバム「Like A River」収録曲。「Timeline」は、2011年アルバムのタイトル曲。彼女の、透明感のある声質、器楽的でテクニカルなスキャットが加わり、新鮮な再演となり、このコラボの成功を示している。ソウザが参加した新曲「Mutuality」(ラッセル・フェランテ作曲)は、ベスト・トラックの1曲。バロックのような室内楽的でロマンチックな曲想で、フェランテのピアノ、ミンツアーのソプラノ・サックス、ソウザのスキャットが交差するインタープレイが美しい。CDのライナーノーツによると、タイトルはマーティン・ルーサー・キング牧師のスピーチから得たという。その言葉とは、「All men are caught in an inescapable network of mutuality」、つまりは「すべての人は相互依存から逃れる事はできない」ということ。今の危惧すべき世界の動静には、曲作りで抵抗の声を上げることが必要ではないのか、というメッセージを込めたという。アルバムのタイトルにこそ、同じメッセージが読み取れる。
4人による、イエロージャケッツとしてのインスト演奏も注目だ。新ベーシストのデーン・アンダーソンとしては、前作「Cohearence」(2016)から2作目の作品だが、彼のペンによる曲を初めて3曲提供している。その内の1曲「Brotherly」は4人のアンサンブルがスリリングなコンテンポラリー・ジャズ曲。アンダーソンの重厚なベース・プレイが光っていて、かつてのジミー・ハスリップの抜けた穴を埋める才能だと期待したい。ボブ・ミンツアー作曲の「In Search Of」と「Strange Time」は、いずれもストレート・アヘッドなジャズ曲。ジャケッツが、ジャズ・バンドとして、変わらずトップ級である演奏を堪能できる。「Strange Time」は、変拍子のような曲で、複雑系のリズムで、スウイングするアンサンブルは、これぞジャケッツならではという演奏。
ちなみに、ほぼ同じくしてリリースされた、ルシアーナ・ソウザの新作アルバム「The Book of Longing」も、素晴らしい作品。ギターとベースのみをバックに歌った作品で、プロデュースはもちろんご主人のラリー・クライン。レナード・コーエン作品にインスパイアされて作った曲が中心だという。言葉をかみしめるような彼女の歌唱と、バックの演奏に引き込まれてしまう。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

Greg Adams and East Bay Soul 「Conversation」(2018)

Conversation_2

トランペット奏者グレッグ・アダムスは、西海岸のファンク・バンド「タワー・オブ・パワー」のデビュー(1970年)から90年代初めまで中核メンバーであった人。1995年にソロ・デビュー(「Hidden Agendas」)して以来、2006年まで4枚のソロ作品をリリースしている。彼が率いる「イースト・ベイ・ソウル」は、2009年に「East Bay Soul」でデビューした10人編成のバンドだ。その後、「East Bay Soul 2.0」(2012)、「That's Life」(2015)をリリースして、今作が最新アルバム。編成的には「タワー・オブ・パワー」を彷彿とする、ホーン・セクションが中心となったバンドだけれど、パワフルなホーンのインパクトというより、R&Bをベースにした比較的クールなサウンドが特徴だろう。特に、今作は今まで以上にジャズのムードで、洗練されたアンサンブルが秀逸な作品。 M1「Look Book」は、タイトなリズム・セクションがダンサブルで、グレッグ・アダムスの枯れたフレージングが浮遊するファンキーな曲。M2「Conversation」は、レイド・バックしたムードがクールで、ビック・バンド・ジャズのアプローチを感じさせる曲。M7「Possibilities」は、ホーン・セクションが聴きどころの、ハイライト曲。ギター(マツモト・ケイタ)の終始続くカッティング・プレイがなんともファンキーで聴かせてくれる。M8「Send」は、グレッグ・アダムズのフリューゲルホーンを堪能できるキャッチーな曲で、スウィングするピアノ(ニック・ミロ)のアドリブも聴きどころ。 M3「Quiet Scream」は、ストリングスも入るムーディーな曲で、テナーサックス奏者ダリル・ウォーカーが「唄う」ボーカル曲。ダリル・ウォーカーは、テナーサックス奏者としてホーン・セクションにいるのだけれど、いわゆる「二刀流」で歌っていて、AOR的な歌声で、なかなかのシンガーぶりだ。M9「Where Do We Go from Here」の美メロ・バラード曲では、ノスタルジックな歌声で、スタンダード・ポップスのようなドラマチックな歌い方を披露するし、M10「Try a Little Tenderness」は、オーティス・レディングの名曲のカバーで、ソウルフルな熱い歌いっぷりを聴かせてくれる。ファースト・アルバムの「East Bay Soul」は、複数のゲスト・シンガーを迎えた作品で、ウォーカーの歌は1曲だけだったが、以降の作品では彼のボーカルだけをフューチャーして、今やこのバンドのサウンドに欠かせないシンガーになっている。グレッグ・アダムスは、おそらく70歳で、古希になろうかというベテラン・プレイヤーで、いまだに活発な演奏が聴けるのが嬉しい。ちなみに、タワー・オブ・パワーの方も、50周年を迎えていまも活動中で、エミリオ・カスティーヨ(サックス)やステファン・クプカ(バリトン・サックス)といった結成時からのオリジナル・メンバー多数が中心というから、まさにシルバー世代の、レジェンドなバンドだ。彼らの新作アルバム「Soul Side of Town」は、じきにリリース予定、そちらも聴かねばなるまい。

|

2017年12月 9日 (土)

Pieces of a Dream 「Just Funkin' Around」(2017)

Funkin_around

この数ヶ月、ヘビー・ローテーションになって、飽きもせず聴いているのが、このピーセス・オブ・ア・ドリームの新作。タイトル通り、ファンクのバイブレーションが堪能できる傑作。ライブ録音的な演奏で、リアル感溢れるビートにガツンと来ること間違いなし。バンド結成以来のメンバー、ジェームス・ロイド(キーボード)とカーティス・ハーモン(ドラムス)に加えて、サックスのトニー・ワトソン・ジュニア、ベースがデビッド・ダイソン、ギターのランディ・ボーリング、この5人のアンサンブルによる演奏。クワイエット・ストーム的でメロウなスタイルが、このユニットの看板ではあるけれど、それが「静的」としたら、この新作は、骨太なグルーヴが発揮された、「動的」な代表作になりそうな秀作。「ファンク」は、最近のスムーズジャズのキー・ワード。ブライアン・カルバートソンはディープでダンス的なアプローチ、ジェフ・ローバーはハード・フュージョン。このピーセス・オブ・ア・ドリームは、彼らの原点フィラデルフィア・ソウルを下敷きにした洗練されたファンクというところかな。M1「Right Back Atcha」、M2「Just Funkin' Around」、M3「Shaken, Not Stirred」は、そんなファンク・グルーヴに浸れる怒涛の3曲。ジェームス・ロイドのスウィングするキーボードや、最近作品では常連のサポート・メンバーであるトニー・ワトソン・ジュニアのフレッシュなサックス・プレイ、それぞれのフレージングとパワフルなリズム・アンサンブルが爽快。M5「Fast Lane」は、この曲はシンセのオーバーダブを駆使した演奏で、ジェームス・ロイドらしいキャッチーなメロディーの、ヘビロテ間違いなしのポップ・チューン。カーティス・ハーモンの縦横無尽なドラミングが、リアルに録音されているところも、この作品の聴き処です。

|

より以前の記事一覧