カテゴリー「サックス」の115件の記事

2019年8月11日 (日)

Mel Holder 「Music Book Vol. III - Magnificent」(2019)

Musicbook3

メル・ホルダーは、ニューヨーク出身のサックス奏者。ゴスペル/クリスチャン・ミュージックにカテゴリー分けされる人で、1999年のデビュー作から5枚のソロ・アルバムをリリースしている。ブルックリンにある教会の敬虔な信者であり、20年以上に渡り音楽を担当する聖職者として活動している。多くのゴスペル系アーティストとの共演や、教会が行う米国内外の布教/演奏活動を行なっている。

近年の教会は、メガ・チャーチと呼ばれる数千人超の信者を集めるコンサート規模の集会が大人気だそうだ。そのステージでは、ゴスペルはもちろんロックやカントリーをベースにしたバンドやシンガーが参加者を高揚させるという。そんなムーブメントも昨今のクリスチャン・ミュージックの多様化の一因と想像する。私は宗教的な解説を述べる知識はないが、音楽目線では近年のゴスペルやコンテンポラリー・クリスチャン・ミュージックは気になる存在だ。インストゥルメンタルの楽曲もあり、特にスムーズ・ジャズのアーティストが登場するのは聴き逃せない。

続きを読む "Mel Holder 「Music Book Vol. III - Magnificent」(2019)"

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

Walter Beasley 「Going Home」(2019)

Goinghome_beasleyウォルター・ビーズリーの新作は全11曲、数曲を除いて、ほぼ同じメンバーによるグルーヴィーな演奏が光る秀作。キー・パーソンは、キーボードのフィル・デイビスと、ドラムスのジョン・ロバーツ。ビーズリーは、ほとんどの曲でソプラノ・サックスを吹いている。

何より5曲のカバー演奏に惹かれてしまう。グローヴァー・ワシントン・ジュニアや、ウィルトン・フェルダー、ジョージ・ハワード、ロイ・ハーグローヴらの楽曲を演っているのだが、いずれも80年から90年代をピークに活躍した、スムーズジャズの先駆者と言える偉大なミュージシャン。ビーズリー自身のヒーロであり、オマージュなのだろう。自らが継承者であることをアピールするような、ビーズリーの演奏が素晴らしい。

続きを読む "Walter Beasley 「Going Home」(2019)"

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

Lebron 「Undeniable」(2019)

Lebron_undeniable

サックス奏者レブロン・デニース(アーティスト名はレブロン)の新作。

レブロンは、実父はサックス奏者だったが、12才の時にアール・クルーのコンサートに行き、その時に聴いたサックス奏者マイケル・パウロに魅せられてサックスを始めたのだという。出身地アリゾナの消防隊員だったという異色の経歴で、救急救命士の資格を持っている。消防隊員を、スムーズ・ジャズ・アーティストに「発掘」したのはサックス奏者ダーレン・ラーン。ラーンが、レブロンをトリピン・アンド・リズム・レコードに推薦してデビューに至った。デビュー作「Shades」(2013)は、ラーンのフルサポートによるフレッシュな作品だった。2作目の「New Era」(2015)も、ラーンが協力した佳作。そしてこの新作が3作目。

今回は、ダーレン・ラーンのクレジットは見当たらず、マイク・ブルーニングがプロデュースを手がけた。ブルーニングの手腕によるメロウなサウンドに、レブロンのリリカルなサックスが印象的な作品。アルバム10曲中7曲を、ブルーニングが楽曲の作曲と共作、キーボード等の演奏、プロデュースを務めている。ブルーニングは、シンディ・ブラッドレイマリオン・メドウズマイケル・リントンなどのプロデュースや作編曲演奏でサポートしているキーマンだ。特に、シンディ・ブラッドレイの一連の作品には深く関わっている。(他3曲はマット・ゴディーナのプロデュース)

 

続きを読む "Lebron 「Undeniable」(2019)"

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

Neamen 「Moment Of Truth」(2019)

Mot_neamen ニーメン・ライルズは、「So Free」(2011)でデビューしたサックス奏者。デビュー作は、ギター奏者ジェイ・ソトがプロデュースと作編曲や演奏で、全面的にサポートした作品。そのデビュー作は、都会的でメロウな楽曲もいいし、ライルズのフレッシュなサックスが光った好印象の作品だった。

そしてこの新作は、デビュー作から8年ぶり、満を持しての2作目。今回も、ジェイ・ソトが、作曲編曲、ギターにキーボード演奏、プロデュースに至るまでサポートしている。前作のメロウなスムーズ・ジャズのムードとは変わって、楽曲もサウンドもかなりヒップな路線。ライルズのサックスも、ダイナミックにブロウする。曲も、ダンス・チューン、ファンク、ラップもあり、尖ったロックに、ブラコンありと多彩。半数を占める6曲がボーカル曲なので、デビュー作の印象で聴くと、戸惑ってしまう。

Flash Back Rhythm」は、キャッチーなダンス・チューン。ボーカルは、オースティン・カーステルという人。ファンキーなサックスと重なるラップがカッコいい。「This Love is Yours」も、上質な都会的アダルト・コンテンポラリー・ソング。ボーカルは女性R&Bシンガーのクリスタル・スターク。歌伴のソプラノ・サックスがメロウでいい感じ。他のボーカル4曲も、RBAOR、果てはロックと、異なる曲想で、別々に男女4人のボーカリストを迎えている。

続きを読む "Neamen 「Moment Of Truth」(2019)"

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

Nelson Rangell 「By Light」(2019)

By lightネルソン・ランジェルは、80年代後半から活躍するサックス奏者。多種のサックスに加えて、フルートやピッコロも多才にこなす。キャリアは30年におよび、90年代のGRPレコードからの作品(7つのソロ・アルバムや客演)で、コンテンポラリー・ジャズのサックス奏者として実力を知らしめた。

ランジェルは、最近のラジオ・インタビューでこのアルバムを「ポップ・ジャズ」と呼んでいた。ブレッカー・ブラザース、デイヴィッド・サンボーン、ザ・クルセイダーズといった、70年代から80年代に活躍したクロスオーバー/フュージョンのスター達が彼のヒーローだったという。ジャズが、ポップスのフォーマットを取り入れたインスト曲が人気を博した時代。ランジェルがGRPで活躍した90年代も、トム・スコット、ザ・リッピントンズ、ボブ・ジェイムス、リー・リトナー、デイヴ・グルーシンといったアーティストが、さらにポップでキャッチーな曲を、何よりグルーヴのある演奏で進化させた。そんな系譜を「ポップ・ジャズ」と呼んでいるのだろう。さて、この新作は、ランジェルのソロ作品として18枚目の会心のアルバム。

続きを読む "Nelson Rangell 「By Light」(2019)"

| | コメント (2)

2019年3月12日 (火)

Phillip Doc Martin 「Colors」(2019)

Colorsサックス奏者フィリップ・ドック・マーティンは、現役の歯科医(だから愛称がドック)であり、演奏家でもあるという、ユニークな二刀流キャリアの人。前作「Pocket Love」(2016)は、小気味の良いサックスと、品の良いサウンドがとびきりに心地いい、繰り返し聴いた愛聴盤だった。待ち遠しかった新作が届いた。前作のムードを引き継いで、洗練されたサウンドとキャッチーな楽曲、何よりキレが増したようなマーティンのサックスが魅力を増した秀作だ。

前作同様、プロデュースはマーヴィン・トニー・ヘミングスで、サウンド作りのキー・マンだ。大半の曲のサポート・メンバーは、アーロン・バッキー・バッキンガム(dr)、ジャマール・アンドリューズ(b)、ダニエル・ケリー・ハワード(g)という布陣で、馴染みが無いミュージシャンだが、おそらく日頃の演奏メンバーなのだろう。クレジットは無いが、キーボードの演奏やその他楽器は、おそらく全てヘミングスが手がけたと思われる。大半のオリジナル曲も、前作同様、マーティンとヘミングスの共作に違いない。

続きを読む "Phillip Doc Martin 「Colors」(2019)"

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

Gerald Albright 「30」(2018)

Galbright 30ジェラルド・アルブライトの新作は、デビューから30年を記念して、ずばり「30」と名付けられた作品。87年のデビュー作品「Just Between Us」から数えて、19作品目(共演企画ものやライブ、ベストなどの6作品を含む)。その過去作品から、選りすぐった8曲を新しく演奏した内容で、新曲1曲と、ボーナストラック1曲を加えた全10曲(全てアルブライトの作曲)。過去作品の再演とはいえ、古さなど微塵も感じられない、アップデートされたアレンジは比類ない上質感とグルーヴにあふれている。近年作の「Slam Dunk」(2014)、「G」(2016)で披露してきた、縦横無尽のサックスはもちろん、ホーン・セクション、ベースの多重録音ワンマン・プレイが、さらに磨きがかかったサウンドだ。
87年のデビューアルバム「Just Between Us」からは、タイトル曲と「Come Back To Me」の、2曲を再演。「Come Back To Me」では、実娘のセリーナ・アルブライトがボーカルで参加している。
88年の2作目「Bermuda Nights」からは、タイトル曲。91年のライブ盤「Live at Birdland West」から、「Bossa of Nova」。この曲のスタジオ録音は、今回が初めてかも知れない。95年の「Giving Myself to You」からは、「Chips N' Salsa」。97年の「Live to Love」から、「Sooki Sooki」。2004年の「Kickin' It Up」から、「4 On the Floor」を、同曲のボーナス・トラックと2バージョン。ボーナスの方は、ギター奏者リッキー・ワットフォードをフューチャーしたトラックだ。2006年の「New Beginnings」からは、タイトル曲。そして、おそらく、新曲だろう「Road to Peace」は、ミディアム・テンポのバラードで、サックスとピアノのゴスペル・テイストの演奏が聴きもの。
アルブライトの「ベスト・オブ」的な選曲で、キャリアを振り返るという回帰的なコンセプトではあっても、最高にコンテンポラリーなサウンド・デザインで作り上げたところが秀逸。スムーズジャズの第一人者であることを証明する秀作だ。

| | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

Phil Denny 「Align」(2018)

Pdenny alignサックス奏者フィル・デニーの新作。デビュー・アルバム「Crossover」(2012)にしてベスト級の作品だったし、その後、「The Messenger」(2013)、「Upswing」(2015)と、コンスタントに秀作をリリース。フレッシュでキャッチーなサウンドが、作品ごとに磨きがかかる、期待の新世代アーティストだ。この新作も、全11曲、外れ曲なしの、成長を感じさせる秀作。

M1「Switch Up」は、ファンキーなビートがキャッチーで、こういうグルーヴがこの人らしい、ハイライト曲。M2「Feel Alright」は、ポップなメロディが秀逸な、ヘビロテ間違いなしの曲。ギターの客演は、デヴィッド・P・スティーヴンス。オーバーダビングしたサックスの音色が、新鮮な方向を感じる佳曲。M5「Brio Bounce」も、ファンキー路線のビート・チューンで、この曲でも、オーバーダビングしたサックスが印象的で、スピード感があふれる曲。この人は、基本的にはテナーの奏者だけれど、曲によってソプラノ・サックスも吹くことがある。今作では、M6「Solux」で、ソプラノを吹いている。ミディアム・スロウなバラード曲で、後半の、テナーも絡めたオーバーダビングの盛り上がりが聴きどころ。この曲のギター客演は、アダム・ホーリー。ソウルフルな2人のインタープレイがスリリング。M8「Align」でも、ソプラノを吹いてのバラード曲。リリカルに奏でるソプラノのフレージングが、今作での新境地を感じさせる曲。M9「Honey Step」は、冒頭からテナーのソリッドな音色が、オーバーダビング多用のアルバム中では、かえって新鮮に聴こえるビート・チューン。M11「Kinda Wanna」は、グルーヴ全開の爽快な曲。ダビングを多用したホーン・サウンドがパワフルで、アルバムの締めくくりに相応しいラスト曲。

次回の作品は、ライブ録音のように、もっとソリッドなサックスのパフォーマンスを聴いてみたい。

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

Michael Lington 「Silver Lining」(2018)

Silverlining

マイケル・リントンの新作は、「Soul Appeal」(2014)から、「Second Nature」(2016)と続いた、メンフィス・ソウルへのオマージュを込めた、連作の3作品目。過去2作品と同様に、プロデューサー/キーボード奏者バリー・イーストモンドが、リントンとタッグを組んだ作品。参加ミュージシャンは、レイ・パーカー・ジュニア、ポール・ジャクソン・ジュニア、レスター・スネル率いるメンフィス・ホーン、など、過去2作と同様のセッション・メンバーが固めるが、3作目ということもあり、ソウルフルな熱量が、今まで以上に沸騰して、ガツンとやられる作品だ。アイザック・ヘイズのバンド・メンバーでもあった、オルガン奏者レスター・スネルが率いる4管ホーン・セクションが、今作でも「本物の音」聴かせてくれる。まずは、M1「City Life」は、キャッチーなファンク・チューンで、リントンのシルキーなフレージングに、重厚なリズムとホーン・セクション、加えてユーズリミックスのギター奏者デイヴ・ステュワートが客演するハードなギター・プレイが交錯する必聴のハイライト曲だ。M2「Break the Ice」も、メンフィス・ホーンズがサポートする演奏。ソウルフルなホーンと、オルガンと、熱いフレーズを吹きまくるマイケル、ゴージャスな演奏。M6「Can't Say Goodbye」は、スウィート・ソウルなバラード。泣きメロを吹くリントン節が、ハートにグッと来てたまらない。この曲の、ハモンドオルガン演奏はレスター・スネルで、これこそメンフィス・ソウルのムードたっぷり。M4「People Get Ready」は、おそらく78歳になろうかという、メンフィス・ソウルのレジェンド・シンガー、ウィリアム・ベルがゲストで歌う曲。オリジナルは、カーティス・メイフィールドが在籍したインプレッションズの1965年の名曲。アーバン・ムードなマイケル・リントンが聴けるのが、M5「Silver Lining」や、M11「Straight to the Top」。都会的なメロディーとサウンドに、洗練されたこのフレージング。アルトなのにテナーのようにパワフルに吹くところも、彼の魅力です。ところで、マイケルは音楽以外のビジネスにも手腕を発揮していて、自分の名前をブランドにした「葉巻」と「ワイン」の販売も手がけている。煙をくゆらせて、ワインを飲めば、彼の音楽がさらに味わい深いということかな。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

Michael Paulo 「Beautiful Day」(2018)

Beautifulday

ハワイ出身のマイケル・パウロは、40年を超えるキャリアのジャズ・サックス奏者。ミドル・ネームは「タツオ」というそうな、日系の人だ。日本でも人気のあったハワイのバンド「カラパナ」の初期のメンバーでもあり、ソロ奏者としてのデビュー作品「Tats In The Rainbow」(1979)は日本のみでリリースしている。その後は、アル・ジャロウのツアー・メンバーを10年に渡り務めたり、リック・ブラウン、ピーター・ホワイト、ジェフ・ローバー、デビッド・ベノワ、ケニー・ロギンス、ボビー・コードウェル、など、多くのビック・ネームと共演。矢沢永吉や、杏里、といった日本のポピュラー・アーティストとの共演も多いから、デビュー当時から知る日本のリスナーは多いはず。最近では、トロンボーン奏者ジェフ・アルパートの「Open Your Heart」(2017)で、客演していたのが記憶に新しい。ソロ名義としては、10年ぶりだそう、この新作は11枚目のソロ作品。5曲のカバーと、8曲のオリジナルからなる全13曲の作品。ポール・ブラウン、デヴィッド・ベノワ、ポール・ジャクソン・ジュニア、レイ・パーカー・ジュニア、らがサポートを務めている。マイケルの人間性が現れているような、ソフトでジェントル・トーンのサックスの音色が心地いい。M5「Your Song」(エルトン・ジョン)や、M8「Fragile」(スティング)、M13「You've Got a Friend」(キャロル・キング)といった、ポップス名曲のカバーで奏でる、「てらい」のないフレージングが美しい。M2「Mr Magic」は、お馴染みのグローバー・ワシントン・ジュニアの名曲のカバー。この人の系譜が、グルーバーはもちろん、デビッド・サンボーンや、果てはポール・デスモンドまでつながっているのが想像できる、ソフトでリリカルな好演奏だ。オリジナル曲のハイライトは、M1「Beautiful Day」で、ギターの客演はポール・ブラウン。R&Bテイストのコンテンポラリーなサウンド、サックスの響きは都会的で、アダルト・オリエンテッドな佳曲。M4「Back with the Funk」は、ポール・ジャクソン・ジュニアのギターが客演した、ディスコっぽいノリがどこか懐かしいオールド・スクールな曲。M6「Who You Gonna Call」もキャッチーな曲、ギターはレイ・パーカー・ジュニアで、打ち込み系のサウンドに、ギターとサックスのファンキーなヴァイブレーションがかっこいい。マイケル・パウロを「昔の名前」で知っている日本のコアなリスナーも、きっと目が覚めるに違いない好感度高い作品。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧