カテゴリー「キーボード」の記事

2017年5月27日 (土)

Valeriy Stepanov 「New Beginnings」(2017)

Newbeginning

「スカイタウン・レコード」は、ギター奏者ユーナムが創設したレーベル。スムーズジャズに特化した大注目の新興レーベルだ。ユーナム自身以外にも、サックス奏者シャノン・ケネディと組んだ「グルーヴ・リミテッド」も所属アーティスト。いずれも、ファンク・グルーヴに満ちた「音色」が、このレーベルの特色。そして、このヴァレリー・ステファノフが、スカイタウン・レコードの新たなアーティスト。ヴァレリーは、ロシアのイルクーツク出身、モスクワ音楽院の卒業という経歴の持ち主。ロシアや東ヨーロッパで演奏活動や、レコードのリリースもある、若干27才のキーボード奏者。「スカイタウン・レコード」からのこの新作は、素晴らしい才能の発掘であり、「大型新人」の表舞台での登場だ。チック・コリアを思わせるような、力強くかつ技巧派のピアノ・フレージングや、フェンダー・ローズの弾けるような音色とグルーヴが、この人の特色。M1「Happy People」は、チェロやホーン・セクションと絡んで、フェンダーのグルーヴィーな音色が印象的なトラック。M2「Tonight」は、リリカルで疾走感のあるピアノが爽快で、ユーナムも客演した曲。M3「Walk in the Park」は、前2曲からのビートを引き継いだ、ポップなメロディーを奏でるピアノに惹きつけられる曲。M9「In Common」は、明るいミディアム・バラード、ここで聴けるフェンダー・ローズの、流れるようなフレーズにうっとりさせられる。M10「Butterfly」は、比較的このアルバムの中では異色だけれど必聴の演奏。ヒップなコーラスを使ったアシッド・ジャズのムードで、中盤から展開する疾走するリズムでの、速弾きピアノ・フレージングは、この人の「本格派」な音楽性が聴けるトラック。今年のベスト級の作品であり、将来性有望なアーティストの出現。

2017年3月20日 (月)

Herman Jackson 「The Cool Side」(2016)

Coolside

少し時間が経ってしまったけれど、第59回グラミー賞の「コンテンポラリー・インストゥルメンタル」部門は、スナーキー・パピーの作品だった。予想していたとは言え、スムーズジャズ・ファンとしては、チャック・ローブが入選できないのは残念。スナーキー・パピーの芸術的な音楽性に反論はないけれど、スムーズジャズには依然としてスポットが当たらないのだろうか。スムーズジャズに批判的な評価があったとしても、ファンとして、筆者はそんなスムーズジャズが好きなのだから仕方が無い。理屈じゃないからね。今回も、そんなグルーヴィーでイチオシな作品を紹介。 ハーマン・ジャクソンは、キーボード奏者であり、プロデュースやアレンジもこなすアーティスト。スティーヴィー・ワンダー、アレサ・フランクリン、ベイビーフェイス、ロッド・ステュワート、ジョー・コッカー、といった多くのメジャーなポップス・アーティストから、ノーマン・ブラウン、ボニー・ジェイムス、ピーター・ホワイト、ユージ・グルーヴなど多数のスムーズ・ジャズ・アーティストまで、広範囲な共演経験を持つベテランの売れっ子サイドマンである。今作は、初めてのソロ作品。全曲、彼のピアノ演奏を中心にしたメロウなサウンド。「クワイエット・ストーム」系といっていい、都会的で艶っぽいムードのスムーズ・ジャズ。M4「Celia」は、コロコロと流れるような彼のピアノ・フレーズが堪能できるトラック。M2「The Cool Side」は、ギター奏者ノーマン・ブラウンが参加した演奏。軽快で清涼感を浴びるようなグルーヴが心地いい。M6「Rise up」は、サックス奏者エヴァレット・シャープが参加した、スピードのあるビートに乗ったサックスとピアノの交流が聴きもの。M9「Always There」は、ジョニー・ブリットがトランペットとボーカルで参加した、艶っぽいムードのバラード曲。M1「Downtown」は、キャッチーなハイライト・トラック。彼のピアノ・プレイに、ジョー・サンプルや、ジョージ・デュークが見え隠れして嬉しくなってしまう。

2017年2月12日 (日)

Paolo Rustichelli 「Soul Italiano」(2016)

Soul_italiano

パオロ・ルスティケッリは、イタリアの鍵盤奏者。ルスティケッリの父親は、カルロ・ルスティケッリというイタリア映画音楽の作曲家。「鉄道員」「刑事」など、有名作品を含めて多数の映画音楽を作曲した巨匠。息子のパオロも、10代から映画音楽や鍵盤演奏を始めたそう。1991年にソロデビュー作品「Mystic Jazz」をリリース。その作品は、マイルス・デイビス、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、カルロス・サンタナなどのジャイアンツを客演に迎えた隠れた名盤。マイルスのトランペットが美しい「Capri」や、サンタナが自身の演奏ナンバーにもしている「Full Moon」など、必聴の名演が入っている。次作の「Mystic Man」(1996)も、マイルスとサンタナが参加した作品。両作品は、チルアウト・スムーズジャズに繋がる秀作。パオロのフルアルバム・ソロ作品としては、「Nopagan」(2006)に続くのがこの新作。ルスティケッリは、シンセ系鍵盤を中心にほとんどワンマンバンドで作品を作るのがスタイル。この作品も、アコースティック・ピアノの硬質なフレーズを中心に、シンセ系の音の多彩なオーケストレーションが魅力の秀作。M2「Med Groove」の、ヨーロッパを感じるダンス・ビートに乗って浮遊するピアノ・フレージングに引き込まれる。M5「Soul Italiano」は、タンゴ・リズムが印象的なハイライト・チューン。M11「Playa Blanca」は、パワー・ブロウするサックスと、ピアノの掛け合いがクールなファンキー・チューン。M12「Evy & Carlo」は、映画のエンディングを思わせるバラードで、交錯する多彩なシンセの音色が美しい。

2017年1月30日 (月)

Brian Culbertson 「Funk !」(2017)

Funk

ブライアン・カルバートソンの新作は、「Bringing Back the Funk」(2008)の「続編」と言っていい、ディープな「ファンク」でリスナーを圧倒する快作。会話やSEを混ぜて、曲もビートも途切れ無く続く、ファンク・パーティーを体験するような構成。演奏は、「Live - 20th Anniversary Tour」の演奏メンバーに、プリンス・ファミリーのバンド「The Time」にも在籍したことのあるチャンス・ハワード(ボーカル、ベース)が、演奏や曲作りでも中心的役割として参加している。70年代のジョージ・クリントンのP-ファンクや、プリンスやジャム&ライスといったダンス・ファンクの世界を、カルバートソンならではの洗練された技量で料理した作品。M1「Get Ready」や、M2「The Call」で、始まるファンク・ビートは怒とうの重量級。M3「Been Around The World」や、M5「Let’s Take A Ride」での、打楽器のようなハードアタックのカルバートソンのピアノプレイは名演で必聴。エネルギッシュなビートが続いた後の、スローミディアムなバラード、M8「Hey Girl」のリリカルなカルバートソンのピアノがひときわ美しい。M10「Got to Give It Up」、はマービン・ゲイ名曲(1977)カバー演奏。トロンボーンは、カルバートソン自身による演奏で必聴。M12「Play That Funky Music」は、70年代に活躍したファンク・バンド、ワイルド・チェリーのヒット曲(1976)のカバー。M13「Spend A Little Time」はバラード曲。しっとりとしたカルバートソンのピアノは、「Another Long Night Out」などで魅了される「静」の顔。最後は、「To be continued」というから、カルバートソンの「ファンク」は続く?

2016年11月27日 (日)

Brian Simpson 「Persuasion」(2016)

Simpson_persuasion

流麗なピアノフレーズはいつも通りの、ブライアン・シンプソンの新作。注目は、ギター奏者スティーヴ・オリバーとの共演で、4曲を共作、共演している。オリバーは、ギターではなく、シンセによるプログラミング演奏。M1「Persuasion」と、M2「Wonderland」は、その二人による作品で、このアルバムのハイライト曲。「Persuasion」は、ボニー・ジェイムスのサックスが参加してのファンキー・チューン。「Wonderland」も、都会的で洗練されたビートに、シンプソンの流れるようなフレーズがクール。M5「Need You Now」は、オリバーのシンセ打ち込みの音を背景にした曲で、ひたすらチルアウトなシンプソンのピアノが美しい。オリバーとの共演以外の曲は、キーボード奏者オリバー・ウェンデルという人との共作共演曲が、5曲。このオリバー・ウェンデルは、シンプソンの近年作品「South Beach」(2010)、「Just What You Need」(2013)、「Out Of A Dream」(2015)、でも数曲ずつ共演していた人。スティーヴ・オリバーの曲とは対照的に、オリバー・ウェンデルとの共作は、ヒューマンなバンド・グルーヴの趣き。M4「Lost In Love」は、ギター奏者ピーター・ホワイトが参加した、ロマンティックな曲想のバラードで、アンサンブルの妙が聴きどころのグッと来る一曲。M8「Starbound」も、同様のウェンデルとの共作で、明るい曲想に華麗に響くシンプソンのピアノが美しい。ラスト曲M10「Always Here for You」は、クールなシンプソンのピアノ・プレイの真骨頂のような曲。近作品でベスト・コンピレーションを作るとしたら、やっぱり最後に持ってきたい、沁みる1曲。前作「Out Of A Dream」に比べると、フューチャー・プレイヤーも少ないから地味なムードの作品だけれど、シンプソンの流れるようなリリカルなピアノを、深く堪能できる秀作。

2016年8月14日 (日)

Oli Silk 「Where I Left Off」(2016)

Silk

オリ・シルクの「Razor Sharp Brit」に続く新作は、曲ごとに異なるゲスト・プレイヤーを迎えた、「アンド・フレンズ」企画のような内容。ゲスト陣はスムーズ・ジャズのトップ・プレイヤーで、曲も良し、演奏良しのベスト級の秀作。M1「Ohh Baby!」は、トランペット奏者のリック・ブラウンが参加した、クールでファンキーな曲。M2「Take Me Away」は、爽やか系メロディーに、ピーター・ホワイトが参加してさらに爽快な演奏。インコグニートダウン・トゥ・ザ・ボーンでもボーカルを務めた女性ボーカリストのキャティ・レオーネが参加したのは、M4「Burning up the Carnival」と、M10「Music Without the Sound」の2曲。「Burning up the Carnival」は、ご存知ジョー・サンプルの名曲のカバー。オリジナルではフローラ・プリムが歌った曲。レオーネの歌もいいけれど、シルクのピアノがフレッシュなフレージングで、あのジョー・サンプルにアプローチしているのが聴きもの。M5「Seasons Change」は、明るい曲想のバラードで、サックスはスティーブ・コール。M7「Catch My Breath」の疾走感を盛り上げるサックスはフィル・デニー。M9「Rest Assured」の、しっとりしたフルートはアルシア・ルネ。かつてシンプリー・レッドのギター奏者だったマーク・ハイメスが参加したのはM11「Take Some Time Out」。どの曲もオリ・シルクの、小気味のいいピアノが堪能できるけれど、M2「Where I Left Off」、この曲だけはゲスト無しで、シルクのピアノが「主役」のベスト・トラック。オリ・シルクは、ソロ作品がこの新作で5作目。2006年にメジャーデビューする前は、「Sugar and Silk」という二人組みのユニットで、2枚の作品を残している。そのユニットで、ベースを担当していたダニー・シュガーは、今はグラフィック・デザイナーになっていて、このシルクの作品のアート・ワークを手がけている。トリビア情報でした。

2016年8月 7日 (日)

Bobby Wells 「Back in the Day」(2016)

Bobbywells

キーボード奏者ボビー・ウェルスの新作は、ソフトなサウンドだけれど聴き逃せない好盤。スムーズ・ジャズ・ファンとしては、サックス奏者であるジェラルド・アルブライトが、このアルバムではベース奏者として客演しているのに注目。アルブライトは、キーボードやベースをこなすマルチ・プレイヤー。「Slam Dunk」(2014)でも、ファンキーなチョッパー・ベースを披露していたっけ。そのアルブライトのベースが聴けるのは、M4「Tee It Up」、M7「Bella’s Pier」の2曲。「Bella’s Pier」は、リラックス・ムードに溢れている夏のビーチといった趣の曲で、アルブライトのベースがリード・メロディーを奏でるトラック。ベースのアドリブも必聴。M5「Count It All Joy」、M8「Oooh Baby」、はソフトなダンシング・チューンで、いずれもキャッチーなメロディーと、しつこくないビートがいい感じ。バック・コーラスは、ウェルス自身と、娘や妹が参加しているらしく、そのコーラスもソフト・ソウルなムード。M1「She’s Playful」は、ソフトなビートに乗るアコースティックなピアノが主役の、スムース・ジャズ・チューン。M2「End Of Summer」は、このアルバムのテーマ曲と思わせる、ハイライト・トラック。ピアノとギターの奏でるメロディーが除湿系で心地よく、視界が広がるグッド・ミュージック。客演しているサックスはダーレン・ラーン。酷暑でも、ビーチでも、夏にぴったり、涼しい気分になれます。

2016年7月 3日 (日)

Bob Baldwin 「The Brazilian-American Soundtrack」(2016)

Brazilian_american_soundtrack_cover

ボブ・ボールドウィンの新作、22作目にして初めてのCD2枚組は、「大作」にして「傑作」。前半は、ブラジルのアーティストが参加して録音もリオで行われたという、ブラジルがテーマの14曲。後半は、ニューヨークやアトランタで録音制作されたという、いわばニューヨーク・セッションの12曲。ちなみに、ボールドウィンは、2004年に「Brazil Chill」という作品で、ブラジルをテーマにアルバムを作っていて、今作品で改めてのブラジルというのも興味深い。今作のブラジル・セッションでは、ブラジルのコンテンポラリー・アーティストのカバーを取り上げている。イヴァン・リンスの3曲、M9「Anjo De Mim」、M10「The Island」、M13「Love Dance」、ジャバンのM11「En Te Devoro」、クラシックと言っていいアントニオ・カルロス・ジョビンのM5「Corcovado」も。そのカバーも必聴だが、オリジナルのM1「Funky Rio」、M2「Ipanema Fusion」や、M3「Teardrop」は、出色の演奏。特に「Ipanema Fusion」と「Teardrop」は、強力なハイライト曲。サンバとファンクを彼流にブレンドしたような軽快なリズムに、華麗と言っていいボールドウィンの鍵盤インプロビゼーションの心地よさはこの人ならでは。さて、一方のニューヨーク・セッションのサイドでは、コンテンポラリーなムードの曲が並ぶ。M17「My Soul」は、アコースティック・ピアノと、客演のマリオン・メドウズのソプラノ・サックスがブレンドして、沁みるミディアム・スロウのソウル・チューン。M19「Summer Madness」は、クール・アンド・ザ・ギャングの「名曲」のカバーで、弾けるローズ鍵盤の音色に、ソウルフルなコーラスと乾いたビートがアシッドなムードを漂わせるダンス・チューン。ビートルズの名曲、M20「Yesterday」も、ボールドウェインのエレピにかかれば、ゴスペルな解釈で変身する。この作品で、ボールドウィンは、今年2月に亡くなったモーリス・ホワイトにオマージュを表している。M26「The Message」は、自らホワイトへの賛辞を語ったトラック。M16「The Sound of His Voice」は、まさにホワイトに捧げたという楽曲で、モーリス・ホワイトを思わせるコーラスがグッとくる。M6「Greatest Lover」に至っては、終始のファルセット・コーラスが圧巻で、往年のアース・ウィンド&ファイアーを思わせる秀作。ボールドウィンの縦横無尽な鍵盤演奏と、サウンド・デザインは、2時間超える26曲でも退屈することなど無い、超ベスト級の作品。

2016年7月 2日 (土)

Dave Bradshaw Jr. 「Set Me Free」(2016)

Dave_bradshaw_set_me

フレッシュなキーボード奏者、デイブ・ブラッドショウ・ジュニアのデビュー作品は、注目に値する佳作。アタック感のあるピアノが終始印象的で、カリフォルニア出身だからか、爽快なサウンドと演奏は、カラッとした空気感と視野が広がるグルーヴに溢れている。ダーレン・ラーンがプロデュースと数曲でゲスト演奏に加わっている。ハイライトはM2「Jumpstep」で、ブラッドショウのオリジナルに、ラーンが手を加えた合作。スロウなメロディーを奏でるピアノがクールな曲。M1「West Coast Jammin’」は、ラーンのサックスが絡んでファンキーな曲。M3「Guys’ Night Out」も、ダーレン・ラーンのサックスと、縦横無尽にスウィングするピアノが聴きどころのビート・チューン。M4「Set Me Free」は、メランコリーなスロウ・バラード。ハートにグッとくるピアノも、健康的な表情なのが、この人の特徴。M5「Saboroso」は、哀愁的なメロディーのラテン・リズムの曲。この曲でも、バックのブラスセクションが印象的で、これもラーンのアレンジかな。M6「Back to the Top」は、ポップなメロディーの曲で、ボーカルのスキャットが絡んでピアノと掛け合って高揚する辺りはソウルフルでカッコいい。M10「Moon and Stars」は、リリカルな表情を見せたり、ゴスペル・ビートだったり、この人が多彩な才能のピアノ・プレイヤーであるところを認識できる曲。デビュー作品といえ、全11曲、粒ぞろいの曲と演奏が並んだ秀逸な作品。アウトドアで聴くのにぴったり、爽快な作品。

2015年10月31日 (土)

Tim Watson 「Up & At'em」(2015)

Timwatson

シカゴ出身のキーボード奏者ティム・ワトソン。スムーズジャズ・ファンなら押さえておきたいアーティストの一人。過去作品は、「The Tim Watson Project」(2002)、「Sunday Afternoon」(2007)、「A Smooth Christmas, Vol.1」(2007)の3枚で、これが新作。彼のピアノは、ソフトなタッチのメロウなフレージングが魅力。ゆったりした、レイドバック気味のアコピの「ノリ」が、何とも心地いい。この新作は、楽曲も佳曲揃いで、ブラコンなムードのサウンドと、ソフィスティケートなワトソンのピアノを味わえる好盤。 M1「Up & At’Em」は、この曲でワトソンのピアノのスタイルが分かる1曲。フィル・デニーのサックスも爽快な、スムーズジャズ・チューン。 M2「Sumthin’ Sumthin’ Mellow Smooth」は、題名通りにメロウなコーラスに乗せて、アタックのあるベースや、サックスに、レイドバック気味のピアノが絡むブラコン・チューン。M8「When Marie Smiles」は、オリ・シルクがプロデュースと共作をした、ハイライト・チューンでベスト・トラック。サックス奏者ジャネット・ハリスが参加した曲で、後半に、彼女のサックスで盛り上がって、ワトソンのピアノが入ってくるあたりが、上品なスウィング感と、セクシーな感じもして、ローテーション必須の魅力的な曲。M9「Making Moves」は、フルート奏者レーガン・ホワイトサイドが参加した曲。これもワトソンの定番的なピアノ・フレーズがいい味で、後半に高揚するフルートとピアノが、いい感じなんだけど、フェードアウトが残念。ソフトでメロウなサウンドだからBGMに最適だけれど、BGMで聴き流せないんだなあ、これが。

より以前の記事一覧

About This Blog

  • スムーズジャズは、最高のコンテンポラリーミュージック。ググっとくるアーティストのバイブレーションを、リアルタイムで聴きたい。独断で選んだスムース系の新譜を紹介します。Since 2011。UGASAI
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2015 Top Recommend (click)

  • Bob Boldwin「MelloWonder」
  • Brian Simpson 「Out of a Dream」
  • Jonathan Fritzen 「Fritzenized」

2014 Top Recommend (click )

  • Greg Manning 「Dance With You」
  • Rick Braun 「Can You Feel It」
  • Michael Lington 「Soul Appeal」
  • Ed Barker 「Simple Truth」

2013 Top Recommend (click)

  • Jeff Golub 「Train Keeps a Rolling」
  • Oli Silk 「Razor Sharp Brit」
  • Patrick Yandall 「Soul Grind」
  • Boney James 「The Beat」

2012 Top Recommend (click)

  • Euge Groove 「House of Groove」
  • Paul Brown 「The Funky Joint」
  • Chris Standring 「Electric Wonderland」
  • Vincent Ingala 「Can't Stop Now」
  • Phil Denny 「Crossover」