カテゴリー「キーボード」の57件の記事

2019年7月28日 (日)

David Nevue 「in the soft light of grace」(2019)

Softlight

デイビッド・ネビューは、ニュー・エイジ系のソロ・ピアニストだ。この最新作まで、デビュー作「The Tower」(1992)から15枚のアルバムをリリースしている。ビルボードのニュー・エイジのチャートでは常連の人気アーティスト。

10代の頃はピンク・フロイドやカンサスといったプログレッシブ・ロックに夢中だったが、ジョージ・ウィンストンに魅了されてソロ・ピアノ演奏を目指したのだという。90年代にネビューはインターネット関連企業に努めるビジネス・マンをしながら、自主制作でアルバムを作り始めた。95年に、当時としては先駆けのオンラインで自身の作品を販売する。そのオンライン販売で人気を博して、2001年には会社勤めを辞めてプロのピアニストになる。

ソロ・ピアノのアルバム制作だけでなく、2003年からは、これもユニークな、ソロ・ピアノ専門のインターネット・ラジオ局「Whispering: Solo Piano Radio」の運営を始めた。2005年からはコンサート演奏も初めて、ソロだけでなくニュー・エイジ系の他のソロ・ピアニスト、デイビッド・ランツ、ピーター・ケーターらと共同コンサートも行なっている。オンラインの音楽販売や、インターネット・ラジオ曲の運営などの経験を書いた著作や、情報配信の活動もしている。

 

続きを読む "David Nevue 「in the soft light of grace」(2019)"

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

Cal Harris Jr. 「Soulful」(2019)

Soulful

キーボード奏者カル・ハリス・ジュニアの新作。

父親はモータウン・レコードのレコーディング・エンジニアのカルヴィン・L・ハリスという人で、マーヴィン・ゲイ、コモドアーズ、ダイアナ・ロス、ナタリー・コール、ライオネル・リッチーなど名だたるアーティストの録音やミキシングを担当して功績を残した。昨年に他界したというその父親に、この新作を捧げている。その父親の影響で、ハリス・ジュニアは幼少の頃から音楽世界を体感していたのだろう。

この新作は、前作『Shelter Island』(2013)に続く3作目の自己プロデュースによるフル・アルバム。前作以降に発表されていたシングルの5曲とその内1曲のリミックス・バージョンを含み、初出の5曲の新曲を加えた全11曲の内容。共演者との共作も含む全曲がオリジナル楽曲だ。

続きを読む "Cal Harris Jr. 「Soulful」(2019)"

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

Ben Tankard 「Rise!」(2018)

Btankard riseベン・タンカードは、「ゴスペルのクインシー・ジョーンズ」と形容される、メジャー級のキーボード奏者。同時に、自己啓発の演説家でもあり、自身のファミリーと共に出演するテレビ番組が人気を博するスターでもある。彼の音楽は、ゴスペルや、コンテンポラリーなクリスチャン・ミュージックと呼ばれる、信仰や啓発を高揚するカテゴリーに入れられる。そんなカテゴリー分けは気にせず、スムーズ・ジャズとして楽しむのに値するグッド・ミュージックです。さて、この新作は、彼のスタイルである、メロウなムードに満ちた心地のいい作品。彼のピアノ演奏は、グルーヴを打ち出すのではなく、ハートに響くようなフレーズを繰り出すのが、特に味わい深いところです。

続きを読む "Ben Tankard 「Rise!」(2018)"

| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

David Garfield 「Jammin' Outside The Box」(2018)

Dg jamminキーボード奏者、デヴィッド・ガーフィールドの「Outside The Box」プロジェクト、前回の記事で紹介した「Jazz」に続く、第2弾。全19曲の収録だが、編集トラック(5曲)、前作収録曲の別バージョン(3曲)が含まれているので、新曲は正味11曲という構成。新曲のほとんどは、前作とはダブらないセッションの演奏で、新たに約60人のプレイヤーが参加して、第1集から引き続き参加するプレイヤーを加えると、総勢100人に及ぶ演奏陣によるスーパー・セッション集だ。今回は、ヴォーカリストをフューチャーした、いわゆる歌モノが6曲入っていて、インストを含めた選曲もR&B/ポップスのカバーが中心の作品集。

その中で、何と言ってもハイライトは、レジェンド・シンガー、スモーキー・ロビンソンが唄う「One Like You」。この曲は、もともと、ジョージ・ベンソンのオリジナル・アルバム「Songs and Stories」(2009)に入っていた曲で、作曲はガーフィールドとロビンソンの共作。スモーキー・ロビンソン自身が歌ったバージョンは、本作が初のセルフ・カバーなのだろうか。唄声こそ枯れたところは隠せないとはいえ、あの、ふるえるハスキー・ボイスのメロウな味わいには魅了される。アルト・サックスはデヴィッド・サンボーンで、バック・コーラスがマイケル・マクドナルド、というドリーム・チームのような演奏も一聴の価値あり。

続きを読む "David Garfield 「Jammin' Outside The Box」(2018)"

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

David Garfield 「Jazz Outside The Box」(2018)

Dg jazzキーボード奏者、デヴィッド・ガーフィールドは、フュージョン・グループ「カリズマ」の中心人物。カリズマ名義の作品としては、「Perfect Harmony」(2012)以降はリリースが無かったので、久々に登場したガーフィールドのソロ新作だ。彼の人脈の広さを証明するように、オールスターのミュージシャンが総出演する感激のセッション集。

「Outside The Box」と銘打ったプロジェクトの第1作で、続けて4作品がリリースされるという。この後は、既にリリースされている「Jammin'」。ボーカル曲が中心になるという「Vox」と、フュージョン演奏が中心の「Stretchin'」。最後は、「Holidays」と名付けられる予定というから、クリスマス・ソング集なのだろうか。

そのプロジェクトの始まりを飾る作品が、「Jazz」と名付けられたこの作品。フュージョン/スムーズジャズのファンにとっては、万華鏡のような内容だ。バージョン違いの3トラックを含む全17曲は、1時間半に及ぶ重量級のボリュームで、力を入れて聴きこまなければいけない。ガーフィールドのオリジナル3曲以外は、11曲がカバー作品。デューク・エリントンの「In a Sentimental Mood」と「Sophisticated Lady」に、「My Fevorite Things」、ホレス・シルバーの「Song for My Father」、といったジャズの名曲から、ジョー・サンプルの「Rainbow Seeker」や、スティングの「Fragile」と「Roxanne」といった選曲リストに、聴く前からワクワクする。

続きを読む "David Garfield 「Jazz Outside The Box」(2018)"

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

Gregg Karukas featuring Shelby Flint「Home for The Holidays」(1993、reissue 2018)

Gkarukas holidayグレッグ・カルーカスが、93年に出したクリスマス・アルバムが再発されました。これは、スタンダードを中心にしたクリスマス曲を、ピアノ・トリオのフォーマットで演奏した作品です。トリオのメンバーは、カルーカス(ピアノ)、ジョン・レフトウィッチ(ベース)、ジョエル・テイラー(ドラムス)。ボーカルとして、シェルビー・フリントが、12曲中の6曲で唄っています。

カルーカスの作品の中では、唯一のクリスマス・アルバムで、かつピアノ・トリオ演奏という、異色の企画作品です。今になって、日本で再発されるというのも珍しい。理由は、ボーカルで参加したシェルビー・フリントに注目した再発のようです。理由はともあれ、嬉しい再発です。(再発盤の日本語表記は、カルーカスでなく「カルーキス」?となって、ジャケットもおしゃれに新装されていますので、お見逃しないように。)

続きを読む "Gregg Karukas featuring Shelby Flint「Home for The Holidays」(1993、reissue 2018)"

| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

Bob Baldwin 「Bob Baldwin Presents Abbey Road and the Beatles」(2018)

Bbaldwin abeyroadボブ・ボールドウィンは、キーボード奏者である一方、10年前からラジオ番組を制作して、自らホストDJを務めている。「New Urban Jazz Lounge」というその番組は、今では全米40を超えるステーションで放送されている人気番組だ。彼の提唱する「ニュー・アーバン・ジャズ」とは、”伝統的なジャズの様式に敬意を払い、ブラジル音楽とアーバンなフレーバーをブレンドした、コンテンポラリー・ジャズの形である。”と定義付けている。その番組は、ボールドウェインのホーム・ページで、ストリーミング配信されているので、ぜひ一聴されたし。
さて、ボールドウィンの新作は、デビュー作「A Long Way to Go」(1988)から数えてキャリア30年目を記念する、ビートルズ・ソング集である。ビートルズの名曲10曲が、「ニュー・アーバン・ジャズ」な演奏曲に生まれ変わり、目(耳だね)を見張る作品集になった。

続きを読む "Bob Baldwin 「Bob Baldwin Presents Abbey Road and the Beatles」(2018)"

| | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

Kayla Waters 「Coevolve」(2018)

Coevolveピアノ奏者ケイラ・ウォーターズは、サックス奏者のキム・ウォーターズの愛娘である。キム・ウォーターズの作品、「Silver Soul」(2014)でも、彼女のピアノ演奏がフューチャーされていたように、父娘の共演から、早くから注目されていた人。その後、トリッピン・リズム・レコードから「Apogee」(2017)をリリースして、ソロ・デビューを果たした。そして、この新作がソロとしての2枚目のアルバム。「Apogee」はフレッシュなデビュー作品だったが、ぎこちないところが拭えない印象もあった。この新作では、ピアノが踊るように奔放でエレガントな演奏で、目(耳)を見張るほどに、デビュー作とは段違いで素晴らしい。楽曲も、若々しさを感じて、明るい基調のムードが爽快だ。

続きを読む "Kayla Waters 「Coevolve」(2018)"

| | コメント (0)

2018年10月31日 (水)

Skinny Hightower 「Retrospect」(2018)

Hightower retrospectスキニー・ハイタワーは、キーボード奏者で、ドラムやベースも操る、気鋭のアーティストだ。デビュー・アルバム「Cloud Nine」(2016)の後、メジャー・レーベルのトリッピン・リズム・レコードと契約して、「Emotions」(2017)をリリース。そして、精力的に早くもこの新作「Retrospect」をリリース。全15曲、1時間超えのボリュームに、彼の力量が前作以上に発揮された力作だ。縦横無尽な彼のピアノ演奏が発揮された楽曲の数々が並ぶ。彼のピアノは、前作に比べて、よりパーカッシブで、エネルギッシュに響き渡り、圧倒される演奏。数曲のゲストに、サックス奏者コンスタンティン・クラストルニ(Kool & Klean)や、ジャズ・ドラマーのネイト・スミスらが参加しているが、ハイタワーがキーボードに関わらず、フルートやベースなど、多くの楽器演奏とアレンジをこなしている。

続きを読む "Skinny Hightower 「Retrospect」(2018)"

| | コメント (0)

2018年8月13日 (月)

Brian Simpson 「Something About You」(2018)

Bsimpson somethingaboutyouブライアン・シンプソンの新作。シャナキー・レコードと契約した最初のアルバム「South Beach」(2010)から数えて、同レーベルから早くも5作目の作品。通算では、8枚目のソロ作品。「South Beach」以前というと、デビュー・アルバム「Closer Still」(1995)の後、「It's All Good」(2005)、「Above the Clouds」(2007)と、12年の間にわずか3作品のリリースだったから、近年の意欲的なリリースは、嬉しい限りだ。この新作も、シンプソンのピアノ・スタイルを高めた素晴らしい内容。今や、彼がスムーズジャズの領域で、間違いなくトップ・アーティストであることを証明する作品だ。
前作「Persuasion」(2016)は、スティーヴ・オリバーとの共作が「新機軸」だったけれど、今作もそのオリバーとのコラボを進化させた作品。全10曲中、オリバーとの共作は7曲。オリバーは、ギターの演奏はしていないが、楽曲の共作と、プログラミング演奏、共同プロデュースで関与している。残り3曲は、これも常連のオリバー・ウェンデル(キーボード)をサポートに迎えての作品となっている。
タイトル曲「Something About You」は、キャッチーなメロディーの佳曲。コーラスを配した色彩感豊かなサウンドは、スティーヴ・オリバーの手腕。「タメた」ステップを踏むかのような、ピアノ・フレージングは、シンプソンならではの美しい演奏。「Morning Samba」は、サンバのリズムに乗って、踊るようなシンプソンのフレージングが心地良い。「Mojave」は、ゲストのギター奏者ヤーロン・レヴィーのアコースティック・ギターと、シンプソンのピアノとのインタープレイが聴きもので、フェード・アウトするのが残念。「Irresistible」はチルアウトなムードの曲で、こちらでもレヴィーがゲストで演奏している。フラメンコ・スタイルのギターと、シンプソンのメランコリーなフレージングに引き込まれる演奏。「Chemistry」は、ゲストのトランペット奏者ロン・キングとの「会話」がブルージーな演奏。ロン・キングは、最後の曲「The Rainbow」でも演奏していて、こちらはミュート奏法で、ジャージーなムードのバラード曲。
今作品は、シンプソンのピアノを際立たせて、統一したムードに彩られている。ほとんど全曲のサポート・ミュージシャンが共通しているのが要因だろう。ギター(Darrell Crooks)、ベース(Alex Al)、パーカッション(Ramon Yslas)による、サポート隊の「いい仕事」は必聴だ。ドラムスがいないというのも興味深いところ。プログラム系の音色が主体になっている曲でも、ベースのオーガニックなグルーヴ感が、「隠し味」のように印象的だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧