カテゴリー「ハープ」の1件の記事

2013年3月 7日 (木)

Lori Andrews 「After Hours」(2007)

ハープという楽器の印象は、共鳴しあう弦の調べが、どこか夢の世界でも浮遊するよう な幻想的なもの。このアルバムの演奏を聴いたら、そんなイメージは覆される。

これは骨太な、フュージョンジャズのアルバムだ。それも、ハープが入ったバンドの、ビート とグルーブが一体となったすばらしい演奏。ハープの演奏は、やわなイメージを払しょくするのに成功している。録音も、一発撮りのようでライブ感たっぷり。バンド編成は、ハープ、サックス、ベース、ドラムの4人に、曲によってパーカッションやシンセが入ったりの全14曲。

特に、ベースとド ラムのリズム隊の音が際立って、サウンドのシャープさにガツンとくる。ハープ奏者、 ローリー・アンドリュースを冠にしたアルバムなので、彼女が主役だとしても、彼女は バンドの一員としての立ち位置で、目立つわけでもなく、アンサンブルの一人として、 他のプレイヤーと同等にアドリブをやり、このバンドの一体感を生み出している。演奏 は、友好的なスウィング感にあふれている。

続きを読む "Lori Andrews 「After Hours」(2007)"

|