« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の5件の記事

2011年9月25日 (日)

Spyro Gyra 「A Foreign Affair」(2011)

音源:CD(輸入盤)
レーベル:Amherst

日本はモダン・ジャズ「王国」だ。50年代から60年代の、ストレート・アヘッドなジャズはいつでも人気がある。モダン・ジャズのCD名盤は、繰り返し復刻盤が出るし、過去の録音も、まだあったのかと思うぐらい、発掘されて発売される。古いものだけでなく、モダン・ジャズのフォーマットをフォローする新しいプイレイヤーやバンドも次々と現れる。日本ほどモダン・ジャズが売れる市場もないのだろう。

比べて、日本ではフュージョンやスムース・ジャズの定着は後進国。世界的には、現代のジャズはけっしてモダン・ジャズのフォーマットを踏襲せず、フュージョンやスムース系の演奏に生きていると言える。ジャズは現代の音楽であり、そのフォーマットはどうであれ、そのスピリットがジャズそのものなのだ。

そのジャズ・スピリットを、フュージョンというフォームで表現し続けているバンドが「スパイロ・ジャイロ」だ。なんたって、もう35年も同じスタイルを続けているし、アルバムも30枚以上。サックスのジェイ・ベッケンスタイン、キーボードのトム・シューマンは、結成時からのメンバーで、今もってこのバンドを支えている。これだけ長くやれるということは、支持するリスナーがいるからこそで、それはやはりジャズに対するマーケットの違いなのだろう。この新作は、初期の大ヒット作「Morning Dance」(1979)を出していたレーベル「アムハースト」に、25年ぶりに復帰した作品。

続きを読む "Spyro Gyra 「A Foreign Affair」(2011)"

| | | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

Bobby Caldwell「Evening Scandal(原題:Bobby Caldwell)」(1978)

音源:CD(2011年発売リイシュー盤)
レーベル:Victor Entertainment

言わずもがな、ボビー・コールドウェルの1978年デビュー盤にして、最高傑作の名盤。リリース以来、こよなく愛聴しているアルバム。間違いなく、無人島に持っていく一枚。

今度のリイシューは、①K2HDマスタリングの高音質CD、②「Can't Say Goodbye」の別テイクがボーナス・トラックで入っていること、が目玉。②は過去にも発表されていたようだが、そのトラックを含めて全曲が高音質になっていて新鮮。リリース後、アナログのビニール・レコードで聴きまくり、CD時代も何枚かのCDを聴き、デジタル・ミュージックになってからも聴いたが、いずれも音質には不満足だったのが、このリイシュー盤で解消された。

ビクターの開発しているK2HDマスタリングは、通常のCDに広範囲の音楽情報を収める技術。説明によると、44.1kHz/16bitのCDマスターに、192kHz/24bitの情報を記録しているそうだ。詳しいことは判らないが、数値が大きいということは情報量が多くて、今まで以上に「良い音」がするということだろう。確かに、すべての曲音のレンジが拡大していて、「おおっ、こんな音がしていたのか」とまるで初めて聴くがごとくの新鮮さを感じる。ダイナミックレンジも広がり、それぞれの音の粒が際立って、iTunesで提供されている音源とは大きく違う。やっぱり、デジタル音源はまだ、CD音源にはかなわない。

続きを読む "Bobby Caldwell「Evening Scandal(原題:Bobby Caldwell)」(1978)"

| | | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

Jeff Kashiwa「Back In the Day」(2009)

音源:iTunes Store
レーベル:Shanachie

ジェフ・カシワは、ザ・リッピングトンズのサックス奏者(1989年〜1999年)として有名。ソロ名義アルバムも、2007年まで7枚出している。このアルバムは、2009年にレーベル(Shanachie)移籍して発表した、今のところの最新アルバムだ。

この人のサウンドは、スムース・ジャズのまさに「王道」という気がする。スムース・ジャズだからといって、けっしてイージー・リスニングでもなく、ムード・ミュージックでもないのだ、というのが彼のアルバムを聴くと確信できる。カシワというから、おそらく日系だろう。というわけでもないが、彼のサックスは歌うがごとく、まるで上質のJポップに聴こえてきて、日本語の歌詞を付けて歌いたくなってしまう。

このアルバムも、全10曲が2つのタイプに分かれる。メローでメロディアスな「歌う」サックスを聴かせてくれる、まさに上質ポップスの曲。ファンキーで、テナー・サックスのアドリブ・プレイが、やっぱり彼のストレート・ジャズのオリジナリティを粋に披露するタイプの曲。

続きを読む "Jeff Kashiwa「Back In the Day」(2009)"

| | | コメント (0)

2011年9月 8日 (木)

Jamhunters 「Driftin'」(2011)

音源:iTunes Store

こういうアルバムに出会うとうれしくなってしまう。条件としては、①ビックネームのプレイヤーではないこと、②70年代のフュージョンやクロスオーバーのエッセンスが感じられること、おまけとして③ジャケットにもセンスが感じられること。①は、つまり、新人や初めて聴くプレイヤーで、ちまたに広がる前に優越感に浸りたい。②は、かつてのフュージョンやクロスオーバーの創世記を経て、そのエッセンスを引き継ぎながら、今のスムースジャズに昇華しているような音楽が、単に好みということ。③は、今の時代、配信音楽の場合は、試し聴きが出来るので、かつての「ジャケ買い」のような危険は冒さないが、それでもやっぱりジャケットにもアートのセンスが欲しい。このアルバムはまさにそういう条件に合った「当たり」だ。

ジャム・ハンターズは、デンマーク発のグループ。ギターのラース・ファビアンセンと、キーボードのピーター・ミカエルのデュオ・グループ。2006年のデビュー・アルバム「Jamhunters」、2008年に「Music Speaks Louder Than Words」を出して、この新作が三枚目。

続きを読む "Jamhunters 「Driftin'」(2011)"

| | | コメント (0)

2011年9月 3日 (土)

Matt Marshak 「Urban Folktales」(2011)

音源:iTunes
レーベル:MattMarshak.com

青空の下をドライブする時は、疾走感たっぷりのビートはっきりのアルバムを聴きたい。夜には、静かに一人で飲むなら、摩天楼にささやき通るような、スロウでメローな演奏を聴きたい。

ところが、初めから終わりまで、期待通りのバイブレーションが続くアルバムはなかなかないもの。メローな曲に酔っていると、次の曲は突然、青空を突き破るようなファンクチューンが出てきたりして、スキップで飛ばしたり。TPOに合わせて、お気に入りの曲を編集したりする。でもなあ、そんなの面倒だ。同じビートとバイブレーションが続くグッド・ミュージックのアルバムを見つけたい。

マット・マーシャックは、ニューヨーク出身のギタリスト。2001年にデビューアルバムを出してから、この新作が6作目。「この作品は、初めから終わりまで同じバイブレーションで通した、初めてのテーマ・アルバムだ。夜中のシティ・サウンドを表現したかったんだ。」と、彼自身がコメントしているとおり、これは夜にピッタリのミュージック。

続きを読む "Matt Marshak 「Urban Folktales」(2011)"

| | | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »