« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の5件の記事

2011年10月30日 (日)

Jens Haack 「Smokers Lounge」(2011)

音源:iTunes Store
レーベル:Sundance Music

イェンス・ハックはデンマークのサックス奏者。ギターはミケル・ノルドソー、キーボードはベン・ベシャコフ。この3人のアンプラグドなアンサンブルを、管弦楽がサポートする。全8曲、心憎いほどのムーディなミュージックのアルバム。

ストリングスの導入で始まる1曲目、ジャズのスタンダード「Autumn In New York」は、4ビードでなく、ボサノバのリズム。イェンスのサックスは、淡々と落ち着いたフレーズを奏でて、アコースティックギターとエレキピアノが続く解釈は、やっぱりどこかヨーロッパ的。

M-2のタイトル曲は、ストリングスがからんでも、品のいいファンクの香りがする佳作。M−3「Skylark」のバラードは、「泣き」のサックス。M-4「It's All About Love」もラテンのリズムに「歌う」サックス。M-5「I Can't Get Started」は、月並みだけど「甘くせつない」と表現したいフレーズが耳に残るし。M−6「Souls Eyes」から、M−7「Alone Together」まで、息づかいが聴こえるようなサックスのフレーズがムードを盛り上げてくれる。

続きを読む "Jens Haack 「Smokers Lounge」(2011)"

| | | コメント (0)

2011年10月29日 (土)

Richard Elliot 「In The Zone」(2011)

音源:iTunes Store
レーベル:Mack Avenue Records

ミュージックを聴いて、思い浮かぶイメージはリスナーに委ねられているけれど、このジャケットを見てから聴けば、どの曲も夜のハイウエイで聴きたいドライビング・ミュージック。

M-7「Just A Taste」のようなミディアムスローも、車窓を流れる夜のシティライツを見ながらの車中のしずけさ。タイトル曲のM-8「In The Zone」のサックス・プレイは、スピードを上げていくドライブ。M-2「Boom Town」は、右と左に定位しているカッティングギターが左右の車輪で、センターで熱くブローするサックスはスピードを操るハンドル。

とはいえ、もしも、このリチャード・エリオットの新作のジャケットが、夏の海であっても、冬の雪山であっても、白紙のジャケットだとしてもだ。彼のサックスと、サウンドのバイブレーションから思い浮かぶイメージは、変わらない。

続きを読む "Richard Elliot 「In The Zone」(2011)"

| | | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

Chuck Loeb 「Plain 'n' Simple」(2011)

音源:iTunes Store
レーベル:Tweety Records

スムースジャズ界の正当派ギタリスト、チャック・ローブの新作ソロアルバム。昨年から「フォープレイ」に参加してスポットライトが当たっているけれど、歴代ギタリストのリー・リトナーやラリー・カールトンに比べると、日本では知名度が無かった。

90年代は「メトロ」というバンドのギタリストで、エッジでクールなフュージョン・バンドだった(1994年〜2002年)。そのバンドと前後して、ソロワークも今まで積極的に発表している。近年は、聴きやすいスムースジャズ系の自身アルバムや、プロデュースが多い。そういった彼のキャリアから生まれたこの新作は、メインストリームのスムースジャズではなくて、70年代のオルガンジャズの演奏なのだ。

彼は自身のウェッブサイトでコメントしているが、彼のルーツである60年代〜70年代の、ジャズギターのジャイアンツ、ウエス・モンゴメリーやケニー・バレル、グラント・グリーンなどが残した幾つかの名作で聴ける、ギタートリオにオルガンが加わった演奏をやりたかったとのこと。アルバムの題名にあるとおり、プレーンでシンプルなギターとオルガンがクールに絡む「ジャズ」アルバムである。

続きを読む "Chuck Loeb 「Plain 'n' Simple」(2011)"

| | | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

Jessy J 「Hot Sauce」(2011)

音源:iTunes Store
レーベル:Heads Up

今やサックスやトランペットの女性プレイヤーはめずらしくはないけれど、硬派のジャズリスナーには、どうも信じられない存在かもしれない。メインストリームのジャズには、優れた女性ピアニストも多けれど、例えばサックスとなると、見当たらないかもしれない。

一方、最近のスムースジャズの世界には、ほとんどの楽器に女性プレイヤーが進出している。それでも、サックスという楽器の表現力には、力強いブローのアドリブという固定観念を持っていると、女性プレイヤーの存在に違和感も覚える。それに、レコード会社の戦略だろうが、CDジャケットの写真に、その美貌に焦点を当てたものが多くて、音楽性ではなくて、ビジュアル重視が見えすいたものも多い。

このジェシーJも、前2作のアルバムは、へたするとピンアップガールかと思うほどの美貌プッシュのジャケットだった。前作の「売り方」に対する反発なのか、この新作はノーマルな写真で、音楽性で勝負する意気込みを感じる(まったくの想像だけど)。

続きを読む "Jessy J 「Hot Sauce」(2011)"

| | | コメント (0)

2011年10月 5日 (水)

Euge Groove 「Seven Large」(2011)

音源:iTunes
レーベル:Shanachie

ユージ・グルーヴは、スムースジャズ・シーンで今最も売れっ子サックス奏者のひとり。キャリアのスタートは、タワー・オブ・パワーでリチャード・エリオットの後任サックス奏者から始まり、2000年からソロアルバムを6枚発表している。このアルバムは、7枚目ということもあり、つづりにも「7」をいれた題名(セブン・ラージ)の最新アルバム。

乗っているプレイヤーのノリノリの出来のアルバムで、発売以来チャート上位にいる。ハズレ曲なし。どの曲もキャッチーで、ステーションでヘビーローテーション間違いない曲ばかり。今のコンテンポラリーなスムースジャズを聴きたいという人がいたら、このアルバムを大推薦する。

彼のサックスは、曲調がR&Bやブルースまたはストレートジャズ風であっても、くどすぎずさらりと奏でる音色と「グルーヴ」にある。ソプラノも吹くのだが、これがとてもチャーミング。このアルバム1曲目の、味気ない題名「Track 01」で始まるソプラノサックスのなんとチャーミングな音色。M−7の「Welcome to the Journey」のソプラノサックスは、アーバンポップなメロディをさりげなく奏でる。

続きを読む "Euge Groove 「Seven Large」(2011)"

| | | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »